※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Lv1~19

ルシアンはDEFが1ポイントで上げられる斬り型、イスピンはDEXが1ポイントで上げられる突き型での開始がそれぞれお勧め。
盾が装備でき、XIENの先行ボーナスでDEXとINT、あるいはDEFとINTを上げられるため、INT・DEF装備が充実していれば序盤かなり有利に進められる。

チュートリアルで新入生装備を手に入れたら、XIENの先行を変えよう。
ルシアンは疾風系先行がお勧めだ。疾風系は自動DEX・ランダムINTのボーナスである。
イスピンは大地系先行がお勧めだ。大地系は自動DEF・ランダムINTのボーナスである。(パンダ服やガム鎧があるなら最初から火炎系先行も良い。火炎系は自動INT・ランダムDEXのボーナスである。
まずは命中しないと話にならない為、ルシアンは疾風系のボーナスや手動で、イスピンは手動でDEXを上げよう。
また、ダメージを抑えるためにDEFも上げると良い。
命中するDEXを確保したら、火炎系先行にしてINTを上げるも良し、次の狩場を目指して疾風系先行や大地系先行のままDEX・DEFを上げていくも良し。
装備や資産と相談しよう。

パンダの着ぐるみや緑風船があればDEF確保の他にMRも取れるので予算があれば用意をしておくといい。
用意できない場合は、序盤では軽鎧よりも防御力の高い重鎧の方が安定した狩りが出来る。
軽鎧が主流になってくるのはDEF型でも防御力に余裕が出来てからだ。

通常攻撃は、モーションが短く、CIの短い「突き」「ステップイン」を使うのがいい。

ペットを早めに孵化させ、ペットスキルLv1の生命を取りHP確保しておくのも良い。
但し、この時点でペットを孵化させても、ペット経験値を稼ぐ事はクエスト以外ではまず出来ない。
また餌に困る場合もありえる為、レベル上げを急がない場合はもう少し待った方がいい。
課金できるなら「集中」「硬化」を取っておくと非常に役立つ。

NPC商店から餌箱が買えるようになった。


▼習得したいスキル
  • ルシアン
◇ウィンドスライス
INT依存の物理魔法スキルのため、命中が非常に高い。加えてモーションまで短いので、序盤ではほぼこれ一択である。
また、ディレイも物理スキルと同じ計算になるため、ステによっては中盤以降も大活躍する。
物理範囲スキルと魔法を両立するスタイルの場合、最後までこのスキルが主力となる。
(以下略称で、WS)

◇ライトニングボルト
単体攻撃スキル。攻撃の持続時間が非常に長いため敵を拘束できる。
ウィンドスライスに比べ、命中・威力で劣るが、射程距離が長く、ディレイも短いためレベルが低いうちはかなり使い勝手が良い。
発動直後から行動可能なため、序盤でも敵にとどめを刺すときはWSよりこちらをお勧めする。

◇ラグランジュ神速剣
ディレイを大幅に減少出来る優秀スキルであり、ディレイの多い序盤は大活躍する。
が、終盤は効果がかなり薄くなる。
Ver5.03よりクリティカル率大幅上昇の効果が付いた。
Ver6.44で前ディレイのカットもついた。
これにより最初から最後まで大活躍するスキルとなった。

◇スピードアップ
辻補助のお返しに使うと喜ばれるだろう。

◇円
範囲攻撃スキル。ただしHACK依存の物理技。
育成方針によっては範囲として採用できる。

  • イスピン
◇ストーンニードル
INT依存の物理魔法スキルのため、命中が非常に高い。
また、ディレイも物理スキルと同じ計算になるため、ステによっては中盤以降も大活躍する。
物理範囲スキルと魔法を両立するスタイルの場合、最後までこのスキルが主力となる。
(以下略称で、SN)

