※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Lv1~19

最初は型ごとのR装備をつけている。
それとR装備が貰える。LV10装備(武器3種+防具)がもらえる。
クラド箱から腐るほどR装備が出るが、LVにあった装備が出ない場合はR装備を売ってクラド産武器を買おう。
マキシミンはDEFが確保しやすい斬り型、ボリスはDEXの確保がしやすい魔剣士型がオススメ。

Lvが上がったら、武器や鎧の装備に必要なHACKやDEFを確保しつつ、DEXを重点的に取ろう。攻撃が命中しなければ話にならない。
型はボリスの場合、大地系先行での進行がおすすめ。
大地系であるストーンニードルとクレイアーマーを、他の系統より多く習得すると大地系先行になる(Lv4以上で可能)。
大地系先行はLvアップ時に、自動DEF/ランダムINTでステータスが上がるため無駄がない。
一方手動ではDEXにポイントを振るべきだろう。命中が十分であればDEFやINTに振っても良い。

マキシミンの場合は電撃系先行がおすすめ。
電撃系であるエレクトリックショック、スパークボディ、ライトニングボルトなどを、他の系統より多く習得すると電撃系先行になる(Lv4以上で可能)。
電撃系先行はLvアップ時に、自動INT/ランダムMRでステータスが上がる。また黒魔法先行よりもHPの上昇が大きい。
よって手動ではDEXとDEFに振る事となるが、的中剣があるためDEXよりもDEFにより多く振ることになるだろう。
なお、DEXが上げやすく的中剣もあるため、自動DEX/ランダムINTである疾風系先行での進行はお勧めできない。

装備は、パンダの着ぐるみや緑風船があればDEF確保の他にMRも取れるので予算があれば用意をしておくといい。
用意できない場合は、マジックアーマー(以下魔鎧)よりも防御力の高い重鎧の方が安定した狩りが出来る。
魔鎧が主流になってくるのはDEF型でも防御力に余裕が出来てから。

通常攻撃はボリスは†アイスブレイク・†アイススライス、マキシミンは†エアブレイク・†エアスライスを使うのがいい。
真魔の場合、単なる物理スキルである†縦斬り・†横斬り・†斬り・†引き付け斬りはあまり威力が伸びない。
前者の2つは、物理魔法複合スキルのため、魔法攻撃力を強化することでも成長する。特にアイススライスとエアスライスはダメージを伸ばしやすい

ペットを早めに孵化させ、ペットスキルLv1の生命を取りHP確保しておくと良い。
但し、この時点でペットを孵化させても、ペット経験値を稼ぐ事はクエスト以外ではまず出来ない。
また餌に困る場合もありえる為、レベル上げを急がない場合はもう少し待った方がいい。
Ver5.10現在はペット保管箱があるので、餌が確保できずいざとなったら保管箱を利用すればよい。
ペットの孵化には時間が掛かるので、資金と相談の上、孵化の開始は早いに越した事はない。


▼習得したいスキル
  • ボリス
◇ストーンニードル
INT依存の物理魔法スキルであり、命中は物理スキルと同じ計算式になる。
そのため敵INTで命中率が下がってしまうアイスミサイルよりも当て易い。
Ver5.34より 魔法スキルのほとんどが魔剣スキルに変更 されたため、ストーンニードル以外の魔法がなくなってしまった。
よってストーンニードルがボリスの主力スキルとなる。
威力は並だが、ディレイが減らしやすくグラシアと並んでトップクラスの命中を誇る優秀スキル。

◇クレイアーマー
ダメージを最大7500までカバー出来る優秀スキルであり、DEF型序盤後期まで安定した狩りが出来る。
DEF型であれば後半でも大活躍するスキル。


  • マキシミン
◇ウィンドスライス
INT依存の物理魔法スキルであり、命中は物理スキルと同じ計算式になる為、敵INTで命中率が下がってしまうライトニングボルトよりも当て易い。特にステ確保が難しい序盤では役に立つ。また、ディレイも物理スキルと同じ計算になるため、MRを多く取れないのであれば中盤以降も活躍する。
Ver5.34より 魔法スキルのすべてが魔剣スキルに変更 されたため、魔法でなくなってしまった。
ディレイや命中はすべて魔法扱いとなり、かつての使いやすさは無くなってしまったと言える。
モーション自体は短いため、使い勝手は良い。

