既出ジャンル「下ネタ姉」まとめ&保管庫 看護編・その4

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

茄「それじゃあ、背中も全部拭き終わりました」
姉「そう、それじゃあ、帰ってくd」
茄「てことで、今度は下半身を拭きますね☆特に・・・男性器を♥」
AB(!!!!つ、ついに!)
弟「!!!そ、そこは自分でしますって!」
姉「だめぇ!そこはだめぇ!」
茄でも、やっぱり足を怪我していますし、やりにくいと思いますよ、恥垢取るのは?」
弟「それを見られるのが、余計恥ずかしいd」
茄「あ、もしもし?警備員さん?」
茄以外「下半身拭き拭きしてもいいです!」
茄「最初から、素直になりなさいよ!まったく☆・・・それじゃあ・・・布団めくるね」
弟(あ!!!そういえばさっきので!!!!や、やばいどうしよう!?ばれたらやばい!)
弟(けど、どおうしようもない!!!え、ええぃ!ままよ!)

茄「はい、捲りまし・・・あらぁ♥」
弟(ああ!やっぱりそうなるわな!)
A「弟君のパジャマが・・・」
B「濡れてる・・・・」
姉「これって・・我慢汁・・・・すごい量・・・」
茄「あらあら、こんなにカウパー出してたんだ・・・これは全部脱いで着替えないとね・・・」
茄「ふふ、それにしても本当に感じてたんだね。こんなに我慢汁でぐっちょりさせてさ♥」
弟「//////////////」
茄「良いじゃい。照れなくても。それじゃあ脱ぎ脱ぎしましょうねぇ~」
姉「くぅぅ!」A「どうせあたし達は見てるだけ」B「また生殺し・・・」
茄「あ、そうだ。今度はあなた達も手伝って」
3人「へっ!?」
茄「パジャマ脱がす、パンツ脱がす・・・そして、おちんちん拭く人に分かれてって意味。
  どれやるかは、3人で相談して決め手ね♥」
弟(茄さんってとことん分からなくなってきたよ)
A(一体何を考えているぉよ!?)
B(ますます混乱してきちゃった!)
姉(けどチャンスね)
3人「じゃあ、おちんちんはあたしが!」
3人「・・・・・・公平にじゃんけんね!」
茄(ふふ!少しはやらせてあげないと、可哀相だからね!)

姉「やった!あたしちんぽ!ちんぽ係り!」
A「あだから何であなたは、こういうときにじゃんけんが強いのよぉ!」
B「単純馬鹿のくせにぃ!」
姉「うれしいでしょ~?弟ぉ~・・・お姉ちゃんにちんぽ拭いてもらえるんだよ?」
弟「・・・だから、人前でちんぽちんぽ連呼しないで。せめて、おちんちんって言おうよ」
姉「良いじゃない。チンポはチンポよ!てことで、弟~・・・
  今から丁寧に隅々まで、チンポ拭いてあげるからね~♥」
B「その前に、脱がさなきゃダメでしょ。それまであんたがやっちゃダメなんだからね」
姉「わかってるよぉ~・・ふふふ~!」
B「くぅ!・・・・それじゃあ弟君・・・脱がすね?」
する・・・する・・・
弟(うわぁ・・上着脱がされたときより興奮する・・・せめて、勃起だけはさせないようにしないと!)
茄「パンツはもっとすごいね♥ おもらしみたい☆」
B「はい、脱がせたよ・・・うう・・やっぱり立ってないか・・・」
弟(それだけは、避けてますから)
姉「さあさあ!A!早くパンツをぬがせなさ~い!早くあたしにおチンポと対面させなさーい!」
茄「あらあら、張り切っちゃって!さっきは怒ったり、泣きそうだったりしてたのにね☆」
A「むぅ!!!姉のやつぅ、図に乗ってぇ!」
A「・・・まあ公平に決めたし、仕方がないか・・・」
A「じゃあ・・・弟君///パンツ脱がすからね?・・・すっぽんぽんにするからね?」
姉「さあ!早く!早く!」
弟(ああああ!ついに!ついにさらしちゃうんだ!女の子の前に初めてさらしちゃうんだ!)
姉以外(ああ♥ ついに、ついに弟君の生おちんちんが見れるんだ!大きいおちんちんがついに♥)
姉(ああ!あたしもオナニーしているときに覗いただけだから、間近見るのは久しぶりだわ!)
姉(ついに、弟のデカチンを拝めて、揉みくちゃにできる日が来たのね!)
する・・・する・・・

する・・・ぶるんっ!
弟(あああ!、つ、ついに脱がされちゃった!お、女の子に見られちゃった!)
A「きゃっ!!?な、何これぇ!?」
B「す・・・すごい大きいっ!」
姉「今までオナニーしていてたのを、遠目に見ただけだったけど・・・こ、これが弟のちんぽ・・・」
茄「運ばれて治療中にも見たけど・・・やっぱりすごく大きい♥」
茄「それにズル剥け☆今まで見た中で最高ね!」
A「な、茄さん!そんなに弟くんの、その・・おちんちんはすごく良いのですか!?」
B「茄さん!弟君みたいなおちんちん持っている人って、やっぱり希少なんですか!?」
姉「こんなにでかいチンポだと、オマンコにいれたらやっぱり痛いだけなの!?」
弟(みんななんて質問しているんだよ・・・とくに姉ちゃん。ストレート過ぎ・・・)
茄「ふふ!みんな落ち着いて・・そうね確かに弟君のおちんちんは凄いわ」
茄「まず何よりも剥けてる!これは本当に珍しいわ。大体は仮性だからね。
  真性も一人いたけど、恥垢掃除できなくてにおいもキツイのよ!」
A「そ、そうなんだ!やっぱり良い緒おちんちんなんだ///」
茄「それに剥けてるだけじゃなくて、大きさも日本人離れだわ☆ここまでのはあたしも初めて見たわ!」
B「そうなんだぁ・・・日本人離れかぁ///」
茄「けど初めてみたから、入れたら痛いかどうかはわからないわ。相性にもよるからね」
姉「そっかぁ・・茄さんでもわからないのかぁ・・・」
茄「あ、でもあなた実姉だから、もちろん試す機会なんかはないよね☆」
A「そうよねぇ!近親相姦だものねぇ!」
B「なんで聞いたのかしらぁ?」
姉「むっきぃ!後学のために聞いただけよ!」