◇オルランヌの加護
自分のステータスを1.1倍(小数点以下切捨て)する自己補助スキル。
序盤はあまり効果を実感できないが、終盤は非常に強力なスキルとなる。

◇ブレス
チームメンバーのステータスを1.1倍(小数点以下切捨て)する補助スキル。
公平狩りをするときに味方にかけてあげると喜ばれる。
序盤はあまり効果を実感できないが、終盤は非常に強力なスキルとなる。

◇治癒術
自己回復スキル。
序盤ならば十分実用化可能なほどに強化された。
ステによっては終盤でも役に立つ。


狩り場は 祝福1 ~ 祝福2 ~ 囁きの海岸1 といくとスムーズにレベル上げができるのでお勧め。


Lv20~51


  • お勧め武器
新入生の刀、フランベルク、フランベルク改
※武器の削れ方が早い為パッチキット常備して小まめに修理するか、或いは面倒な人はペットスキルLv3の「硬化」を取ると良い。
フランベルクを手に入れたら魔法攻撃力を強化。
高魔攻補正をこの頃に狙うのも良いが、資金がないと厳しいので無理なのでダメージが抑えられる狩場でドロップ品拾い、レア狙いで少しでも金策をしておくと後々楽になる。

▼習得したいスキル
  • ルシアン
◇飛連破
範囲攻撃スキル、ただしSTAB+HACK依存の物理技。
育成方針によっては範囲技として採用できる。
スキル倍率が異常に高いため、物理攻撃力が低くても充分に役立つ。

◇召雷剣
範囲攻撃スキル。
魔剣スキルに見えるがSTAB依存の物理技。
育成方針によっては範囲技として採用できる。
クリティカル発生時に感電の効果があるため、背伸び狩りのお供に最適なスキル。
範囲技としてより補助技として使うことになるだろう。

  • イスピン
◇カウンタースピア
範囲攻撃スキル、ただしSTAB依存の物理技。
育成方針によっては範囲技として採用できる。
クリティカル発生時に発火の効果があるため、補助技としても優秀。
スキル倍率が異常に高いため、物理攻撃力が低くても充分に役立つ。


Lv52~104


装着アビリティについて、この時点では鎧の種類を問わず(下)鎧研磨がお勧めだ。
魔法耐性を付けたくなるかもしれないが、(下)で得られるMRは僅か+10のため、余り効果は得られない。
魔法耐性が効果を発揮するのは(中)(要求Lv120)からであるといっていいだろう。

この頃になると様々な装備に目移りするかもしれないが、効率を求めるなら武器はフランベルク一本である。
要求STABが低い上、ルシアン・イスピンの武器中で最速の武器ディレイを持つため、終盤まで十分役に立つ。

AGI型転向も視野に入る頃だが、安定した狩りを求めるならDEF型。
一方、AGI型は魔法攻撃の敵にも対応できるため、少し狩場が広がる。
またステAGIの効果により、クリティカル発生率が高くなるため、適正狩場であれば効率は伸びる。
ただし、魔キャラの難点でもあるHPの少なさで事故死も多くなる。
さらに、被弾時のダメージが大きいため、スキルキャンセルが発生しやすくなる。
ルシアンの初期型の突き型はAGIの初期必要ポイントが1であり、イスピンにはオルランヌの加護がある為、両キャラともにAGI型に向いているように思える。
しかしWSとSNのクリティカル倍率は1.5倍と低めであり、また盾のお陰で防御力には余裕があるため、無理にAGI転向を急ぐ必要はない。
終盤までDEF型で貫くのも一興である。

AGI転向の際は、軽鎧と火力装備が必要になる。
特に軽鎧は重鎧と比べ、市場価格が高い傾向にある。
AGI転向は十分な予算と計画が無ければお勧め出来ない。

  • お勧め武器
フランベルク
※武器の削れ方が早い為パッチキット常備して小まめに修理するか、ペットスキルLv3の「硬化」を取ると良い。後者は費用の節約にもなるのでお勧め。
無銘のフランベルクならば、アビリティ「疾風の刃」を装着する事で、武器ディレイを65%に低下させる事ができる。(フランベルク改では不可)
しかし疾風の刃の材料は高価なため、出来れば十分に魔法攻撃力が強化されたフランベルクに装着したいところだ。
今の武器の出来が不満なら、無理に急いで装着する必要はないだろう。


