※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Lv1~19

斬り型で開始した方がDEXが1Pで上げられる為にステDEXを取り易い。
但し、チュートリアルで貰える初心者武器がディレイが長めの斧なので早めに短剣を装備したいところ
新入生装備は期限付きだが、装備必要分のSHが必要無い為、ディレイが多少多くてもLv16までは†新入生の斧の方がステを確保し易い
或いは、突き型のサブを作成し、2PCまたは受け渡しによって†新入生の短剣を手に入れるという手もある
Ver5.10からはどの型を選んでも好きな武器がもらえるようになった。
現在のバージョンで入手できる新入生武器は無期限の代わりに10Lv武器程の補正しかない。

ステータス配分は取れるだけのDEXを取る。まずは命中しないと話にならない。
命中するDEXを確保したら、INTにもポイントを振る事で魔法攻撃力を上げられるが、どの型もINT・MRは初期必要P3であり、手動でポイントを振ることはお勧めできない。
そのためエレクトリックショック、ライトニングボルトのスキルを多く取り、電撃系先行のボーナスでINT/MRを上げていくことをお勧めする。
電撃系先行は氷結系先行よりもHPのボーナスが大きい。

パンダの着ぐるみや緑風船があれば、DEFとMRを大幅に確保できるので、予算があれば用意をしておくといい。
用意できない場合は、軽鎧よりも防御力の高い重鎧の方が安定した狩りが出来る(真魔ナヤの場合、スーツはお勧めできない)
軽鎧が主流になってくるのはLv52のペイドアーマーやLv75のピュリヘルアーマー辺りから(物理防御が最高補正の場合、スプリントメイル=ピュリヘルアーマー)
但し一部レベル帯においては軽鎧を装備した方がいい場合も有り(Lv20~Lv51参照)
Lv20になる前に、Lv16武器のスティレットの装備条件に合わせてステータス再配分を行うと、後々楽になる。


  • お勧め武器
†新入生の短剣
もう少し上位の短剣と比較すると若干ディレイは長いが、やはり装備条件がないのは大きい。

†スティレット
TW中最速のディレイを誇る武器。
強化すれば序盤から最後まで使っていける。カウル以降の魔法商店で魔力強化剤(中)が買えるので+3を2回出せば
INT11のスティレットができる。


▼習得したいスキル
◇ライトニングボルト
序盤の魔ナヤのメインスキル。
威力はアイスミサイルに劣るが、射程が範囲が長くディレイも短いためこちらの方が使い勝手が良い。
また、電撃系先行にするために習得はほぼ必須である。
ver4.55から命中ポイントが95になった。

◇アイスミサイル
命中ポイント95と魔法攻撃スキルの中で優秀なスキルの一つだったのだが、ライトニングボルトと命中ポイントが同じになったため使いづらくなった。
敵が状態異常にかかると凍結を起こすので凍結中は敵も攻撃出来ない状態になる。が、凍結中の敵はバグによりHP1で死なないことがあるので、実は割と使いづらい。
威力は高いので、なんだかんだいいつつも結局主力ではある。
なお、ver4.55以降も命中ポイントは95のままである。

◇ブラインド
敵を暗黒状態にする超便利スキル。
魔ナヤはDEXを確保しやすいので、公平狩りではカースやブラインドでの補助を中心にしたい。

◇忍術 木の葉隠れ
一定時間・一定回数、敵からの攻撃を一切受けない(完全回避スキル)となる。
但し前ディレイが長い為、余程被ダメージが大きくない狩場だと使用する機会が少なめになる。頻繁に使うようになるのは中盤あたりから。


Lv20~51

重鎧のLv20コインアーマーからLv28ブリガンダインまでは装備出来ない為、物理防御も然程変わらない軽鎧に変更した方が装備MRもあるので良い。


Lv52~104

軽鎧と比較して、物防10ほど上のスプリントメイルを装備するか魔防のあるペイドアーマーを装備するかに分かれる頃。
狩場ランクを上げるならスプリントメイル。魔法攻撃力を少しでも上げるならペイドアーマーにする人もいる。
※パンダの着ぐるみが用意出来るならペイドアーマーより物防・魔防共に上の為、鎧アビリティを装着するまではパンダの着ぐるみのままでも良い。

装着アビリティについて、この時点では鎧の種類を問わず(下)鎧研磨がお勧めだ。
魔法耐性を付けたくなるかもしれないが、(下)で得られるMRは僅か+10のため、余り効果は得られない。
魔法耐性が効果を発揮するのは(中)(要求Lv120)からであるといっていいだろう。