弟(ああ、それよりついに姉ちゃん以外の女の人に見られちゃった・・・はずかしいよぅ)
弟(でも俺のチンコってそんなに珍しいんだ・・・剥けてなかったり、
  小さかったりで悩んでいる人たちもいるから、
  これに関しては、親に感謝かな?・・・て、それより!)
弟「あ、あの・・・下半身丸出し状態って恥ずかしいから・・・はやく拭いて欲しいんだけど・・・」
姉「あ!!そうだった!あたしがおチンポ拭き拭きシュコシュコするんだった!」
A「うらやましいぃ!あとシュコシュコは駄目でしょ!」
B「シュコシュコしたら、拭き拭きスパイラルに陥るじゃない!」
姉「ふっふっふ!そのスパイラルを指を咥えて見てなさい、ふたちとも!」
姉「さあ、弟~!今からそのデカマラを念入りに拭いて上げるからねぇ♥」
姉「それじゃあ、はじめr」
茄「ああちょっとまって!拭くのは良いけど、条件があることを忘れてたわ☆」
姉「えええええ!茄さんひどいよぉ!やっぱり鬼ぃ~!」
茄「良いじゃない、拭けるんだから。それに条件はそんなに厳しくないよ」
姉「ほ、ほんとに?」
茄「ええ!条件は拭くときに痛がらせないこと。痛がったら、即私と交代よ☆」
姉「そんなの簡単ジャン!それに弟!もし少々ぐらいのことがあっても、我慢しなさいよね!?」
弟「う、うん!(姉ちゃんご免。無理かも・・・)
茄(うふふ!皮との境目拭くのって結構痛かったりするのよねぇ☆ 
  特に恥垢とるときは注意しないと痛がるし♪)
茄(それに渡したタオルは、洗いざらしのゴワゴワしたやつだし。お手並み拝見ね!)

姉「ふふふ、痛がらせないなんて簡単よ!それじゃあタオルしぼって・・・と」
姉「よし!今から拭くよ、弟!チンカスいっぱい取ってあげるからね!」
弟「ううう!見られるだけでも、恥ずかしいのにやめてよ!」
姉「はいはい!それじゃあ・・・まずは汚れている部分は・・・」
姉「・・・あら、ここだけだね、チンカスは。」
茄「基本的に剥けてると、洗い易いから清潔に保てるのよ。これだけでも+ポイントよ」
姉「そうなんだ。これは昨日お風呂に入ってないからか・・・」
姉「それにしても大きいぃ・・・」
A「けどこれが、もっと大きくなったりだよね・・・」
B「うん。想像もつかない」
茄「ふふ!お姉さんが、拭く以外のことをすれば見れるわよ。」
弟(姉ちゃん!拭くだけにしてくれよ!拭く行為だけでもやばそうだから!
  だから、お婿にいけなくなるようにはしないでよ!)
姉「ふふふ・・・みんな期待しといて!大きくするだけじゃなくて、噴水ショーも見せてあげるから♥」
弟(ああああ!やっぱりこの姉に望んだのは無駄だったぁ!」
姉「それじゃ、チンカスとるよ!」
くいくい・・・
弟「!!!(ちょっとくすぐったい)」
姉「あれ?取れないなぁ。皮との間にあるし、ちょっと強めにしないと取れないのかな」
ふきふき!ぐいい
弟「いてて!姉ちゃん強すぎ!」
茄「はい、こうたーい♪」
姉「!!!この馬鹿弟!なんで即効なのよぉ!」
弟「だって!だって!」
茄「ふふ、剥けているおちんちんってね、結構敏感なのよ?」
茄「特に皮との境目は、こすった程度でも痛いのよ。まあ増してや、ごわごわのタオルなんかで拭いたらねぇ☆」
姉「くぅぅぅぅ!このタオル、はじめから痛がらせるために用意したのねぇ!」
茄「あら?たまたまよ。たまたま☆」
姉「絶対わざとだぁ!」

