※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真魔で戦うキャラクター

魔法主体の型があるキャラクター以外で、魔法主体で戦うことが目的である。
その為、魔法主体の型が存在するキャラクターは、このwikiでは扱わない。
即ち、ティチエル・ジョシュア・ランジエは、仮に物理主体の型で魔法を使ったとしても、そもそも魔法主体の装備が存在するため、これらを真魔として扱う事は出来ない。
また、クロエ・アナイスは魔法主体の型しか存在しない。
逆に、シベリン・ミラ・イサックは一切魔法スキル及び魔法向けの武器を持たないが、アイテムや3次スキルにより魔法攻撃が可能なため、このwikiでも扱う。 だが完全にロマンである。

※主要スキルのみ紹介

【真魔】


ボリス・ジンネマン

  • 氷結系(†アイスブレイク、†アイススライス、アイスミサイル、アイシングピアス、アイスフォグ、アイスナム、グラシア)
  • 大地系(ストーンニードル、クレイアーマー)
  • 黒魔法(ブラインド、カース、ポイズン、アンデット、ラストアーマー、赤い月の盟約)
  • 共通系(反)
  • 刀系(氷撃斬、フローズンスレイ、フローズンブレイク)
※物魔複合スキル(†アイスブレイク、†アイススライス、アイスミサイル、アイシングピアス、アイスフォグ、グラシア、氷撃斬、フローズンスレイ、アイスフォグ)
Ver5.34より 魔法スキルのほとんどが魔剣スキルに変更 されたため、ストーンニードル以外の魔法スキルがなくなってしまった。
真魔として活動する場合は基本的にストーンニードルやライトボールを主力として使い、範囲技は魔剣スキルや物理スキルorがむしゃらに頼ることになる。
威力はアイスミサイルに劣りやすいが、ディレイが減らしやすいため問題はあまりない。
大剣が装備でき、範囲技も実用的なレベルなので、真魔の中でも育てやすいキャラ。


マキシミン・リフクネ

  • 疾風系(†エアブレイク、†エアスライス、ウィンドスライス、シルフウィンド)
  • 電撃系(スパークボディ、ライトニングボルト、ボルトシャワー、エレクトリックボール)
  • 黒魔法(ブラインド、カース、ポイズン、アンデット、ラストアーマー、ミスティックタッチ)
  • 共通系(的中剣)
  • 剣系(シルフランス、ポイズンスラッシュ、雷電剣)
  • 刀系(五花月光斬、風牙刀)
※物魔複合スキル(†エアブレイク、†エアスライス、ウィンドスライス、ライトニングボルト、ボルトシャワー、エレクトリックボール、シルフランス、ポイズンスラッシュ、雷電剣、五花月光斬、風牙刀)
マキシミンは豊富な補助スキルを持ち、真魔でもこれが有利に働く。
命中率が大幅に上昇する的中剣敵を感電させるスキル が多く、背伸び狩りが容易。 盾が装備できる 事もあいまってステ構築がしやすい。
現状で また、最も多彩な魔剣スキルを持つ 真魔でもある。
Ver5.34より すべての魔法スキルが魔剣スキルに変更 されたため、一切の魔法スキルがなくなってしまった。魔剣スキルは斬り攻撃力に大きく依存するため、魔法攻撃力を伸ばす意味がかなり薄くなってしまった。
3次スキルのパープルミストorライトボールを習得すれば、INTで魔剣スキルと3次スキル両方の火力を伸ばせるため、INTを伸ばす意味が出てくるため、ぜひ習得しておきたい。


ルシアン・カルツ

  • 火炎系(イグニッション、ファイヤーアロー)
  • 疾風系(スピードアップ、スロー、ウィンドスライス)
  • 電撃系(エレクトリックショック、パラライシス、ライトニングボルト)
  • 共通系(ラグランジュ神速剣、チャンスガード)
神速剣は魔法にも適用されるため、非常に短い詠唱で魔法を使う事が出来る。
多くの属性魔法を覚える ため、 ステータスの配分がとてもしやすい。
更に 盾が装備できる 事もあり、序盤は背伸び狩りがしやすく、後半になるとFM真魔やSI魔剣も可能になる。
物理のみならず真魔としてのの基本も詰まっている中級者向けのキャラ。
火力は低いが手数で勝負でき、 神速剣で大幅にクリティカル率が上昇する ためDPSは比較的高い。
武器ディレイの観点から、細剣系列がお勧め。また突き型はステ効率が良い。


