※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


さよなら積読、清々しい部屋こんにちは

かつて日々の忙しさにかまけて、学習することを、書籍を消費することで代償させていました。その結果が、蔵書の異常な蓄積という形で私の生活環境を蝕んでいました。

なぜ積読を解消することにしたのか

自分の所有物を減らすことが目的でした。衣服や家財道具と違って、本は中身を確認しないと、今後も利用し続ける必要のある物か判断付かないため、処分に手が付けられなかったのです。
また、自室の収納スペースを超過して書籍を所有していたため、直接床において保管しており、自室での生活がこの書籍の存在で不自由になってきました。

前年の大掃除がきっかけで、自室を掃除し、不要物を廃棄することに徹底して取り組み始めました。すると、私生活の空間が見違えるように明るくなり、日常生活の気分も爽快で、以前よりも前向きに物事が考えられるようになるという利点を感じられるようになりました。
すると、それまで本に埋もれて暮らすというのは聞こえが良いと思っていましたが、実は積読の山が、必要な学習を先送りにする環境を作り出しているように見えてきたのです。

私は、将来読み返す必要のある書籍だけを手元に置くことに決めました。

全体像を眺めてみた

積読中の本を床に集めると、合計42冊になりました。総額84,211円という、自分にとってはおそろしく高額な不良債権でした。参考までにメディアマーカーという読書ログサイトにこのかつての積読リスを記録しておきました。
さらに書籍の山をテーマ別に分類してみました。実際には7種類、経営、教育、歴史、技術、経済、組織、フリースタイルとなりました。

次に一枚の紙にテーマ別に分けて個々の本のタイトル、予定読了日数を記録していきました。予定日数は、大まかに1日、2日、3日、一週間、二週間と記録しました。そのために、それぞれの本を手に取り、表紙と目次、ざっと中をめくって内容を確認しました。それぞれの本を購入したときの記憶をたどって、なぜ自分がこの書籍の情報を必要としたのか再確認してみました。



こうやって、42冊のテーマ別に分類済みの積読目録ができました。この積読中の書籍の知識を身につけることで得られる利点が想像できるようになりました。
それまでは、個々の書籍をどう読むかというプランを複数平行して持っている状態でしたが、積読の書籍を一つの知識の集合体として捉えて計画を立てることができるようになり、見通しが明るくなってきました。

道筋を確かめてみた

それではいったい、いつゴールできるのか終了予定日を計算してみました。それには、積読目録に記録した読了日数を合計しました。最短で41週間かかることが分かりました。また、毎日自由時間を全て読書に費やすことが出来ないので、50%予定オーバーした62週後の日付も同時に算出しました。これでいつ終わるか具体的な日付が分かりました。

また、どの順番に読んでいけばよいのか、それぞれの書籍の優先順位を付けました。目標は、自室の空間確保であり、読み終わったものから直ちに処分することを考えて、予定日数の少ないものから優先にしました。同じ日数の場合は、優先順位に差を付けず同じにしました。

これで、今までのように何を読むか迷うこともなく、いつ終わるとも分からない不確かな気持ちは解消されました。

簡単なところから取りかかった

この目録を作成した日から、すぐ読み終わるものから読み始めました。
読書環境にも注意を払うことにしました。なるべく集中できる最適な環境を探し求めてそこで読むように心がけました。通勤電車の中と、勤務後の読書カフェを主に使いました。

一冊読み終わったら、目録にあるタイトルの上に横線を引いて記録しました。さらに分類テーマの横にその分野の本が何冊読み終わっているか正の字を書いて計算しました。新たに本を読み始める前には、次に何を読むか優先順位を参考に事前に決定しました。
また、読書ペースを記録するようにしました。スケジュール表に記録を残し、月当たりのペースを維持するように心がけました。

可能な限り、複数の本を同時並行で読むことにしました。一つの本が煮詰まると、気分転換に別の分野の本に切り替えました。これによって、一冊の本がボトルネックになることを防ぎました。