茄「はぁ~い☆それじゃあ弟くーん、あたしがおちんちん拭き拭きしてあげるからねぇ♥」
弟「は、はぁ。お手柔らかに」
姉「ぬぬぬぬぅぅぅぅうううううう!」
A「姉、言わなくても分かっているよね?」
B「あたし達は今、茄さんの手の上でで踊っていることしかできないのよ」
姉「くぅぅぅぅぅぅうううううう!!!!!!」
茄「ふふふ。睨まない睨まない!直接には絶対触れないから☆」
茄「それじゃあ拭き拭きするけど、さっきは痛かったみたいだから、これで拭いてあげるね」
弟「・・・シルクですか・・・?」
茄「そう!シルクよ!これなら肌触り良いから、痛くないわ!」
姉「きぃーーーー!それって反則じゃない!普通の布で拭けばいいでしょぉ!」
茄「あら?あたしは患者さんのことを考えてのことよ?」
姉「だったら、なんであたしには、それを渡さないのよぉ!?」
茄「ん~?まずはお姉さんに、タオルでもいいかな~と試してもらっただけよ?」
姉「絶対うそだぁ!」
茄「ふっふっふ・・・その証拠もないのにねぇ。それはともかく、今から拭くね・・・よいしょっと」
A「ちょっと!何でまた後ろに回りこむんですか!?」
B「それってもう拭き行為をこえてますってば!」
茄「いいじゃない!どうやって拭こうが♥」
姉「よくなぁ~~~~~い!!!!!!」
茄「いいのいいの☆ それじゃあ拭くよ♥」

する・・・するする・・・する
弟「うひゃあ!?(滑らかだから、気持ち良い!!)」
茄「痛くないみたいですね。」
姉「そりゃあ、シルクなんだから、痛くないに決まってるでしょ!むしろチンポ触りは良いに決まってるでしょ!」
茄「それじゃあ、もう少し強くしてもいけますね♪」
姉「!!!!!!」
シュッシュ!しゅるしゅる・・・・しゅるしゅる・・・しゅっしゅ!
弟「あぅぅ!!!!!うあああ!!!!な、茄さんゆ、ゆっくりして!」
弟(うわあ!これってもう手コキだよ!後ろから手でしごいてもらっているから、余計に!)
弟(それに、シルクの滑らかさが、気持ち良い!!!!!)
茄「?あれ、痛くないのに何で・・・おやあ?何だかおちんちんがぴくぴくしてますけど?」
弟「いや!あの!その!き、きも・・・いや!とととととにかく、もう良いd・・・あっっ!」
シュしゅここしゅこしゅこししゅこぉぉお!ビクビクビクビクゥ!!!!!
茄「あはは!だーめ♪いま確かに気持ち良いと言いかけましたね!それにおちんちんは正直ですよー!」
茄「シルクで擦られるだけで感じるだなんて、おかしいんじゃないですか?」
姉「当たり前よ!もうチンポ拭くっていうレベルじゃねぇぞ!
茄「やだなぁ・・・あたし拭いているだけなのに・・・それなのに弟くんはシルクで擦られて感じてるんだもの」
茄「おちんちんは、膣はもちろん、口やおっぱい、ましてや手で触れてるわけじゃない」
茄「ただの布に触れて、感じちゃっているのよ・・・いけない子ね」
弟「だってだって!そ、その茄さんの手も加わっていr」
茄「言い訳してもだーめ☆あなたは、シルクに擦られて感じちゃってるの事実よ」
茄「ふふふ、あなたのおちんちんは、シルクと交尾したがっているのよ。」
弟「いや!そんなこと思っていませんってば!!」
茄「じゃあ、それを証明してあげる♥」

シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコっっ!!!!!
弟「うああ!うあ!;あ!;はぅぅ!あ♥」
  (き、気持ちいいよぉ!)
姉「お、弟ぉ~!!!!」
A「すごい・・・気持ちよさそうな顔・・それに声まで・・・」
B「おちんちんも、ビクビクしてる!」
茄「あらぁ!弟君たら、男の子の癖して、あえぎ声だすんだ。本当にスケベねぇ♥」
弟「あっ♥ち、ちが!うぁぁ♥」
茄「ほら、違わないじゃない。ほらほら、もっとエッチな声、お姉さんに聞かせて♪」
シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ!!!!
シュッシュッシュッシュッシュッシュ!
弟「うわぁ!あっ♥あ♥あっ♥」
A「ごくっ(ふわぁ・・・これって布があるとはいえ、後ろから手でしごいているから、
  弟君がオナニーしているみたい///)」
B「ごくっ(男の子のオナニーってあんな風にするんだ///)」
姉「ごくっ(自分でオナニーしてたときよりも、気持ちよさそうじゃない!
  そんなにシルクと茄さんの手がいいの!?)」
茄「半立ちのままで、中々勃起しないわね?もしかして我慢してるのかしら♪
  見られるのが恥ずかしいからかな?」
茄「でもね、ここまでやっているんだから、勃起したおちんちん見せてもらうからね♪」
弟「!!?そ、それだけは!!」
茄「やあねぇ、もうおちんちん、皆にさらしてるしているのに。それに我慢汁いっぱいだしといてさ!」
茄「それじゃあ、遠慮なくおちんちんをボッキボキにしてあげるね♥」

