※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Buront



■キャラクターの性別:男
■所持武器:グラットンソード
■攻撃力:8 ■防御力:6 ■体力:7 ■精神力:4 ■FS(フリースキル):5
■プリン:0
■FS名:ナイト
■特殊能力名:ついげきのグラントヴァイパでさらにダメージは加速した
■能力タイプは?:通常

■特殊能力内容

効果1:同マス通常攻撃 25%
範囲:同マス任意一体 0.8
時間:一瞬 1.0

効果2:バステ「ついげき」付与 30%
範囲:同マス任意一体(効果1とセット) 0.8
時間:永続(変則) 1.2

制約:黄金の鉄の塊でできたナイトに制約などない  +15
FS:5

100-(25x0.8x1+30x0.8x1.2-15)x1.5=100%

発動率100% 成功率100%

効果時間中、このキャラが干渉したキャラクターに対して追加で2ポイントダメージ。

GK注:バステ「ついげき」は付着時に即時2ダメージを与え、その後、Burontの干渉のたびに追加で体力2ダメージを与える能力である。ただし、「ついげき」が機能するのはBuront本体から隣接2マス以内に限られる。

GK注:能力原理不明なので、誰かが言い出したもので一番説得力のあるものが採用される。本人のイメージ的には格ゲーのコンボに最後にゲージ技を使う感覚らしい。

GKまとめ:この能力はBurontが同マス任意一体に通常攻撃を行い、さらに追加で同対象にバステ「ついげき」を与えるものである。バステ「ついげき」により同対象は即座に体力2ダメージを受ける(つまり、通常攻撃+体力2ダメージ)。さらに「ついげき」が付与されたキャラに、再びBuront自身が干渉(主に通常攻撃と考えて良い)した際は、そのたびに体力2ダメージを追加で与えることができる。また、何らかの理由によりBuront自身の能力が変更され、たとえば「隣接2マスの相手全員に雪玉を投げつけて1ダメージ」能力に変わった場合、相手にバステ「ついげき」が付いていれば、この雪玉攻撃に加えて2ダメージを与えることができる。ただし、「ついげき」が有効となるのはBuront本体から隣接2マスまでのキャラに限られるため、「隣接3マスの敵に雪玉を投げつける」能力に変更されて3マス目から雪玉を投げつけた場合は、Buront自身の干渉であっても「ついげき」による追加2ダメージは発生しない。

■キャラクター説明
――今回の戦いに対する意気込みは?
「お前らは一級魔人のおれの足元にも及ばない貧弱魔人
その貧弱魔人どもが一級魔人のおれに対してナメタ言葉を使うことでおれの怒りが有頂天になった
この怒りはしばらくおさまる事を知らない
仏の顔を三度までという名セリフを知らないのかよ
お前らはどこにも逃げられないプレシャーを背負う事になった
後ろに気をつけておくことをお進めする不意だまでお前らの命は非常にまずい事になる
はやくあやまっテ!
それくらいも出来ない卑怯者はマジでかなぐり捨てンぞ?」

以上。新聞部サキサカのインタビューによりお送りいたしました。
なお、本来はもっと長かったのですが、誌面の都合上縮小せざる終えず、この場を借りてブロント氏には深く謝罪の意を表明させていただきます。

■「死神vsテニス」「オーヴァーキル」以外のキャンペーンに参加した経験がある?
ある

■あなたのキャラのタイプは?
アタッカー(攻撃型)