用語辞典【ま】

用語辞典TOP→

】【】【】【】【】【】【ま】【】【】【】【英数字】【英数字2

マージナル【まーじなる】

OSTER projectのOSTER氏によって制作された、初音ミクオリジナル楽曲の一つ。
Project DIVAの書き下ろし楽曲の1つであり、発売のおよそ半年前に公開された。
「マージナル」とは「境界線」という意味で、特定のカテゴリに所属できない苦悩と、自分は自分の道を進んでいくという前向きな思いとを綴った歌。
歌詞には色に関連するフレーズが多く、同作者の作品である ミラクルペイント を連想させる。
DIVAでは表示難易度の割に譜面の配置が少々いやらしく、背景の明滅でターゲットアイコンが見づらくなることも相まってGREAT取りに苦戦したという声がちらほら見受けられる。
2ndでも引き続き収録されており、F2ndではDLCとして登場している。
DIVA ACではHARD、EXTREMEともにクリアは難しくないが、達成率上げになると苦労する曲として知られている。

マニピュレーター【まにぴゅれーたー】

いわゆる調教者。本作品においてミクの歌声の調整を行う者を指す。
通常は楽曲作成者が兼任するが、ボーカロイドPではない畑亜貴神前暁の両名が作詞・作曲した楽曲では、Otomania氏が2曲、デッドボールPヤスオPがそれぞれ1曲ずつ、ミクの調教を担当している。

右肩の蝶【みぎかたのちょう】

水野悠良氏が作詞、のりぴー(のりP)が作曲・編曲をした鏡音レンオリジナル曲。鏡音リンのバージョンもあるが、DIVAではこちらのレンバージョンを指すことが多い。
ロックとテクノを複合したような独特の曲調で、少し大人びた歌詞が人気を集め、先に投稿されたリンバージョンと共に100万再生を超えている。
DIVAではこちらの鏡音レンオリジナル曲が収録されているが、先に投稿されたのは鏡音リンバージョンである。また、レンバージョンではバックコーラスにリンが、
リンバージョンではバックコーラスにレンが使われている。また、曲のアレンジも異なり、後半になるとその違いが顕著に現れている。
1番と2番の間奏のブレイク部分の歌詞が絶妙に崩されている関係で聞き取り辛く、この部分に関しては様々な空耳、またはアレンジで表現・歌唱されている。
DIVA2ndにおいて鏡音レン曲として登場しているほか、鏡音リン・レン生誕祭に合わせて、後にDIVA2ndDLCにおいて「ミクの日感謝祭」での右肩の蝶を基にした
「右肩の蝶 -39's Giving Day Edition-」が登場した。こちらは本編に収録されている右肩の蝶とは異なり、ライブ音源を使用しているため、
観客の声や掛け声なども聞こえる他、リンもPVに登場している。また、譜面も通常のDIVA2nd収録の右肩の蝶と若干異なる。
DIVAextendにおいては2ndDLCの本編収録という形で「右肩の蝶 -39's Giving Day Edition-」が収録されており、バージョン違いとはいえ、再録を果たしている曲である。
EXTREMEでは弱連打、刻み連打を巧みに使用した難譜面となっているので、生半可な腕では曲に付いていけない。曲をじっくり聞き込んでから挑むことをオススメする。

ミクうた、おかわり【みくうた、おかわり】

正式名称は「初音ミク -Peoject DIVA- 追加楽曲集デラックスパック1 ミクうた、おかわり」
初音ミク -Peoject DIVA-用の9曲の追加楽曲に「*ハロー、プラネット」のゲームが付いた追加DLC。PS Storeのみで購入可能。
追加楽曲はエデイットモードでプレイできる。元々Project DIVA自体がDLCを考慮して作られた訳ではないのでそうならざるを得ない。
なお、追加楽曲の中で「裏表ラバーズ」「歌に形はないけれど」「SPiCa」「パズル」「*ハロー、プラネット。(I.M.PLSE-EDIT)」
に関してはextendに、「二息歩行」はF2ndに、若干音源のアレンジ・変更などはあるが、新たにPVを加えて収録されている。
「1/6 -d2 mix-」に関しては、別アレンジの「1/6 -out of the gravity-」が、fにライブ楽曲として収録され、AC版DIVAでは、ニンテンドー3DSソフト「初音ミク Project mirai 2」からの移植という形でリズムゲームとして収録されている。