姉「それにしても、何で半立ちのままなのかな?どうやって耐えているんだろ?」
A「そういえば、勉強会のときはすぐに勃起してたわよね」
B「触れてもいないのに、勃起させる無節操さだったのに」
茄「ふふ。男の子ってね、デリケートな子もいるんだよ。
  見られて緊張して、擦っても勃起しない子はたまにいるわ。とくに美人相手だとね」
弟(それに、お隣の阿部さんちからたまに聞こえる、男通しの喘ぎ声や、
  この前単身赴任先から帰ってきた父さん母さんが、久々に励んでいたときの様子を目撃したのを
  思い出して、何とか耐えてるんだよな)
弟(てことで、もっと鮮明に思い出せ!
  『うほっ!良い男!』『あなたぁ!おチンポちゅーちゅしてあげるぅ!』)
茄「それに・・・どうやら、何か萎えるようなことも一生懸命思い出しているようね」
弟「!!!(ば、ばれた!)」
茄「ほら☆顔に出てる!うふふ!それじゃあ、そんなこと思い出せないようにしてあ・げ・る♥」
シュッシュ!しこしこ!しゅっしゅ!シコシコ!
茄「ねぇ・・・早く勃起してるとこ見せてぇ・・・ふぅ~♥」
弟「うひゃあ!み、耳元で話しかけないで!あと息を吹きかけないで!」
  (も、もっと思い出すんだ!
  『ケツにションベンしろ!』『イヤァ!あなた声出させないで!あ♥あん♥あん♥』)
 (ああああ!まだまだだ!えっとバキSAGA!バキSAGA!こずえ!マリア!)
茄「ねぇ気持ちいいいんでしょ?シルクで擦られて、おちんちんが気持ちいいんでしょ?
  オナニーより良いんでしょ♥」
弟((あああ!な、なんて甘くて色っぽい声を出すんだ!もう茄さんの声しか聞けない!)
茄「あは♥どうやら、もう何も考えられない見たいね♥
  うふふ!早く見せて、お姉さんにいやらしく勃起したおちんちん見せて♥」
シュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュシュッ!!!
茄「ほら♥ほら♥ほら♥ほら♥ほら♥ほら♥」
弟(うわあああああ♥さらに手の動きが早くなった!も、もうだめ!)

ビクビクビク、むくむくむくびきぃぃぃぃん!
茄「きゃ!!」
A「ついに、勃起した!」
B「勃起したおちんちんって、あんなに大きいものなの!?」
姉「あれが、完全勃起したチンポコ・・・ごくっ!」
弟(ああ!ついに勃起してしまった!は、恥ずかしい////////)
茄「わぁ・・・本当にすごいおちんちんなのね・・・・こんなの初めて・・・」
茄「あたしが見てきた中でも、郡を抜いているわ…長くて太くてごつごつビキビキしてて・・・」
茄「こんなに可愛い顔しているのに、持っているものは凶悪ね・・・」
弟「あ、あうぅぅ~~///」
茄「このおちんちんはぜひとも、一度味わってみたいわね・・・それはまたの機会にして・・・」
茄「どう?弟君?これで分かったでしょ?あなたはシルクで感じちゃう、変態さんだっていうのが?」
茄「こんなにビッキビキに、おちんちん勃起させるんだから☆」
弟「あう・・・s、そうです・・・俺は変・・・・態です・・・・・ぐすっ!」
茄「あはは!泣かないなかない!ちょっとからかっただけなのにねぇ♥」
弟「からかいの域を、超えています!」
茄「まあまあ♪今度はご褒美上げるから許して☆」
弟「ご、ご褒美!?」
茄「うん!今度は気持ちよくいかせてあ・げ・る♥」
弟「ええええ!け、けどそれは!」
茄「あら、中途半端のままにされてて、平気なのかしら?遠慮しなくていいよ♥」
弟「たしかに抜きたいですけど、これはさすがに人に見られたくはないです!」
茄「いいじゃない!ここまで来れば!それじゃあ気持ちよ~くいってね♪」

A「つ、ついにいくところが見れるんだ」
B「けどあたし達は見ているだけ」
姉「くぅぅ!!!!!!」
茄「ふふふ!あ、そうだ!どうせ見るなら間近でみなさい☆」
弟「!!!そ、そんな!」
A「い、いいんですか!?」
茄「いいのよ!でも触れちゃだめだからね?」
B「はぁ~い・・・・・・」
茄「まぁまぁ。それより、弟君のおちんちん近くに集合~!
  弟君はベッドの淵にすわって、3人に仲良く見せれるようにしてあげてね!」
弟「ううう!俺には選択権はないのね」
…… クリックでイメージ画表示
A「ふわぁぁ・・弟君のおちんちんが、目前に」
B「それにしても、すごく大きい・・・それにビクンビクン脈打ってる・・・」
姉「この先っちょから、いつもくっさーい精子を出しているんだ・・・」
茄「うふふ!いまから男の子が行く瞬間を、見せてあげるからね・・・
  あ、そうだ。このままあたしだけがやったらずるいだろうから、あなた達もやらせてあげる☆」
A「ほ、本当ですか!?」
B「あたし達も、しごいていいんだ!?」
茄「うん。でも直接ふれちゃだめだからね?それに仲良く1分で交代よ。もちろんいったらそこで終了。」
姉「それでだけでも、十分うれしい~!ということで、弟!お姉ちゃん達が気持ちよくさせてあげる☆」
B「ほかの女の子でいっちゃだめよ?あたしがやったときに、いってね!」
A「あたしが扱いたときに、いってくれるとうれしいぁな♪」
弟(はーあ・・・みんな途端にいきいきし出しちゃったよ・・・)

