※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

金超好



■キャラクターの性別:男
■所持武器:韓国刀
■攻撃力:0 ■防御力:0 ■体力:7 ■精神力:3 ■FS(フリースキル):20
■所持プリン:-3
■FS名:呪
■特殊能力名:ダンゲロス証券取引市場puti
■能力タイプは?:パッシヴ

■特殊能力内容

GK完全独断

発動率100% 成功率100%

□能力原理
「オレはこのターン韓国人を対象に『忌まわしき六芒星の呪い』を発動させるぜ」
「なんだと!」
「このカードは対象の国民が所属する経済崩壊中国家において最も大きな企業を生贄にささげ、その対象の国民の周辺に擬似的な『自由に経済取引を行える場』を形成することができる」
「三星を生贄にささげるだと……国家、銀行、企業、国民全てにおいてデフォルト寸前の韓国だぞ!そんなことをすればいったいどうなるか!」
「フフフ・・・・・・オレはすでにコリアリスクを感じ取り資本撤退を行った後だ。だから大丈夫」
「じゃあ、安心だね」
というようなたわむれが六芒星の民族の人たちの間であったそうです。

□能力内容
スタメン決定時、4種類の証券が提示される。各チームそれぞれその証券を3枚購入することができる。購入する証券が公開されるタイミングは試合開始時である。(※購入する証券は重複してもかまわない)
購入の際、証券1枚につき盤上で生存しているキャラクターの体力を5P担保にしなければならない。この時、どのキャラクターの体力を担保にするかも指定しなければならない。
証券の内容は全て『ある時ある事柄が起こったないし起こらなかった場合、1DPを獲得する権利』となる。(※証券の内容については別記)
証券の決済は番長グループもしくは生徒会、一方のチームの全滅によるもう一方のチームの勝利時以外でのゲーム終了の際、その直前に処理されることになる。負債は必ず処理の時点で生存しているキャラクターから過不足なく回収される。(※負債の回収については別記)
この能力の行使が妨害されることは決してない。またいかなることがあっても解除されることはない。(※たとえキャラクターが死亡しても)

◇証券の内容に関するルール
  • 証券には3ターン目以降に起こりうるであろう事柄が記載されている。
例「3ターン目終了時にAというキャラクターが生きていた場合、1DPを受け取ることができるという権利」
  • DPは同一証券を最も多く購入していたチームのみ受け取ることができる。
  • 証券は1枚につき1DP配当を受け取ることができる。
  • 事柄内容はキャラクターの生死、もしくは行動を二つ組み合わせたものになる。
  • 証券がなくなることは決してない。

◇負債の回収についてのルール
  • 証券の内容が外れた場合、決済時に購入していた者から担保が回収される。
  • 証券購入の際、指定したキャラクターから担保は回収されるが、死亡や戦線離脱等の理由でそれが不可能であったり、回収対象の体力が5Pに満たなかった場合、同陣営の別のキャラクターからも回収されることになる。
  • 回収する対象が移行するたびに手数料として支払いが体力1P増える。
  • 担保をリザーバーキャラの体力で支払うことはできない。
  • 担保の回収が番長グループと生徒会の両陣営の間を越えることはない。
  • 負債がなくなることは決してない。


<GKによるまとめ>
この能力は金がスタメンに選ばれた場合は、スタメン発表の後(目安としては1時間以内)でGKが4種類の証券を提示する。

例)

「4ターン終了時に榎本が生存し、白金が死亡していた場合、DP1受け取ることができる権利」
「5ターン目までにセバスチャンが通常攻撃を行い、ドリアン助皮が通常攻撃をを行っていない場合、DP1受け取ることができる権利」
「6ターン目までに三田康成が能力発動し、ううううが能力発動していない場合、、DP1受け取ることができる権利」
「7ターン終了時にダンゲロス子が死亡し、雨月病が生存していた場合、DP1受け取ることができる権利」

 必ず4、5、6、7ターン目まで4種類で、1枚の証券に記載されるキャラクターには両陣営のスタメンが1人ずつ書かれる。この内容はGKがランダムダイスで決定する。各チームはそれぞれ試合開始時に3枚の証券を購入し(自軍掲示板にて購入する証券を決定しておくこと)、スタメン3キャラ分の体力5Pを担保にする(これは直ちに減るわけではなく、減る可能性があるのは最終ターン終了直前のみ)。証券3枚の購入は両陣営とも強制である。同一証券を複数購入しても良い。相手も同じ証券を同数持っていた場合はどちらもDPを得られず、同じ証券を相手より多く持っている方だけがDPを得られる。

 ゲーム終了直前(8ターン転校生ステップ終了後)に決済が行われ、証券の通りの行動が行われていれば、それに見合ったDPが得られる。証券の内容が外れていれば、担保にしておいたキャラの体力に5ダメージが与えられる(すべて外れれば15ダメージとなる)。そのキャラがすでに死亡、もしくは戦線離脱、もしくは5ポイント以下の体力になっていた場合など、5Pが払えない時は1Pを加算して同陣営の別の参戦キャラがダメージを肩代わりする(肩代わりキャラはランダムで決定される)。これにより8ターン終了直前に全滅する可能性がある。

 金が増援で来た場合は、来た瞬間に証券の公開と購入義務が発生する。購入のための時間として10分間の猶予時間が与えられる(思考時間とは別に取られる)。

 つまり、この能力は最大で3DPを得るメリットと、最悪で計15+αダメージを負うデメリットがある。また、このキャラクターがリーダーとなっても獲得DPが倍になったりはしない。最後に、本戦中、証券の内容とゲームの展開を照らし合わせる作業は金の中の人、もしくはそのチームメイトが行う。


■キャラクター説明
忌まわしき半島からやってきた留学生。夜は内緒でホストをやってる。(ホストとしては優秀)
弟もいるよ。

■「死神vsテニス」「オーヴァーキル」以外のキャンペーンに参加した経験がある?
ある