※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


あきらめない技術

ある程度年齢を重ねると、家族や職場でになう責任を果たすために、必ずしも常に同じの時間帯を学習に当てることが出来ない場合があります。もしかしたら、数日間、数週間なにも出来ないことがあるかもしれません。
学生のように定期試験が年間計画はありません。全て個人の責任で、自分から学習に駆り立てる仕組みをつくらないと、簡単に怠けたい誘惑に気持ちに脅かされてしまいます。

卒業がないということは、いくらでも目的の先送りが出来ます。優れた潜在能力と実績がありながら、あきらめの悪循環に陥っている人を多く見てきました。

中断しないことがゴールではない

専門知識の習得、資格取得、自己啓発など具体的な成果を学習の目的としているのであれば、自分にはコントロールできない事情で、学習計画が中断したとしても、気にする必要はありません。状況が変わったら再開すれば良いのです。
そもそも、社会人の学習活動というのは、中断と再開を繰り返すのが当たり前のことです。

子どもたちのように継続的な学習習慣を身につけることはゴールではないのです。きれいな勉強方法より違うところに目標があるのです。実を取りましょう。

学習記録をつける

自分のスケジュール帳に、その日の学習内容を書き込んでいきましょう。一度記録し出すと、記録とために少しでも学習しておこうという気持ちがわいてきます。

私の場合は、学習にあてた時間帯を蛍光ペンで囲みました。一日のうちどれだけの時間を自分の目的に向かって使っているか一目瞭然になりました。週ごとに学習時間を集計して、コントロールするようにしました。

小さな成果を手に入れる中間地点をつくる

近い将来に達成可能な中間地点を持っておくと、この存在が動機につながります。その日最低限確実にできること、週末までに確実にやり終えることを具体的に記録するのです。
学習計画のマイルストーンには最初から取り込まないとしても、各マイルストーンの間埋める中間地点を順次追加していくと良いでしょう。

そして小さな成果を得たら、達成できたこと、そこに至るまでの日々を振り返って喜びましょう。食事とかお菓子とか、小さな報酬を設定しても良いです。

自分用の殺し文句をつくる

自分を駆り立てる言葉をつくると役立ちます。「やることにしたから」というのが私のパワーワードです。やる気もない時にも、「やることにしたから」と独り言を言いつつ最も簡単にできる行動を始めることにしています。たとえ嫌々ながらでも、課題の本を開いてみるとか、アイデアを書き留めるノートを机の上に取り出したりすると、段々やる気のない気分が取り払われてきます。


[ 2009-03-20 23:39:26 (Fri) ]
動機付け 本編 継続


このページを家族友人に勧めたいと思う


  

人気ページ


更新履歴

取得中です。

最新のおすすめ

日本とは何か (第3巻) (岡田英弘著作集(全8巻))
幻の防衛道路―官僚支配の「防衛政策」
「平和」という病~一国平和主義・集団的自衛権・憲法解釈の嘘を暴く~
現代中国の見方 (第5巻) (岡田英弘著作集(全8巻))
『永遠の0』と日本人 (幻冬舎新書)
昭和史をさぐる (朝日文庫)
高橋景保一件―幕府天文方書物奉行
日本国憲法の真実 偽りの起草者ベアテ・シロタ・ゴードン
超一流になるのは才能か努力か?
戦後経済史は嘘ばかり (PHP新書)
この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡 (角川文庫)
妻も敵なり―中国人の本能と情念
人間はなぜ戦争をやめられないのか―平和を誤解している日本人のために (Non select)
厄介な隣人、中国人 (WAC BUNKO)
雨月物語 (21世紀版・少年少女古典文学館 第19巻)
日本人のための歴史学―こうして世界史は創られた! (WAC BUNKO)
中国4.0 暴発する中華帝国 ((文春新書))
優位戦思考で世界に勝つ
間違いだらけの憲法改正論議 (イースト新書)
嘘だらけの日露近現代史 (扶桑社新書)
大英帝国の親日派 (中公叢書)
声の文化と文字の文化
国家指導者のリーダーシップ―政治家と将帥たち
アルフレッド王の戦い
繁栄と衰退と―オランダ史に日本が見える (文春文庫)
「憲法とは何か」を伊藤博文に学ぶー「憲法義解」現代語訳&解説ー
英語とはどんな言語か: より深く英語を知るために (開拓社言語・文化選書)
岸信介証言録 (中公文庫)
日本近代技術の形成―“伝統”と“近代”のダイナミクス (朝日選書)
アメリカ職人の仕事史―マス・プロダクションへの軌跡 (中公新書)
ことばと文化 (岩波新書)
周恩来・キッシンジャー機密会談録
波紋と螺旋とフィボナッチ
めざすは飛鳥の千年瓦
決定的瞬間―暗号が世界を変えた (ちくま学芸文庫)
原敬 外交と政治の理想(下) (講談社選書メチエ)
民主主義の未来―リベラリズムか独裁か拝金主義か
新訳 フランス革命の省察―「保守主義の父」かく語りき
情報なき戦争指導―大本営情報参謀の回想
英語のソーシャルスキル
大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)
ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由
消えたヤルタ密約緊急電―情報士官・小野寺信の孤独な戦い (新潮選書)
能の物語 (講談社文芸文庫)
眠れる心を一蹴り―創造能力を開発する愉快なトレーニング
武士道と日本型能力主義 (新潮選書)
「戦争」の心理学 人間における戦闘のメカニズム
戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)
奇跡の生還を科学する 恐怖に負けない脳とこころ
チャンスを広げる思考トレーニング

累計: -
今日: -
昨日: -
ここを編集