弟(それにしても、女の子3人が俺のチンコを間近で凝視している////」
弟(それにいまから射精するところをみられるし・・・もう流れに身を任せるしかないな」
B「よぉし!それじゃあまずはあたしから!弟君!すぐにいってもいいからね!」
しゅ・・・しゅ・・・・しゅる・・・しゅる・・・
弟「う・・・あ・・・・・ぁぁ・・・・」
B「う゛~~!茄さんの時と反応が薄いよぉ!よぉし!ならもっと早くしてあげる!」
しゅしゅしゅしゅしゅしゅしゅ!
弟「うぁ・・・・ぁあ・・・・・・・!」
B「まだまだみたいね!それならもっと行くわよぉ!」
一分後
B「う~ん・・・やっぱり1分でいかせるのはむりかぁ・・・」
A「はいはい!次はあたし!よぉしBが先陣きってくれたから、次で行く筈よ!・・・それじゃあ・・・」
にぎにぎ、にぎにぎ!しゅるしゅる!
弟「うひゃあ!・・・あ・・・ぁあ!」
A「にぎにぎが良いんだ?うふ♥それじゃあ、もっとニギニギもしてあげる!」
1分後
A「ううう!1分って短過ぎぃ!」
姉「ふっふーん!時間じゃなくて、ふたちのテクが足りないだけよ☆」
A「!なによ!あなたも初めてのくせに!」
姉「確かにあたしもテクなんてないわね」
B「なっ!あの姉があっさりと、認めた!?」
姉「けどあたしは、弟のオナニー覗いていたから、気持ちいいと思われるポイントは知ってるのねぇ♥」
A「くぅぅ!姉弟ってのはこういうときはいいよね!どうせあたし達は赤の他人よ!」
B「落ち着いてA!その代わりあたし達は、弟君と付き合えるんだからさ!」
姉「うっふっふ!弟をいかせるのはあたしよぉ!てことで、ふたちは、指を咥えて見といてね!」
姉「それじゃあ、弟!精子ぶちまけさせてあげるからねぇ!」
弟「う、うん」
茄(お手並み拝見・・・うまくいくかしらね☆)

姉「ふっふっふ・・・弟~・・・たしか・・・ここが良かったんだよねぇ♪」
くりゅ!くりゅくりゅ!くりくりくり!びくっぅぅぅぅぅ!
弟「あ♥ひゃあ!ね、ねえちゃん、そ、そこは!」
茄「へぇ!やるじゃない!カリを責めるだなんて☆」
姉「弟はいつもここを弄っては、切なさそうな声あげてたんだよねぇ♪ほら、もっとやってあげる!」
くりくりくり!くりゅくりゅ!
弟「ひゃっ!あ・・・ぁ・・・ぁ・・・ぁぁぁぁぁ♥」
姉「んもう!可愛い声出すんだから♥それじゃあ・・・ここを責めてあげる♪」
くりくりすりすり!くりすりすり!
弟「!!!!っっっ~~~!!!!!!そ、それは・・・だ・・・だめ!」
A「あ、あれって、亀頭を責めてるの!?」
B「それだけじゃないわ!入り口も攻めてる!」
茄(へぇ・・・やっぱりとんでもない素質持っているわね)
姉「ほらほらぁ・・・入り口攻めたらおちんぽがよろこんでるよぉ!?
  精子出る穴が、そんなに気持ちいいんだ?」
姉「ほら・・・くりくり~!ほうら、おちんちんがピクンピクンしてるよぉ!」
姉「ねえいきたい!?いきたいよね?おちんちんから精子どぴゅどぴゅだしたいよね?」
弟「あ・・・・ああ♥・・・な、なんでもいいから・・・いきたい!」
姉「あはは!いつになく素直じゃない!いいよ!いかせてあげる。
  おちんちんから精子が吹き上げる瞬間を、みんなに見せてあげなさい♥」
姉「それじゃ、いくy」
茄「はい、一分終了。次はあたしね☆」
姉「ええええ!そんな!あと一歩だっていうのにぃ!」
A「けど、最初に決めたルールじゃない」
B「約束は守りなさい」
姉「ふぇぇ!これじゃあ、茄さんがおいしいところもって行くじゃないぃ!」
茄「ふふふ(よし!読みどおりだわ!次で確実にいくわ!)」
弟(次で確実にいくな!ついに恥ずかしい射精の瞬間が見られてしまうんだ///)

茄「それじゃあ、やるけどその前に総評を、AちゃんとBちゃんはまだまだね。」
AB「(´・ω・`)ショボーン」
茄「でも気にしちゃだめよ。あたしも最初は似たようなものだったし。これから要練習ね!」
AB「は、はい!頑張ります!」
茄「お姉さんは、壷は知っているみたいだけど、それだけじゃあ物たりないから、やっぱり要練習ね」
姉「は、はぁい!これからもっと勉強する!」
茄「てことで、テクを見せてあげるね☆」
シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ!!!!!!!
弟「うわあ!!!あ♥あ♥あああぁ!!!!」
A「すごい!あたし達のときとは断然反応が違う!」
B「これが、経験の差!」
姉「それに、特に敏感なところ責めてるわけでもないのに!これでカリとか亀頭せめたら、どうなるんだろ?」
茄「ふふふ、こうやって、強すぎず弱すぎずな力加減がいいのよ。」
茄「ほら、あなた達、遠慮しないでもっと顔近づけてみなさい。
  それでおちんちんの様子を、くまなく観察してごらん」
シュコシュコシュコシュコシュコシュコシュコ!
A「ふわぁ・・・おちんちんがすごく脈打ってる!」
B「それにカウパーが飛び散ってる!・・顔に掛かっちゃった・・・」
姉「すごい!先っちょが赤くなってひくひくいってる!」
弟「ひゃあ!ね、姉ちゃん・・・たち!そんなに顔近づけないで!・・・息が・・・息が♥」
茄「うふふ!息が掛かって気持ちいいんだ♥ほら、もっとおちんちんに話しかけてあげなさい♪

