※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

EA01



■キャラクターの性別:無性
■所持武器:核エネルギー等級アイコン
■攻撃力:14 ■防御力:5 ■体力:5 ■精神力:4 ■FS(フリースキル):2
■所持プリン:+2
■FS名:電脳スキル
■特殊能力名:絶対領域
■能力タイプは?:通常

■特殊能力内容

効果:一時戦線離脱(味方&敵) 75
範囲:隣接2マス任意1体 1.6
時間:1ターン 1.0
制約:精神攻撃 +80%
調整:1ターン目先手使用不可 +5
調整:シンプルボーナス +3
FS:2

※精神攻撃を味方にもかけれるため+80とした

(100-(75x1.6x1-80))x1.2+5+3=80%

発動率80% 成功率0%

音楽鑑賞のために作成された異空間に、対象の肉体も精神も吹き飛ばす。
その異空間内に自身のデータのコピーを送り込み、1ターンの間楽曲を演奏する。
その空間内では、吹き飛ばされた対象は演奏が終わるまで何もできない。
演奏終了後、対象は元いた場所へと帰還する。

本来、この能力はEA01の開発元の組織が開発した、快適空間での芸術鑑賞を目的としたプログラムであった。
それを、チューニングの際に、対象を問答無用で別空間へ跳躍させる戦力分断兵器として調整を加えたものが現在の形である。
しかしながら、元々が対象の「音楽を楽しむ」という自由意思のもとに使用されることを前提とした能力であったため、強い意思で拒絶されてしまうと、元々備わっていたセーフティ機能が作動し、異空間への移動が行われなくなるという欠点を持つ。
この機体は格闘による破壊を主目的としているため、この欠点を改善するのにリソースを割くことができなかった。
まあ、戦いやら何やらに疲弊し、無意識に安らぎを求めているような精神の持ち主には通用するかもしれない。

■キャラクター説明
もともとは某組織によって開発された、芸術鑑賞用異空間作成および楽曲演奏プログラム。
EA01は、とあるエンジニアの手によってそのデータの複製に独自のチューニングが加えられ、女性型アンドロイドに搭載されることで生まれた戦闘用機体である。
耐電、耐磁性に優れ、防水加工と放熱仕様もそれなりに施されている、なかなかの兵器だが、耐久機構に不安がある。
性能テストのため、今回のダンゲロスに送り込まれた。
得意なジャンルはバラード。

■「死神vsテニス」「オーヴァーキル」以外のキャンペーンに参加した経験がある?
ない

■あなたのキャラのタイプは?
アタッカー(攻撃型)