|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

文化祭・後編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クルーがティーとデートもどきをしている頃。

レンシー一行は射的やヨーヨー釣りが並ぶ縁日コーナーに来ていた。
タイニーのために食べ物を買うためである。
そして、タイニーが右手に綿菓子、左手にリンゴ飴を持って、
屋台が所狭しと並ぶ道を意気揚々と歩いているときに――ある角でタイニーが突然歩みを止めた。
「あ・・・」
「ん? どうしたタイニー?」
「あの金魚がなにか訴えてるんだ」
少女が目を向けた先にいたのは、青い水槽の中で泳ぐ赤色の魚の群れだった。
「へぇ、興味深いな。あの金魚たちはなんて言ってる?」
レンシーの問いにタイニーはしばし考える動作をした後、
「元の場所に戻して、って言ってる。」
少しだけ、悲しそうに答えた。

「ほら、これしか捕れなかったけど・・・」
「いや、十分さ、チェイン」
チェインがタイニーに渡したのは、
二匹の金魚が入っている水入りのお粗末なビニール袋だった。
「ごめんな。僕のこんな我が儘に付き合ってくれてさ」
すると、レンシーはタイニー頭の上にポンと手を置いて、
「いやいや、あなたはレディーなんですから。我が儘は何でも聞きますよ?」
キザったらしく言った。

+++

三人は学校から離れてしばらく歩いていると、道の脇に、落ち葉が浮いている小川が流れていた。
「ここに流しても大丈夫かな?」
「この小川は不衛生じゃないはずだが・・・」
「じゃあ、もしこの金魚が死んじゃったら、チェインのせいだね」
「何でだよ!」
タイニーはその言葉にケラケラと笑いながら、ビニール袋のふちをとめていた紐をとり――そっと、小川に金魚を放した。
「もとに場所には戻れないかもしれない、でもさ・・・」
「少なくとも、あの狭い水槽の中から脱出できたね」
金魚は流れに沿うようにスイスイと泳いでいく。
「僕さ、時々小人の力をどう使ったらいいかわからなくなるんだけどさ・・・」
タイニーは振り返り、チェインとレンシーを見ながら、
「こういうときに活用すればいいんだよね?」

+++

ありがとう。ありがとう。

僕達は今自然に浸ってるよ
仲間も一緒だよ

ありがとう。ありがとう。

僕達は今自由だよ。
仲間も喜んでるよ。

『アリガトウ』。
この言葉しか、僕達は感謝の言葉を知らない。

+++

妖精界立第一高等学校の文化祭も終盤を向かえ、
正門へ向かう人々が増えてきた頃。
クルーとティーは並んで歩いていた。
はたから見れば、お似合いのカップルだが、本人達のもちろんそうではなく。
しかも、レンシー達と別れた後二人でした事といえば、お化け屋敷でお約束の事、ではなく一緒に模擬店のアイスを食べた事、でもなく「どこに行きましょうか?」「んー。ブラブラ歩かない?」等の短い会話を交わしたくらいだった。
つまり、彼らはレンシーの気遣いもむなしく、何も進展していないのである。

二人は、ティーの提案で、屋上へ向かっていた。
もう夕方に近いこともあり、屋上に着くと目の前に広がっていたものは・・・
「綺麗な夕日だね・・・」
「本当ですね。やはり空気が澄んでいるからでしょうか?」
二人の目と鼻の先には、触れてしまえそうなくらいの、赤赤赤。
「ねぇ、クルー。そういえば私さ、ちゃんとお礼できてないよね」
ティーはクルーと向き合った。
「まともなデートになってなかったし・・・」
「それは仕方ないですよ。先日のこともありますし・・・」
「ははは・・・そうだね・・・」
二人は再び赤いソレへと目線を戻す。
しばらく、無言の時間が過ぎた後。
クルーの手になにかが滑り込んだ。

白く、細い、ティーの手だった。

「え、ティー?」
「いいじゃん、今は『デート』中なんだからさ」
ティーはクルーの手を握りながら言った。
「・・・はい・・・そうですね」
クルーはしっかりと、ティーの手を握った。

「今だけは、貴女との二人の時間に酔いしらせてください」

そして、ティーがふと隣を見ると、クルーの顔には、赤赤赤。
ティーは、相変わらず、と呟いて、少し笑った。

+++

この日、彼らは、お互いに少しだけ、歩み寄ったのだった。
そして、それが最終的に、どんな結果になるかは――

――まだ、誰も知らない。

                          それはひとつの過去から 文化祭編 End...