A「んぁ・・すごぉい♥あたし達が喋る度に、反応してる!」
B「シルクが我慢汁でべとべとだぁ・・・茄さんの手がいやらしく光ってる・・・」
茄「ほら、ラストスパートいくからね☆」
シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ シコシコシコシコ!!!!!
シュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュ!!!!!
弟「うわあああ!すごい!き、気持ちい♥そ、それに息も!3人の暖かい息も♥」
茄「ほらいっていって!気持ちよくなっていって!おちんちんから、精子どぴゅどぴゅさせるところ見せて!」
弟「あっあっあっぁつ♥そ、それより、3人とも離れて!、か、かかっちゃうよ!」
A「そんなの気にしなくていいから、いくところみせて!」
B「射精する、恥ずかしい瞬間みててあげるからさ!」
姉「弟のくっさいザーメンを、ドプドプだして!チンポ汁出して出して!!」
茄「ほらほら!綺麗で可愛い女の子たちに、実の姉に向かって精子をかけなさい!ザーメンを汚らしくぶちまけて上げなさい♥」
シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ シコ シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ シコシコシコシコシコシコ シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコッッッッ!!!!!!!
弟「あああああああああああああああああ♥♥♥」
A「きゃあ!おちんちんのビクビクがさらにすごくなった!」
B「ついに、ついに射精するのね!」
姉「ああ!おちんちんの穴がひくひくぱっくりしている!」
弟「も・・・もうだめぇ!!!い、イクゥゥゥゥゥゥゥゥゥぅぅうぅううううううう!!!!!!!!!!

ドプッ!!ドピュウゥゥゥ!!!
AB姉「きゃああああっっっ!!!!?」
茄「あは☆ついにいっちゃった!!!!!!!!!!」
弟「う、ひゃあ♥あ♥ああああ♥(つ、ついに射精見られちゃった!)
しゅこしゅこしゅこ!ドプドプ!ドピュドぴゅ! ピュルルゥゥ!!
弟「あ♥な、茄さん!いったのに扱かないで!おちんちんが敏感すぎて、おかしくなっちゃううよぉ♥」
茄「あはは!扱いたらそれにあわせてザーメンがでてる☆、ほらもっとお姉さん達にかけてあげなさい♪」
B「やだぁ!まだ出てるぅ///」
A「おちんちんの穴から、精子がでてる様子が丸見え///」
姉「弟の精子・・・掛かっちゃった・・・・いっぱいいっぱいかかっちゃった///」
シコシコシコ・・・ドッピュウ・・・どぴゅ・・・・ぴゅ・・・
弟「あ・・・ああ♥・・・・・・・」
茄「ようやく射精が止まったね☆…それにしてもすごい量…シルクもあたしの手も精子でぐちょぐちょだわ☆」
茄「それに濃いザーメンね。ちょっと黄色がかっていて、ぷりぷりで、粘っこくて臭いもきっつい・・・」
茄「こんなの中に出されたら、安全日でも妊娠しちゃいそうね♥」
弟(は、・・・はあ、き、気持ちよかった///あんなに気持ちよかったの初めてだ・・・)
 (そ、それに行くところを盛大に見られちゃった・・・もうお婿にはいけないよ・・・)

茄「弟君、お姉さん達をみてごらん♪」
弟「!!!!!!」
B「うわあ・・・体中に弟君の精子がかかっちゃったぁ♥」
A「とくに顔にいっぱいかかっちゃった♥」
姉「あたしは真ん中にいたから、いっぱいいっぱい弟のぷりぷりザーメンがかっかちゃった♥」
茄「あなたって本当に変態ね♥まだ男を知らない女の子たちに、いきなり顔射するだなんて☆」
茄「ふつう顔射なんかしたら、嫌われるわよ?」
(うわぁ・・・みんなに盛大に精子がぶちまけれてる!特に顔に!)
  (姉ちゃんなんか特に精液まみれだ!)
  (それにしても顔射された顔っていやらしくて色っぽい…て、今はそんあこと考えている場合じゃない!)
弟「ご、ごめん3人とも!そ、そのつい気持ちよくて、顔射してしまった!」
A「もう!弟君の変態!」
B「あたし達が顔を近づけているときに、射精したんだから、確信犯よね!」
姉「実の姉に顔射だなんて・・・ほんとうに無節操なオチンポね!」
弟「ご、ごめんさい!!!(ここは素直に謝っておこう!)
B「なーんてうそよ!ちょっとからかっただけよ☆」
A「本当は、弟君の射精の瞬間がみれて良かったんだから!」
姉「精子ドピュドピュしているところ、本当に可愛かったよ!もう目に焼き付けちゃった!」
姉「今度、オナニーのおかずにするもんねー♥」
AB「ねー♥」
茄「ふふふ!あたしも久々にいい物見たわ。ねぇねぇ!もう一度やろっか!今度は携帯で動画取りましょう!」
AB姉「「「さんせーーーー!!!」」」
弟「もう疲れたので、勘弁してください。それから、姉ちゃん達、まずは顔を洗ってください」
茄「あ、そうね、そのままだと顔がカピカピになっちゃうよ。弟君のは濃いから、なおさらよ
  それじゃあ、みんなで後始末しますか☆