◇ライトニングボルト
Ver5.34より 魔法スキルのすべてが魔剣スキルに変更 されたため、魔法でなくなってしまった。
攻撃の間隔が長いため、敵を拘束しやすい。

◇シルフウィンド
移動速度上昇、移動時SP消費無し、さらに回避ポイント+10(AGI+10ではない)。
AGI型に転向してからは特に重宝する。

◇的中剣
魔キャラの難点でもある命中率の低さがカバー出来る。
シルフウィンドと併せてマキシミンには必須のスキル。

◇風牙刀
ある程度のダメージが得られ、またディレイ・モーションも短い。
ウィンドスライスが十分なLvに達するまではこちらがメインでもいいかもしれない。

必ずしも必須ではないが、余裕があればラストアーマー・チェンジアーマーを覚えておくのも良い。
序盤ではあまり恩恵は感じられないが、重ねがけすることで魔スキルの与ダメを上げることが出来る。

Lv20~51

Lv28になるまでは新入生の大剣or祝福の両手剣を装備。
Lv19で再配分(ナルビク)(いわゆる「再振り」)をする際には装備条件HACK分を忘れずに取る事。
Lv28になったらアルマダ改を持てるようなステ配分に計算すると良い。
或いは新入生の大剣を使い続けるという手もある。期限があるものの、新入生の大剣には装備条件がない。

Lv35のツヴァイハンダー、Lv42のマグナブレードは武器ディレイが非常に長いので誓わない方が無難。
Lv51までは新入生の大剣かアルマダ改の方がお勧めだ。ステ配分も比較的楽に出来る。

どうしても現時点でディレイの長さが気になる人や、殆んどクリックのみの戦闘に飽きた人には換装術を勧めたい。
詳しくはMaximin Template wiki及びTemplate for Borisを参照のこと。
ある程度の回線・PCスペック・プレイヤースキルが必要だが、これの習得によって得られる恩恵は大きい。
条件の厳しい真魔にとっては丁度良い技術と言える。


▼習得したいスキル
  • ボリス
◇アイスフォグ
範囲スキル。
Ver5.34より 魔法スキルのすべてが魔剣スキルに変更 されたため、魔法でなくなってしまった。
場所指定で使い易いが性能自体他魔剣スキルに劣る。

  • マキシミン
◇五花月光斬
Lv30になったら習得出来る。
高倍率の単体スキルで、クリティカル倍率が2.75倍と非常に高い。
クリティカルが出やすい場合は、こっちの方が役に立つ事も多い。

◇ボルトシャワー
範囲スキル。
Ver5.34より 魔法スキルのすべてが魔剣スキルに変更 されたため、魔法でなくなってしまった。
が、確立で敵を感電させるため相変らず背伸び狩りには向いている。


Lv52~104

Lv52になったらシエンブレイカーを装備したい。
INTが高いため装備条件がきついという事はない上、必要HACKも高くはない。

Lv90頃になると様々な装備に目移りするかもしれないが、効率を求めるならセイラ(105)まではシエンブレイカー一本である。
要求HACKの低さと、合成回数の多さから高い魔法攻撃力が得られれば、Lv105までは十分役に立つ。

AGI型転向も視野に入る頃だが、安定した狩りを求めるならDEF型。
一方、AGI型は魔法攻撃の敵にも対応できるため、少し狩場が広がる。
またステAGIの効果により、クリティカル発生率が高くなるため、適正狩場であれば効率は伸びる。
ただし、魔キャラの難点でもあるHPの少なさで事故死も多くなる。
さらに、被弾時のダメージが大きいため、スキルキャンセルが発生しやすくなる。
ディレイの長いキャラであるボリスには、早期のAGI転向はあまり向いてないかもしれない。