ミクダヨー【みくだよー】

初音ミクの着ぐるみから派生したキャラクター。
元々はニンテンドー3DS用ソフト「初音ミク and Future Stars Project mirai」の販促用に作成された、ねんどろいど初音ミクの着ぐるみ(正式名称は「初音ミクの着ぐるみ1号」)であり、2011年9月17日に「東京ゲームショウ2011」会場で初登場した。
しかし、下膨れな顔や独特な動きなど、ミクとは似ても似つかない存在感を放っていた事からネット上で話題となり、様々なコラージュ画像等も作成された。
いつしか「ミクダヨー」の通称で呼ばれるようになり、公式にもこの呼び名が定着し、独立したキャラクターとなった。
商標登録は、SEGAクリプトンとグッドスマイルカンパニーが共同で出願している。
その威圧感からか、SEGAの公式サイトでは 「あのお方」 等とも呼ばれて恐れられて(?)いる。
グッドスマイルカンパニーからねんどろいど化が発表され、 ねんどろいどを基にした着ぐるみがねんどろいど化する という異例の事態となった。
2012年冬には、不二家とのコラボレーションによる「ミクダヨー ポップキャンディ」がファミリーマートで販売された。
そしてDIVAFにて、頭の上に乗せる「ミクダヨー(ミニ)」と、顔全体を覆う「ミクダヨー」の 2種類のカスタマイズアイテムとして登場を果たした
特に「ミクダヨー」は必要DPが 393939DP と高額である上、その凄まじい存在感から、装着すると あらゆるPVがカオスと化する
F2ndでは、DLCにてとうとう モジュール化を果たす
PVではフレームに収まらない、めり込みといった現象があらゆる場面で発生し、カスタマイズアイテムを上回るカオスが待っている。
なお、XでもDLCにてモジュールになっている。ライブクエストモードでは使用できず、フリープレイのみでの使用となる。

ミクナノー【みくなのー】

SEGA製作の初音ミクの着ぐるみ「初音ミクの着ぐるみ2号」の通称。
「初音ミクの着ぐるみ1号」(ミクダヨー)はねんどろいど体型であったが、こちらは通常のミクの体型である。
2012年8月29日に開催された、DIVA f発売記念前夜祭イベント「夏の終わりの39祭り」にて初登場した。
ミクダヨーがほぼ完全に独立したキャラとなったのに対し、こちらはミクの着ぐるみとしても扱われている模様。
DIVA F2ndにてスキンとして登場している。

みくみく菌にご注意♪【みくみくきんにごちゅうい】

はややPによって作詞作曲された初音ミクオリジナル楽曲。
可愛らしい歌と中毒性の高いフレーズでみくみく菌に感染する物が多発した。その影響は計り知れないほど大きいと言えよう。
その爆発的な感染速度をパンデみっくと呼ぶものもいる。


みくみくにしてあげる♪【みくみくにしてあげる】

ika_mo氏によって作詞作曲された初音ミクオリジナル楽曲の一つ。初音ミクオリジナル曲ミリオンヒット達成曲の一つであり、2012年8月30日には、ニコニコ動画のボーカロイド楽曲で初の1000万再生を達成した。
名実ともに初音ミクを代表する曲であり、ボーカロイド界隈で「みっくみくにしてあげる」というフレーズを知らぬ者は皆無に近い。現在でも折に触れては方々で引用され続け、今なお大きな影響力を持つ。実に偉大な存在であると言えよう。
2012年10月には、ロングバージョンの「みんなみくみくにしてあげる♪」が投稿されている。
初代DIVA、2nd、fのライブモード、F2ndにて収録されている。
F2ndではPVが大幅に変更されており、バックダンサーとしてはちゅねミクも登場。
初代DIVAの全モジュール紹介動画及びF2ndの全新規モジュール紹介動画に使用されている。

ミクラーメン【みくらーめん】

ミクラーメン誕生の経緯・・・何も言うまい。

ミクルーム【みくるーむ】

初音ミク達が自由に過ごす空間。バラエティ豊かなルームスタイルと、大小様々なグッズを配置することが可能である。また、本ソフト収録曲やメモリーティック内のMP3データをBGMとして使用可能。
ファンにとってはミクの アホの子ぶり が観察できるなど、見ていて飽きない機能である。
2nd以降はDIVAルームとなり、ミク以外にもリン・レン・ルカ・カイト・メイコ・ネル・ハク・咲音メイコにもそれぞれ専用のルームが設けられた。
また、レイアウトや機能、発生するイベントなどの機能も大幅に追加されている。