茄「はい、3人とも、タオルはこれ使ってね。拭いた後、洗面所案内してあげるからね」
A「あーあ、もうこのあったかい精子とお別れかぁ」
B「「いいじゃない。機会はいくらでもあるよ☆」
姉「言っとくけど、弟のチンポ汁はあたしの監視下でしか、出させないからね!」
茄「弟君、濡れタオルで拭いてあげるね♪」
弟(ぁぁぁ・・・心地良い・・・こんな開放感初めてだ・・・)
 (オナニーの後っていつもは虚しいのに、今回は充実した気分だ。)
……
茄「はい、拭き終わり♪」
姉「こっちも終わったよ~」
茄「それじゃあ、洗面所へ行って顔洗いましょうか。」
A「ちょっと待ってください!弟君の様子が変!」
B「どうしたの!?どこか痛いの!?」
弟「うん・・・麻酔が切れたせいか、頭がズキズキしだした。」
姉「たたたたいへんっっ!!!どどどどどうしよう!?」
茄「落ち着いて。そのときのために、痛み止め座薬を出してくれてるじゃない」
姉「あ、そうか。あ!でも座薬ってことは!」
茄「そう!お尻の穴に入れるのよ!(きらーんっ!)」
弟(目が光ったよ・・・)
姉AB茄『あ た し が 入 れ る !!!!!!』
弟(ああ、みんなハモった!また騒動は終わらないのかよ・・・・)

姉「ここはやっぱり、アナルを見せるわけだから、実の姉がやるべきよ!」
A「いや、さっきオナニーショーやったから、誰がやってもいいはずよ!」
B「むしろ姉は普段弟君と一緒にいるから、いつかまた機会がやってくるでしょ。
  だからここは赤の他人がやるべきよ!」
茄「いや、ここはプロの看護婦が座薬を入れるべきだわ」
弟(あーあ・・・凄い殺気だよ・・・)
結局じゃんけんでBがやることに
B「やったぁ!こういうときにじゃんけんが強い姉に、勝ったぁ!」
姉「くうぅ!!!!」
A「公正に決めたから、あきらめなさい」
茄「それじゃあ弟君、四つんばいになって」
弟「はい・・・これで良い?」
茄「うんいいよ・・・それじゃあズボン脱がしてあげる♥」
ずるうううう!! ぶるんっっっ!ぷらぷらぷら・・・・
弟「ちょ!!!!何も全部下げなくても!」
茄「えっへっへ~あたし達が、穴が見える程度で済ませるとでも?」
弟(しまったぁぁっぁああ!手コキと頭がいたいせいで、脳みそが働かなかった!
  ちょっと考えれば、分かってたことなのに!)
茄「えっへっへ~こっちからの眺めも良いわね♪可愛いお尻の穴も丸見え♥」
B「相変わらず、大きいおちんちん・・・ぶらんぶらんしてる///」
A「お尻の穴がヒクヒクしてる・・・こっちからのおちんちんの眺めも良い///」
姉「それに金玉袋もでっかくて、ぶらぶらしてる・・・・ひょうたんみたい///」
茄「そりゃああれだけ大量に精子も出るわね。どれだけの女の子を、孕ませる気かしら☆このコは☆」
弟(これが俗に言う、視姦ってやつか///こ、これで恥ずかしいところ、全部女の子に見られちゃった!)

B「それじゃあ、弟君、入れてあげるからねぇ♥」
姉「座薬でアナルズボズボしたら、怒るからね!」
A「そんなこと考えているのは、あなただけよ」
茄「いつも思うのだけど、お姉さんって女の子なのに、下品な言葉使うのね」
弟「すみません、僕の姉が公序良俗を乱しまして・・・」
姉「こらぁ!弟!あんたはあたしの味方じゃないの!?」
B「味方だからこそ、そういうこと言ってるんでしょ。とにかく入れるからねぇ///」
弟(くぅぅ!座薬って苦手なんだよなぁ・・・・異物感があって・・・」
きゅぅぅぅぅ・・・
茄「そんなに硬くなったら、余計に入れづらくなるよ。ほら、力をぬいて」
弟「は、はい・・・」
B「じゃあ・・・・いくよ♥」
ずぶっ
弟「あぅ!」(へ、へんな感じ)
A「ごくっ!お、おちんちんと玉がぶらぶらしてるのがいやらしい///」
茄「ほら、遠慮しないで、一気に深くまでいれなきゃ♪」
B「う、うん・・・じゃあ一気にいくからね?」
ず・・・ずぶううぅぅぅうぅぅっ!!」
弟「ひゃあ!!?」
姉「凄い・・・座薬がアナルに飲み込まれていった///」
B「お尻の穴が凄い勢いでヒクヒクしてた///」
茄「はい、お疲れ様♥よくがんばったわね」
弟「はぁはぁ・・・終わった(ああ、何か入る瞬間、気持ちy・・いやいや!そんなことはない!)
  (変な異物感しか感じなかった!断じてそれしか感じなかった!)
茄(あは♪さっき一瞬だけど、良い顔してたわ!これは明日、未知の領域を開いてあげなくちゃね☆)

茄「それじゃあ、洗面所に案内するね」
……
A「ふぅ!いいものが見れてよかった!」
B「弟君ってあんなに立派なおちんちん持っていたのね!」
姉「それに間近で、チンポ汁が出るところ見れたし!」
A[でも茄さんには困ったわ・・・排除したいんだけど」
B「うん、完全にはのけ者にしないどころか、機会与えてくれる優しいところがあるから困るわ・・・」
姉「むしろあたしは、全員排除したいよ!」
A「まあとにかく、このままでは弟君が茄さんになびいてしまいそうで怖いわ。」
B「うん、なら手段はただ一つ。誘惑して、弟君をあたし達の手に取り戻す!」
姉「達ってのが気に入らないけど、今は敵対してる場合じゃないしね」
B「でもどうやって取り戻すの?色気や経験じゃあ適わないよ」
姉「ふっふっふ・・・あたし達だけが持っているものがあるじゃない。それを使うのよ!」
かくかくじかじか
A「それ良いね!姉、たまには知恵をまわすじゃない!」
姉「へっへーん!こういうことなら、ふたちには負けないつもりだよ♪」
B「よし、これで茄さんを出し抜きましょう!」
姉「うん!これで明日を乗り切るわよぉ!」
AB「おーっ!」

