※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<ダンゲロスKING ルール>

開催日 2009/02/7(~8)
ターン数
思考時間 1ターン目は先手20分。後手30分
2ターン目先手後手ともに30分。それ以降は1ターン20分
陣営 チート会 vs マンチグループ
陣営分け GKランキング&トレード
スタメン 8名
増援 2名 ランダム 3ターン目の自フェイズに出現 行動提出時に自由位置指定 登場ターンは登場のみで行動できない
勝利条件 敵陣営の全滅 or 8ターン終了時のDPで敵を上回る
戦闘の進行 フェイズ移行型
命中率判定 半必中方式
瀕死 あり
精神攻撃成功率 精神2で25% 精神1で50% 精神0で100%
死亡時の処理 味方全員の精神マイナス1
凄惨な死の場合は加えて周囲1マスの味方全員の精神マイナス1
地形 5×7
先攻ハンデ 首脳会談により決定⇒先攻ハンデなし
提出遅延ペナルティ 1分遅れるごとに、後ろから1人ずつ行動不可。お休みキャラは含まない。
進行形態 ラジオと掲示板
応援SS 事前SSシステム
アイテム 通常攻撃の代わりに使用する
計算方法 フィーリング重視ガイドライン計算
ダイス 1D100(100面ダイス)
シークレット なし
リーダーボーナス 3 上限は越えないこと
リーダーDP
GKスタンス バランス重視を基本としつつノリも重視
その他 能力の「対象:敵」と「対象:任意」を区別
その他 事前質問不可




勝利条件について


  • 「敵陣営の全滅」とは、盤面から全ての相手ユニットがいなくなった状態を言う。
  • 一時的戦線離脱であっても、盤面からいなくなれば全滅扱いとする。
  • 増援予定があっても全滅すれば終了となる。


半必中方式について


  • 通常攻撃の命中率は従来通りだが、命中しなかった場合でも1ポイントのダメージは与えられる。


アイテムについて


  • 外伝イベントにおいて入手したアイテムのことである。
  • 現在、アイテムはプレイヤーやまいちが「ネクロノミコン(自キャラを戦線離脱)」を、プレイヤー木蔭サツキが「鮮血のアドニス(自キャラの名前の頭に「鮮血の」を追加)」を、GK架神恭介が「中二王の証(自キャラの名前の頭に「中二の」を追加)」を所持している。
  • やまいち、木蔭両名はアイテムを所持する場合、キャラクターメイキングの際にその旨を述べる必要がある。
  • なお、「鮮血のアドニス」「中二王の証」はダンゲロスKINGでしか使用できないアイテムである。
  • 「中二王の証」は末那識千尋が所有する。
  • これらのアイテムによる効果はいずれも能力制約とはならない。(例:「名前に「鮮血の」が付いた時のみ発動するカウンター」「名前に「鮮血の」が付くキャラクターしか使えない」は無効)


フィーリング重視ガイドライン計算について


  • まず、フィーリングにより適正と思われる発動率を出す。
  • ガイドラインによる計算結果がフィーリングによる数字と似通った数字であればそのまま通す。
  • ガイドラインの結果とフィーリングの結果があまりに懸け離れていた場合は調整し、フィーリングの結果に近付ける。


GKスタンス詳細


  • 基本はバランス重視。ノリも重視するがバランス重視の上でのこと。
  • 計算、陣営分けまでは完全にバランス重視。
  • GKにとって「ユニットは消耗品」。
  • 倫理的に問題のある能力は弾く(特定のプレイヤーへの過剰な対策や自軍の戦術を狭めるようなもの)。
  • 三田はアリ。


能力の「対象:敵」と「対象:任意」を区別


  • 能力対象に関して「対象:敵n体」と「対象:任意n体」は今回厳密に区別される
  • 「対象:敵n体」の能力は味方を対象に取れない。『転校生』は敵扱いなので対象に取れる。
  • 「対象:任意n体」の能力は敵味方ともに対象に取れる。
  • 「敵n体」と「任意n体」の間に数値的な違いはない
  • 「オレの能力制約って任意n体戦線離脱だから、敵を戦線離脱できますよねェ~~???」とかセコイことをしないように。


事前質問不可


  • 今回は作戦会議時間中のGKへの質問は基本的に許可されない
  • 計算中などは質問できる
  • また、作戦会議時間中であっても、「当日の開始時間って何時ですか?」などの質問は可能である
  • 分からないことがあったらGKに聞くのではなく、本番で自分達の都合の良い方に誘導するのがダンゲロスKINGのメインテーマ


ボーナスゲーム


  • 今回は参加者の多寡に関わらず一戦制とする
  • ただし、戦闘が初日に終了した場合は、二日目にスタメン落ちのキャラを中心にボーナスゲームを行う
  • ボーナスゲームではノリ最重視となる
  • ボーナスゲームの勝敗は本戦の勝敗には関係しない