Lv105~124


Lv120になると鎧アビリティの魔耐(中)が装着出来る。
出来れば魔防が良補正の鎧に装着したいところ。

▼習得したいスキル
  • ルシアン
◇シルフカッター
範囲の多段攻撃スキル。
どう見ても魔法見えるがSTAB+HACK依存の物理技。
非常に威力が高く、風属性のためウィンドスライスのお供として採用しやすい。

  • イスピン
◇散花舞
範囲攻撃スキル、ただしHACK依存の物理技。
育成方針によっては範囲技として採用できる。

  • お勧め武器
ベルモア
※武器の削れ方が早い為パッチキット常備して小まめに修理するか、或いは面倒な人はペットスキルLv3の「硬化」を取ると良い。
ベルモアは合成回数1のため魔攻を強化しやすいというメリットがあるが、装備条件がSTAB70である事に加え、武器ディレイ75%とフランベルクよりも5%遅い。

アシュレッド
装備条件はそこそこ高いがクリティカルが12もある異常な武器。
AGI型であり、かつ物理範囲技と魔法を両立させるスタイルの場合はこの武器を使ってみるのも良い。


Lv125~164



Lv165~199

ファイヤーアロー(以下略称でFA)は一般的な魔法スキルであるため、物理魔法スキルであるWS・SNとは性質が異なる。
ディレイを縮めるためにはMR・魔防が必要な上、WS・SNに比べ多くのDEX・命中が必要である。
この頃になるとMRを多めに取ることで魔法のディレイを短縮し、FAを実用化するステも組めるようになる。
しかしMRを伸ばすとその分他のステが伸ばせなくなり、火力が下がったり狩場のランクを落とす必要が生じたりする。
物理魔法と比べ魔法スキルは硬直が短く、快適に狩りが出来るというメリットがあるため、自分に合ったスタイルで育成しよう。

Lv180になると鎧アビリティの魔耐(上)が装着出来る。
但しコストがかかる為、資金と相談して魔耐(中)に留まる人も多い。
※魔耐(中)と魔耐(上)は魔防10の差。

▼習得したいスキル
  • ルシアン・イスピン
◇ファイヤーアロー
両キャラ共通の単体攻撃スキル。
単体攻撃魔法のうち、命中やディレイでは劣るもののダメージ倍率が最も高い。
高MRステではこれが主力になる。

  • お勧め武器
メトゥラベルモア、追憶のレイピア(細剣)
メトゥラベルモアは魔攻が19もあり2回強化可能な武器である。SI魔剣型ではこれが主力となる。
追憶のレイピアはネオテシスダンジョン「失われた記憶の博物館」の報酬だが、同じ名前で長剣、細剣、刀と補正の違う武器が三種類あり、入手にはかなりの運と根気が必要だ。
追憶シリーズの装備条件はLv180のみでありSTABを確保する必要がない。細剣補正のものは魔攻20命中14と良好だが、ディレイ75%である点と、アビリティスロットが1つしか作成できない事が難点である。


Lv200~239


▼習得したいスキル
  • ルシアン・イスピン
◇がむしゃら
単体スキルを範囲化出来るため、非常に高い火力を叩きだせる。
ただし魔法のみではゲージをためるのが困難なため、ある程度物理スキルを織り交ぜていくと良い。

  • お勧め武器
ランベントライト
ソードアートオンラインタイアップイベで実装された細剣。
180武器にして装備条件がたったのSTAB100。2回も強化でき、魔攻も25とSI魔剣には破格と言える武器である。


Lv240~255

法師装備が装備できるようになるレベル。
入手を目指してみると良い。