姉「それじゃあ、弟、あたし達はもう帰るね。」
B「あしたは10時から面会だから、10時にきっかりに行くからね」
A[もう帰るけど、寂しくなったらいつでもメールしていいからね」
弟「う、うん。けど今日はもうへとへとだからこのまま寝るかも」
姉「そっか。さすがに色んなことが起きたもんえ。今日は。
弟「うん。いろいろありすぎた・・・・ところで茄さんは?」
姉「さあ!?茄さん気にするぐらいなら、ナースコールしてみれば!?すぐ駆けつけるわよ!」
弟「わわ!姉ちゃん怒らないで!」
姉「ふん!」
A「にしても、何してるのかしらね?」
B「まあ、精子の始末に手間取っているんじゃないかしら。ばれたら、やばいからね」
A「そっか・そうかもね」
姉「それじゃあ、弟、お休み」
A「バイバイ!弟君!」
B「また明日~」
弟(ふぃぃぃぃいい・・・ようやく静かになったよ・・・今日は忘れられない1日だよ)
 (女の子に俺の体をすべて見せちゃったからな。肛門まで・・・)
 (それに、k、公開オナニーまでさせられて、挙句に思いっきり顔にぶっ掛けてしまったし・・・)
 (あのときの3人の表情、色っぽかったよなぁ・・・)
 (それに茄さん・・・手コキ上手かったなあ・・・なんであんなに美人でエッチな人が彼氏いないんだろ・・・)
 (ま、考えても仕方がないか・・それより、本当にどこへ行ったんだろ・・・)
 (ま、それもそうでも良いや・・・疲れた・・・寝よう・・・)

う・・・うああん!・・・はぁはぁ!
茄「お、お、弟君の精子すごぃ!!!・・・・こんなに濃い精子は初めてだわ!それにぃ!・・まだ熱い!」
くちゅ・・・・くちゅくちゅくちゅ!
茄「ああっ♥あ、あそこが熱い!ぐ、ぐちょぐちょになってる!」
茄「あ・・・せ、精子をあそこに塗りたくったら、どうなるかな・・・
べちょおお・・・・くちゅちゅう・・・ずちゃずちゃずちゃ!
茄「んぁぁ!お、オマンコがぬるぬ・・・してっ!・・・んぁぁ!と、止まらない!!!!!」
ズッチャズッチャズッチャズッチャ!くりくりゅくりゅくりゅ!!!!
茄「いやぁぁああ!、く・・・クリちゃんが気持ち良い!!!!!
  いやぁあ!!凄いよぉ!弟君の指使い凄いよぉ!」
茄「あん!はぁっ!はっ!はぁあ!だ、だめぇ!弟君!精子をおっぱいに塗りたくらないでぇ!」
茄「んあっぁあ!!!?精子で乳首がぬめ・・ぬめしちゃ・・・った!!ぁっぁ♥!くぅぅうう!」
茄「やぁぁああ!弟君!乳首つねらないでぇ!それ、弱いのぉ!!!」
ぬちゃぬちゃにちゃにちゃぬちゃぬちょずちょにちゃぬちゃにちゃぬちょっぉおおおお!!!!
茄「あ♥あ♥あ♥あ♥だめぇえ!!!年下のくせにぃ!!お姉さんを責めちゃやだあ!」
茄「んっぁぁっぁああ!クリちゃんと乳首の両責め!!!!!!」
くりくりくりくりくりくりくりくりくりくりくりくりくりくりくりくり
くりくりくりくりくりくりくりくりくりくりくりくりくりくり!!!!!!!
くちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅ!!!
茄「んああ!!!弟君!!弟君!おとうとくぅーん!! あたしいっちゃいそう!!!」
茄「いやあ!イッチャうイッチャう!!!!!もうだめぇえぇぇぇぇええ♥
  イクッ!!!!イクイクイクイクキクイクイクイク!!!!!いっちゃううううううう!」
茄「ッッッッイックウウウウゥゥゥゥゥゥッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!」
びくぅぅぅぅぅんん!!!!!
茄『んんっぁぁlっぁああぁあああああぁぁぁぁぁぁっぁぁああ!!!!!!!!」
ビクビクビクビクビク;ウゥ  ビュクゥ!ビュゥゥゥピュッピュ!
茄「んはあ!はあっ!はあっ♥・・・ああ、潮まで吹いちゃった♥・・・
  弟君に犯されているのを想像していっちゃった♪」
茄「はあ・・はあ。・・・精子もったいなぁい・・・むちゅう・・・んぐ・・・ふわぁ♥濃くておいしい♥」
茄「久々に・・オナ・・ニーで盛大にいっちゃった・・・しかも潮まで・・・吹いて・・・」
茄「なにせ・・・はぁ・・・はぁ・・・2年半ぐらい・・・男日照りだったから・・・」
茄「それに弟君もいけないのよ・・・
  女の子みたいに可愛くて、立派なおちんちんもってて、濃いザーメン大量に出すんだから・・」
茄「おまけに、可愛い声で喘ぐし・・・こんなの我慢なんかできないわ・・・」
茄「はぁとにかく、久々の精子だから、全部舐め取らなくちゃ♥その後に選択ね・・」
茄「弟君・・・あなたは絶対あたしの物にしてやるんだから♥」

戻る 次へ 
添付ファイル