水着マラソン【みずぎまらそん】

各キャラクターのスイムウェアモジュールを出す為に全曲プレイを行う、あるいはそれを繰り返す事。水着行脚【みずぎあんぎゃ】と言う人も居る。ミク・リン・ルカ・メイコについてはモチベーションの維持がしやすい様だが、レン・カイトについては最初から無視する者、道半ばで断念する者、途中で何かに目覚めてしまう者などが多いという。
それはさておき、 なぜハクとネルの水着が無い!

…という声がSEGAに多数寄せられたかは定かではないが、DIVA2ndでは弱音ハク・亞北ネル・咲音メイコ含む全員に新規でスイムウェアモジュールが追加された。
また、条件も緩和されており、使用モジュールに関係なく全員分の水着がショップに解放されるようになった。

緑の悪魔【みどりのあくま】

一部業界で付けられている初音ミクの別名。
ミクを使用したグッズや商品は、いわゆる「業界の常識」に従った量で生産・販売を行った場合ほぼ100%発売と同時に 瞬殺 され、おそるおそる再生産・再販を行うと大抵それも 瞬殺 される。小売店も追加発注をするが、メーカー側に在庫自体が残っておらず、結果的に売り手側の機会損失という事態に陥る。
メーカー・流通の思惑をぶっちぎって非常識に売れて行く事から、発注量・生産量の「読み」がまったく出来なくなり、『なにか変だ』『こんなに売れるハズが無い』『追加生産しても在庫が残ったらどうしよう』等々、関係者を懊悩の深淵に叩き込む悪魔的存在としてこの名が付いたようだ。
火色の巨竜と対を成す、どこぞの巨大モーターヘッドとは別に何の関係もない。


ミラクルペイント【みらくるぺいんと】

OSTER projectのOSTER氏によって制作された、初音ミクオリジナル楽曲の一つ。氏の曲にイラストを提供している友人への感謝をこめて制作された。友人より提供された可愛らしいイラストもさる事ながら、ボーカロイドにスキャットをさせるという高い技術でも話題を呼んだ。二次創作の動画も非常に多く、歌って見た系、演奏系、PV系等と多岐にわたる。また、2009年のエイプリルフールネタとして題名が 「ドナルドペイント」 に変更された事があったが、それを翌日 本当にOSTER氏本人が作って投稿してしまった という衝撃的な事件もあった。
初代DIVAと2nd、F2ndに収録されている。
F2ndでは、PVでキャラがステッキを持つようになっており、ステッキダンスを行う。
オススメモジュールには、初代DIVAの頃から本楽曲にぴったりとされていた、平原健時氏によるピアプロ採用作品の「マジシャン」が設定されている。
fではライブ楽曲として収録されており、Xでは「はじまりのメドレー ~プライマリーカラーズ~」のうちの1曲として登場している。
これらも含めると、XまでのProject DIVAシリーズでは、チュートリアル曲のIevan Polkkaに次ぐ収録回数の多さを誇る楽曲である。

結ンデ開イテ羅刹ト骸【むすんでひらいてらせつとむくろ】

ハチ氏によって作詞・作曲された初音ミクオリジナル曲。
和風のおどろおどろしい曲調と歌詞の反面、無邪気なミクの歌唱が曲の雰囲気を際立たせている。
この曲のテーマは「違和感」と「無邪気」であり、なんでもない、それでいて混沌とした日常を綴る曲である。
歌詞と花札をモチーフにした原曲動画のPVは決して「非日常」などではなく、「ありふれた日常風景」を描いており、現代社会を風刺している。
DIVAextendにおいては、原曲の表記「結ンデ開イテ羅刹ト骸」とは異なり、「結んで開いて羅刹と骸」というように、カタカナ表記の部分がひらがなで表記されている。
これは、提供された音源がCD版(ハチ氏のアルバム「OFFICIAL ORANGE」に収録)のものであったことに由来するとの事。
また、この曲とセットのモジュールとして、原曲PVのミクの衣装にアレンジを加えた「ラセツトムクロ」が収録されている。

