※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

白石太一郎『古墳とヤマト政権──古代国家はいかに形成されたか』(文春新書)

  • 白石 太一郎 著

目次

  • 序章 古墳とは何か
    • 巨大古墳造営の背景
    • 古墳と古代国家
  • 第一章 古墳と邪馬台国
    • 1 国家形成への胎動
      • 庄内式土器──弥生時代と古墳時代の間
      • 環濠集落の終焉──地域統合の管制
      • 大型墳丘墓──有力首長墓の出現
      • 四隅突出型墳丘墓と首長同盟
    • 2 古墳の出現
      • 前方後円墳の出現
      • 前方後円墳の起源
      • 最初の前方後円墳?箸墓古墳
      • 古墳はいつ出現したか
      • 年輪年代法による検証
    • 3 古墳と邪馬台国連合
      • 出現期古墳の分布
      • 広域の政治連合はなぜ形成されたか
      • 箸墓は卑弥呼の墓か
      • 東日本・もう一つの政治連合
  • 第二章 古墳と初期ヤマト政権
    • 1 ヤマト王権の原領域
      • 本来のヤマトとは
      • 畿内は一つにあらず
      • 大和と河内
    • 2 初期ヤマト政権の盟主
      • 「やまと」の古墳群
      • 「やまと」の王墓
      • 卑弥呼と男弟──聖と俗
    • 3 初期ヤマト政権の構造
      • 関東や南九州の大古墳
      • 墳丘規模と身分秩序
    • 4 三角縁神獣鏡の謎
      • 三角縁神獣鏡はどこで作られたか
      • 三角縁神獣鏡の役割
  • 第三章 巨大古墳の世紀
    • 1 王墓の移動と王朝交代説
      • 「やまと」から佐紀へ
      • 古市古墳群と百舌鳥古墳群
      • 王墓の移動の意味するもの
      • 盟主権の異動と王朝交代説
    • 2 ヤマト王権と地域政権
      • ヤマト王権と吉備政権
      • 上野毛政権
      • 畿内の中の地域政権
    • 3 騎馬民族はやってきたのか
      • 騎馬民族征服王朝説
      • 新しい文化の波
  • 第四章 ヤマト政権の変質
    • 1 ヤマト王権の伸張
      • 地域的政治連合の解体──大王の誕生
      • 稲荷山鉄剣が物語るもの
      • 江田船山大刀
    • 2 今城塚古墳の問題
      • 今城塚古墳──継体朝の謎
      • 手白香皇女衾田墓
    • 3 大王権の変質
      • 大王権の変質と被葬地の変化
      • 見瀬丸山古墳の被葬者
      • 関東になぜ後期前方後円墳が多いのか
  • 終章 古代国家への道
    • 前方後円墳の終末
    • 東国における前方後円墳の終末
    • 八角墳の出現
    • 古墳の終末と古代国家
  • あとがき
  • 【付表】日本列島の大型古墳一覧





関連記事