イスピン・シャルル

  • 火炎系(イグニッション、ファイヤーアロー)
  • 大地系(ストーンニードル)
  • 白魔法(ブレス、オルランヌの加護、真・オルランヌの加護、治癒術、キュアー、セルフレジスト)
  • 共通系(御剣術)
セルフレジスト、オルランヌの加護、新・オルランヌの加護によって大幅にステータスの強化が出来る。ブレスやキュアーでチームメンバーの補助も可能。
更に 自己回復効果を持つ治癒術を使う事が出来る。
攻撃魔法は二種類しかないが、白魔法先行を活用したMR真魔や、盾や大地系を活かしたFM真魔、SI魔剣なども可能である。
武器ディレイの観点からルシアン同様、突き型及び細剣系列がお勧め。


ナヤトレイ

  • 氷結系(アイスミサイル)
  • 電撃系(ライトニングボルト)
  • 共通系(忍術 木の葉隠れ、忍術 隠爆)
  • 打撃系(忍術 投爆)
比較的初期から存在するマジカルナヤたん。
非常に短い武器ディレイ と、 木の葉による完全回避 がウリである。
木の葉のディレイを無くすには多くのMR・魔防が必要だが、これを達成できれば非常に強力なキャラとなる。
更に亜種として、大量のAGIを確保し前後ディレイを消滅させる事で絶えず魔法を連射するスタイルも存在する。
やはり武器ディレイの観点から、短剣系列がお勧め。
初期型は、DEXが確保しやすい斬り型がお勧め。前後ディレイ消しをする場合は突き型がオススメだが、これは高いレベルとそれなりの装備が必要のため、初期から突き型は辛いかもしれない。武器は新入生武器かスティレットを使うこと。
防具はスーツよりも魔防の付いている軽鎧が好ましい。

【マジカルナヤたん】
真魔のナヤトレイ。狭義にはさらに高速ステ(魔法)の場合を指す。
呼び方の元ネタは動画のタイトルからであり、狩り動画の原点とも言われている。
狭義の方は忍術 木の葉隠れをディレイ0で使い 木の葉を常時展開、アイスミサイルを乱射する。 その様は圧巻。

ナヤトレイの特徴  紙耐久だが、超高速で高火力



シベリン・ウー

  • 共通系(バーサーク、ハードスキン、挑発)
魔法スキルを全く持たない。 その為 攻撃手段はアイテムや3次スキルに限られる。
具体的には石つぶて、ゴーレムの石、雷光のさなぎ、サファイアーの火炎、フルイドウィンキの手袋など。
武器ディレイが関わるのはネオテシス専用スキルとその他補助スキルだけなので、基本的にはどの武器でも良い。
シベリンの武器には 魔法攻撃力が付与されていない ため、最初の強化ではクエスト 「魔力の卵」の報酬による魔法攻撃力の付加 が必須である。
余談だがムーンライトは見た目が魔杖っぽい。
INTが伸ばし辛く、武器の強化が難しい上に便利な補助スキルや魔法攻撃スキルを一切持たないため、真魔としての運用が最も難しい。


ミラ・ネブラスカ

  • 共通系(鋭い眼光、気合、覇気)
  • 鞭系(ダイスアタック)
魔女っ娘ミラ☆
魔法スキルを全く持たない※その2。 年齢的にも無茶がある
シベリンと違い 魔法攻撃に依存する攻撃スキルが※一応存在する ため、武器はディレイの短い鞭系列がお勧め。
ミラの武器もシベリン同様魔法攻撃力が付与されていないため、最初の強化ではクエスト 「魔力の卵」の報酬による魔法攻撃力の付加 が必須。
魔法について興味があるのは、4LEAF時代からの公式設定。
※なんとダイスアタックというスキルは 依存ステータスがランダムで変化する 特殊な物理スキル。×(ハズレ)が出た場合はINT依存になるため、INTの強化で火力を伸ばす事ができる。


イサック・デュカステル

  • 反撃系(ファイナルフォーカス、シャドームービング、グロッキー)
満を持して登場。魔法スキルを全く持たないキャラその3。
妻と娘がいる35歳のおじさん。 あらゆる意味で魔法使いから最も遠いキャラである
しかし何故か気功型は INT初期UPPが2 ポイントであり、 武器には魔法攻撃力が設定されている。
そのためINTや魔法攻撃力を若干伸ばしやすく、 非常に強力な補助技を持つ ためシベリンと比べるとかなりマシである。 五十歩百歩だが。
武器ディレイに関係する魔法攻撃スキルを持たないが、クローの方が魔法攻撃力が高いので、クロー系列がお勧め。