さらに新規の積読は禁じました。買ってから3日以内に読み終わる本以外は買わないことにしました。

結果はどうなったか

そして、実際には65週目で読了することができました。

やはり、計画通りにはいかず、一冊も読めない月が4回ほどありました。6ヶ月目、8ヶ月目、10ヶ月目、13ヶ月目でした。半年から一年目がスランプに苦しんだようです。
それでも、どれを読めば、いつ終わるか明確にしていたので、挫折せずに続けることができました。

ある程度読み進んだところで、進捗の進んだ分類テーマの本を集中的に読んで、終了済みテーマをつくるという中間目標を追加で設定しました。

晴れてすっきりした自室で、快適な毎日を過ごしています。
今こうして振り返って考えてみると、積読自慢というのは自分の不勉強を誇るようなもので、新しいことに絶えず挑戦する前向きな態度ではなかったですね。もし、積読中の方がいらっしゃいましたら、速やかに解消されることをおすすめします。

私の積読解消の経験が、皆さんのお役に立てるなら、さらに喜ばしいです。


[ 2009-03-21 00:11:04 (Sat) ]
全体像 期限設定 本編 積読 読書


このページを家族友人に勧めたいと思う


  

人気ページ


更新履歴

取得中です。

最新のおすすめ

日本とは何か (第3巻) (岡田英弘著作集(全8巻))
幻の防衛道路―官僚支配の「防衛政策」
「平和」という病~一国平和主義・集団的自衛権・憲法解釈の嘘を暴く~
現代中国の見方 (第5巻) (岡田英弘著作集(全8巻))
『永遠の0』と日本人 (幻冬舎新書)
昭和史をさぐる (朝日文庫)
高橋景保一件―幕府天文方書物奉行
日本国憲法の真実 偽りの起草者ベアテ・シロタ・ゴードン
超一流になるのは才能か努力か?
戦後経済史は嘘ばかり (PHP新書)
この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡 (角川文庫)
妻も敵なり―中国人の本能と情念
人間はなぜ戦争をやめられないのか―平和を誤解している日本人のために (Non select)
厄介な隣人、中国人 (WAC BUNKO)
雨月物語 (21世紀版・少年少女古典文学館 第19巻)
日本人のための歴史学―こうして世界史は創られた! (WAC BUNKO)
中国4.0 暴発する中華帝国 ((文春新書))
優位戦思考で世界に勝つ
間違いだらけの憲法改正論議 (イースト新書)
嘘だらけの日露近現代史 (扶桑社新書)
大英帝国の親日派 (中公叢書)
声の文化と文字の文化
国家指導者のリーダーシップ―政治家と将帥たち
アルフレッド王の戦い
繁栄と衰退と―オランダ史に日本が見える (文春文庫)
「憲法とは何か」を伊藤博文に学ぶー「憲法義解」現代語訳&解説ー
英語とはどんな言語か: より深く英語を知るために (開拓社言語・文化選書)
岸信介証言録 (中公文庫)
日本近代技術の形成―“伝統”と“近代”のダイナミクス (朝日選書)
アメリカ職人の仕事史―マス・プロダクションへの軌跡 (中公新書)
ことばと文化 (岩波新書)
周恩来・キッシンジャー機密会談録
波紋と螺旋とフィボナッチ
めざすは飛鳥の千年瓦
決定的瞬間―暗号が世界を変えた (ちくま学芸文庫)
原敬 外交と政治の理想(下) (講談社選書メチエ)
民主主義の未来―リベラリズムか独裁か拝金主義か
新訳 フランス革命の省察―「保守主義の父」かく語りき
情報なき戦争指導―大本営情報参謀の回想
英語のソーシャルスキル
大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫)
ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由
消えたヤルタ密約緊急電―情報士官・小野寺信の孤独な戦い (新潮選書)
能の物語 (講談社文芸文庫)
眠れる心を一蹴り―創造能力を開発する愉快なトレーニング
武士道と日本型能力主義 (新潮選書)
「戦争」の心理学 人間における戦闘のメカニズム
戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)
奇跡の生還を科学する 恐怖に負けない脳とこころ
チャンスを広げる思考トレーニング

累計: -
今日: -
昨日: -
ここを編集