AGI転向の際は、軽鎧と火力装備が必要になる。
特に軽鎧は魔鎧や重鎧と比べ、市場価格が高い傾向にある。
AGI転向は十分な予算と計画が無ければお勧めは出来ない。

▼お勧め狩場
呪われた墓地


▼習得したいスキル
  • ボリス
◇グラシア
自分中心範囲スキル。
比較的ディレイが短く、I+Hの複合スキルのため威力も悪くない。
移動禁止・氷結の追加効果があるため、敵をまとめるのに使うことは出来ないが、群れを凍らせて安全に狩りを行うことができる。
魔剣スキルではあるが、ディレイや命中が物理スキルとして扱われるため命中率が高く、ストーンニードル同様ディレイを減らしやすい。

◇赤い月の盟約
自己補助スキル。
使用中はSPが継続的に減少するが、最大30%(Lv5・要求Lv110)の倍率で強化される。
Ver.4.55で魔法スキル及び物理魔法複合スキルにも適用されるようになったため、これを使用しない手はない。

◇フローズンスレイ
方向指定範囲スキル。
比較的ディレイが短く、モーションも短いため、範囲スキルとしては優秀。
ただし氷結の追加効果は無く、範囲の形が独特のためやや使い辛いかも。
また、習得してすぐはあまり強くなく、大体Lv9(要求Lv105)からが本番。


Lv105~124

セイラマグナが持てるようになる。
またLv100からの体装備の種類も増える為、ステを組むのも楽になる頃。
しかしまだ組めるステがH>Iになる場合もあり、無理な背伸び狩りは厳しい。
AGIにするなら軽鎧、DEF型を貫くなら重鎧か魔鎧を用意したい。

▼お勧め狩場
海底洞窟2-1、紅の林、黄金砂の遺跡など

▼習得したいスキル
  • ボリス
◇フローズンブレイク
圧倒的火力を誇る範囲スキル。
ディレイが長いため耐久が低いとやや使いづらい。


Lv125~164

良補正のメトゥラシエンかゴーストソードを用意しておきたい。
この後のレベル帯は好みによって持つ武器も変わってくる為、人によっては長く使う可能性がある為になるべく妥協しない程度の品を作っておくと良い。
ただ、最終武器にするつもりがないのなら武器アビリティを装着するには勿体無いので、最終武器までは素補正だけで使った方が後々楽になる場合も。

ある程度の魔装備が揃っていれば、紅の道や黄金砂の遺跡などにも出向けるステが組める。
刀/太刀ステのように火力は武器の装備条件分だけにしてしまうと、火力不足で溜め込んでしまう場合も多い。
なるべくINTは多めに確保したい。

Lvが150を越えたら3次スキルを習得してみると良い。
氷結系メインのボリスとマキシのオススメはライトボール。スキルが魔剣化し、落ちた分の魔法火力をある程度補える。
特にマキシはパープルミストかライトボールを習得するまでは魔剣士であり真魔ではないため、ぜひ習得したい。

▼お勧め狩場
海底洞窟2-1 or 2、紅玉洞窟4、紅の道、黄金砂の遺跡、影の塔1F、黄泉路など


▼習得したいスキル
  • ボリス・マキシ
◇ライトボール
3次スキル、自分の周囲に持続的に魔法ダメージを与える。
威力はINTに依存しているため、魔法キャラ向けの3次スキルである。

  • ボリス
◇がむしゃら
ストーンニードルメインであればこちら。
単体スキルを範囲化出来るため、非常に高い火力を叩きだせる。
ただし範囲はそこまで広くなく。ゲージの維持が困難なためストーンニードル一本での狩りはやや厳しいと言わざるを得ない。