合成1のチンクエディアを装備したくなるところだが、装備条件のSTAB70のステ確保が厳しくディレイも劣る為、スティレットのままの方がステ配分が比較的楽になる。
武器の削れ方が早い為パッチキット常備して小まめに修理するか、ペットスキルLv3の「硬化」を取ると良い。後者は費用の節約にもなるのでお勧め。
スティレットは、アビリティ「疾風の刃」を装着する事で武器ディレイを40%に低下させる事ができる。
しかし疾風の刃の材料は高価なため、出来れば十分に魔法攻撃力が強化されたものに装着したいところだ。
今の武器の出来が不満なら、無理に急いで装着する必要はないだろう。

AGI型転向も視野に入る頃だが、安定した狩りを求めるならDEF型。
AGI型は魔法攻撃の敵にも対応できるため、少し狩場が広がる。
またステAGIの効果により、クリティカル発生率が高くなる。
ただし、魔キャラの難点でもあるHPの少なさで事故死も多くなる。

AGI転向の際は、軽鎧と火力装備が必要になる。
特に軽鎧は重鎧と比べ、市場価格が高い傾向にある。
ナヤトレイはAGI型が向いているキャラだが、AGI転向は十分な予算と計画が無ければお勧めは出来ない。

AGI型にする場合、突き型にしないとステ振りがきついので気をつけること。
さらにステINTもあまり確保することができない。
高火力装備が必須である。

▼習得したいスキル
◇忍術 爆
クリティカル時に敵を発火させる魔ナヤの擬似範囲スキルその1。
消費が激しく、コストパフォーマンスは悪いが投爆程ではない。
目的は発火のみのため、適度に撒いたらガシガシ狩っていこう。

◇忍術 投爆
フィールドを燃やして、燃えているフィールドを通過する敵にダメージを与え、さらに発火状態にする魔ナヤの擬似範囲スキルその2。
ポイズンより使いやすく強力だが、フィールドを燃やすたびにファイアーフラスクをひとつ消費するため、コストパフォーマンスが悪い。
ついつい調子に乗ってあたり一面を火の海にしてしまいそうになるが、できれば2つか3つ撒いておく程度に抑えておこう。
敵に囲まれたときは敵をこのフィールド内におびき寄せ、ちょくちょく移動して敵にダメージを与え、魔法攻撃で確実にとどめを刺していこう。
※投爆のダメージで敵を倒してしまった場合、経験値が一切入らないので、手裏剣などの範囲技を1つは覚えておき、少しでも敵にダメージを与えておくようにすると良い。

◇忍術 影縛り
敵に囲まれなくするための必須スキル。MOB1体を殴って縛った相手を遠くから一方的に攻撃することで安定した狩りができるかも。
また相手MRに関係なく自分のMRによって持続時間が決まるのでパララシスやフリーズよりも使いやすい。


Lv105~124

Lv120になると鎧アビリティの魔耐(中)が装着出来る。
出来れば魔防が良補正の軽鎧に装着したいところ。

単体狩り場であれば、この頃から木の葉ステにするという手もある。
前ディレイが残っていても、MRが合計100程度あれば十分狩れる。レジストPがあれば更に安心。

▼習得したいスキル
◇ポイズン
敵を中毒状態にする。火力が低いうちはそれなりに重宝する。

◇カース
敵のステータスを10%下げることが出来るためかなり役に立つスキル。火力の底上げにどうぞ。
しかしコレを使うような狩場に行くぐらいなら、狩場ランクを落としたほうがいいかもしれない。

Lv125~164

まだこの頃木の葉は前ディレイが残るので、装備魔攻が十分確保できていればAGI型ステがいいだろう。

▼忍術 木の葉隠れの前ディレイが装備MR+ステMR=合計MR200~225で消えるようになる。
(疾風アビリティを装着して武器ディレイ-5が条件となる。疾風アビをつけたスティレット装備でMR合計200で前ディレイ消し。同アビ装着のチンクエディア装備でMR合計225で前ディレイ消しとなる)

▼お勧め武器
†チンクエディア
合成回数1のため魔攻を強化しやすい。装備する分のSTABを取るにはLv中盤後期の方がステ的にも比較的楽になる。
ただし現状ではカードなどの優秀な強化アイテムが存在し、スティレットの方がお手軽で強力なのであまりオススメは出来ない。