Lv165~199

モナインフェルノ~メギスムマーヌスが装備出来るレベル帯。
武器はモナインフェルノ、アグウェスカー、追憶のシミター(大剣)、メギスムマーヌスがお勧めだが、コストの低さでエレグバ、見た目でプンシオンノトス、武器ディレイ補正でゴーストソードやメトゥラシエンの人も居るので、自分の好きな武器を選ぶとモチベーションも上がるだろう。
余裕があるなら武器にアビリティをつけるのも良いかもしれない。
お勧めは、知力中(INT+3) or 知力上(INT+4)、生命力上(HP+300)、疾風の刃(武器ディレイ-5%)辺り。

INT>HACKのステが組めるようになるレベル帯なので、HACKは武器の装備条件分に留めてINTを行きたい狩場に見合わせたステに組むと良い。

Lv180になると追憶のシミターが、Lv200になると蒼穹のクレイモアがそれぞれ装備可能になる。
追憶のシミターはネオテシスダンジョン「失われた記憶の博物館」の報酬、蒼穹のクレイモアはネオテシスダンジョン2「忘れられた天空の廃都」の報酬である。
これらの武器は何れも、同じ名前で大剣、刀、太刀と補正の違う武器が三種類あり、入手には運と根気が必要だ。
装備条件は、追憶シリーズはLv180のみ、蒼穹シリーズはLv200のみである。HACKを確保する必要がないため、大剣補正の追憶のシミター・蒼穹のクレイモアは真魔にとって非常に有用で、これがなければボリスはストーンニードルの威力を存分に発揮する事が出来ない。
ただし、ディレイが110%と遅い事が難点である。追憶シリーズの場合はさらに、アビリティスロットが1つしか作成できない。
しかしこれらの短所は、シミターもしくはヴリトラによる換装術を使うことで解決可能である。
その際は換装用武器を装備するために、シミターならHACK36、ヴリトラならHACK42を確保する事を忘れないようにしたい。また追憶のシミターの場合は、アビリティは知力を選択するべきである。
(HACKを取っていては本末転倒と思うかもしれないが、ヴリトラのHACK42と大剣のHACK80~90とでは雲泥の差であるため)
シミターの方が装備条件は軽いが、通常攻撃の射程距離がヴリトラよりも短い。ステに余裕がある場合はヴリトラの方が良いかもしれない。自分の好みに合わせよう。
魔剣スキルを使う場合の性能はメギスムマーヌスやスプリングマウントに劣るが、魔法スキルに関しては前述のディレイを除けば圧倒的に追憶のシミターや蒼穹のクレイモアに分がある。
魔法にこだわりたいのであれば、入手を目指してみると良いだろう。

▼お勧め狩場
黄泉路、混乱の洞窟8~9、影の塔17Fなど


Lv200~239

Lv200記念に真魔転向する人も多かったレベル帯。
ここで気をつけておかなければならないのは、通常の刀・太刀といった物理型と比べ効率、火力、計算式、狩りの仕方の全てが異なる事である。
効率を求めるならやはり高LV武器(モナインフェルノ~スプリングマウント)がお勧めだが、資産や見た目から好みの武器を選ぶとモチベーションも上がるだろう。

Lv200になると蒼穹のクレイモアが装備可能になる。
Lv165~Lv199の項に、追憶のシミターと併せて記述してあるので、詳しくはそちらを参照されたし。
行ける狩場がかなり増えるため、この頃までには良い装備を揃えれるように金策をしておくと良い。

▼お勧め狩場
混乱の洞窟9、エルラリウムダンジョン2~4、影の塔33Fなど


Lv240~

狩場は変わらずでも自分に合った狩場・スタイルを見つけて真魔ライフを快適に楽しむ事。
ストーンニードル&グラシアメインのボリスであればなんとあのシオカンヘイムにも進出できる。

Lv240になると覚醒クエストが受けれるようになる。
クエスト達成の利点はXien上限99→150、攻撃力上限7000→9999、防御力上限が4300にそれぞれ上昇する事。
その為クリアすると、それまで与ダメ最大7000だったスキルが最大9999まで上昇するので狩り効率が向上する場合もある。

▼お勧め狩場
クリスマスダンジョン3、デリンセヒル