Lv165~199

この頃から忍術 木の葉隠れの前ディレイ消しが可能。
装備によっては狩場ランクがかなり落ちる場合もあるので、無理に陣を消す必要はない。

Lv180になると鎧アビリティの魔耐(上)が装着出来る。
但しコストがかかる為、資金と相談して魔耐(中)に留まる人も多い。
※魔耐(中)と魔耐(上)は魔防10の差。

▼お勧め武器
†追憶のダガー(短剣または短刀)
追憶のダガーはネオテシスダンジョン「失われた記憶の博物館」の報酬だが、同じ名前で短剣、短刀、斧と補正の違う武器が三種類あり、入手には多少の運と根気が必要。
追憶シリーズの装備条件はLv180のみでありSTABを確保する必要がない。短剣補正または短刀補正のものは魔攻20命中15と良好だが、ディレイ55%である点と、アビリティスロットが1つしか作成できない事が難点である。
上記の理由により、現状ではスティレットを愛用する人が多いようだ。追憶ダガーを使うのであれば、換装による物魔両刀ステが良い。


▼習得したいスキル
◇忍術 影縛り
前後ディレイ消しステならば、このスキルで敵を足止めしつつ狩りが出来る。

Lv200~239

装備によってはハゼに進出可能になるレベル帯。
範囲スキルを補うため、是非3次スキルのがむしゃらを習得しておきたい。

▼習得したいスキル
◇がむしゃら
単体スキルを範囲化出来るため、非常に高い火力を叩きだせる。
ただし魔ナヤではゲージの維持が困難・・・のように思われるが下記の心を使うか、蒼穹のスティレット(斧)でコンボを
組みながら戦えばある程度維持することが可能。

◇心
スキルLv1で使用するのが前提である。
射程が長い上にモーションが非常に短く、3次スキルのゲージを大幅にためられる超優良スキル。
適度にライトニングボルトと織り交ぜて使えば攻撃を途切れさせる事なく範囲攻撃し続ける事が出来る。

▼お勧め武器
†蒼穹のスティレット(短刀または斧)
追憶のダガーはネオテシスダンジョン2の報酬だが、同じ名前で短剣、短刀、斧と補正の違う武器が三種類あり、入手には多少の運と根気が必要。
装備条件は200LvのみでSTABを確保する必要がない。実装当時は3種類ともディレイが65%でとても遅かった。しかし現在では短刀と短剣はディレイ
が55%になった。斧はディレイはそのままだが、コンボを繋ぐ事ができる。がむしゃらを維持しながら戦うには心を打つか、コンボを組みながら
戦うかの2通りだと思われる。もちろん手裏剣である程度のダメージが叩きだせる。
また現在サンスル品以上の装備はINT補正こそ低いが他補正が全体的にあがるので、範囲は手裏剣、単体はIMなどの戦いができる。その場合、3次スキルは、がむしゃらではなくスコープアイか絶対領域をお勧めする。

蒼穹の魔導師シリーズ
兜、鎧、背中、手、靴の内3種類装備すればセット効果でINT+24されるので素晴らしいコストパフォーマンス。
値段がそこそこ安いのでインクリして強化するのも一考か?
ウィンキー、蒼穹のジェストコールR、グリッド、蒼穹のバングルR、蒼穹のブーツRの構成がお勧め。

Lv240~

INT255カンスト、忍術 木の葉隠れの前後ディレイ消しが出来るステが難無く組めるレベル帯。
良装備ならそのまま沼に進出する事も可能。

魔ナヤで上を目指すなら以下の装備を集めるといいかもしれない。
I13Dリン、I19京劇、I12P護符、I8越後屋、I6虎、I18無限のこま
スティレットと称号、ウィンキー合わせて約110もあれば十分か。
これだけあれば、並の灰テチ程度のDPSを得ることが出来る。

もっと上を目指すならI26長門帽子、I16次元の指輪、I26京劇、I15法師の靴、I12虎、I41真・絶対権力の玉璽など
上はまだまだいるのでそれを目指すといいんじゃなかろうか。

最近は装備のインフレが激しく上位の狩場も視野に入れることができるのでINT255ステはあまりお勧めしない。
デリンセヒルくらいまでならSTAB20 INT140 MR80 DEX255 AGI200くらいのステで十分戦える。

狩場にもよるが単体ONLYならINT255ステ、デリンセヒルやシオカンヘイムなどを視野に入れるなら上記のようなステに
するといいだろう。


Lv240になると覚醒クエストが受けられるようになる。
クエスト達成の利点はXien上限99→150、攻撃力上限7000→9999、防御力上限が4300に上昇。
真魔ナヤには恩恵がほぼないが、覚醒エフェクトをつけたいなら挑戦するのも良い。