巡音ルカ【めぐりねるか】

2009年1月30日にクリプトン・フューチャー・メディアから発売されたキャラクターボーカルシリーズシリーズ第三弾の音声合成・デスクトップミュージック (DTM) ソフトウェアの製品名、およびキャラクターとしての名称。
  • ソフトとしての巡音ルカ
声質のコンセプトは「ムーディーかつハスキーな女声」。音声ライブラリは声優の淺川悠が担当。最大の特徴は英語の歌も歌えることである。初音ミクより前に日英バイリンガルのボーカロイドの企画はあったが、スケジュールの都合で3作目となった。英語用のライブラリも搭載しているのでデータベースの総容量は3GB以上とこれまでの製品では最大。声質は調整次第では大きくその印象を変え一部から 七色の声 とも言われる。

  • キャラクターとしての巡音ルカ
これまでと同様キャラクターの背景設定についてはクリプトンからは発表されてはいないが、公式ブログ上で発売前にコンセプトや得意ジャンルや声などの説明を載せるといった試みが行われた。これは、既存のボーカロイドの創作によるキャラクターのネタキャラ化が進み ガチ曲ネタ曲 のバランスが悪くなるのではという懸念によるもの。
またキャラデザインも、18禁系の創作に使われてしまうリスクを考慮し、肌を真っ白にすることで生命力が弱いような印象や冷たい印象を作っているという。ただし公式で 巨乳
例によって 持ち物・好物の論争 も起き冷凍マグロ等、一部では過熱化する様相を呈したが特に決まらず、2009年2月にPIXIVに投稿されたイラストに描かれたデフォルメキャラの たこルカ が定着し、騒動は鎮静化した。このキャラクターの確立以降、ネタ面の多くは たこルカ が別キャラとして受け持つような形に落ち着き、クリプトンも「想定外ですが、斜め上かつすごくかわいい」と概ね好意的に見ている。
ちなみに、たこルカは2nd収録曲ダブルラリアットのPVへ出演、冷凍マグロはエディット時にアイテムとして持たせる事ができる。
冷凍マグロ片手に手を振り踊るルカの姿はかなりシュールな光景なので一度は見てみよう。

メテオ【めてお】

じょん氏が作詞・作曲した初音ミクオリジナル曲。
星の降り注ぐ夜の物語を美しいメロディに乗せて歌った楽曲で、8分以上にも及ぶ大作であるが、長さを感じさせないききいるミクうた。
当初は2011年3月11日夜公開予定だったが、東北・関東大震災の発生を受け、9日後に歌の中の物語を一部修正した上で公開された。
後にセルフカバー版も発表されている。
DIVAF2ndでは、じょん氏の手によって約3分半に編集されて収録されている。
PVは2D演出が主体の、絵本のような映像となっている。
また、間奏部分のリズムゲーム譜面ではスクラッチの☆が飛び交い、原曲PVの雰囲気が再現されている。
対応モジュールは、原曲PVを手掛けたSOE氏による 「メテオちゃん」 「メテオライト」。長い袖が特徴。

メランコリック【めらんこりっく】

junky氏によって作詞・作曲された鏡音リンオリジナル曲。
タイトル名の素直になれない女の子の心をタイトルのメランコリックの意味とは反対に元気で可愛らしく歌っている。
作者曰く曲の意味は・・・


好き!!・・・とか私から言えるワケないでしょ>///<
だから気付いてよーっ;;;///


という意味らしい。
モジュールの「メランコリー」はPV内のリンがモデルでカラーはDIVAfオリジナルである。
姉妹曲として「トゥインクル」がある。

メルト【めると】

supercellのryo氏によって作詞作曲された初音ミクオリジナル楽曲。 みくみくにしてあげる♪ に次ぐ人気を誇り、マイリスト登録数も総合4位の成績と、ボーカロイドを代表する曲と言っても差し支えない。
明るいピアノをベースに、16歳の恋する女の子の気持ちを表現した 恥ずかしい 爽やかな楽曲。初音ミクの登場しない独立した世界観を持つという、まだミクのキャラクター性を前面に出した曲が多かった当時においては珍しい曲、以降のミクオリジナル曲にミクというキャラに囚われない普遍性のあるテーマがある作品が増加する要因ともなった。それ故にニコニコ動画において、多くの歌い手にカバーされ、歌詞を変えてみた曲なども多く投稿された。一時はニコニコ動画の総合ランキングを関連動画で埋め尽くし、「メルト祭り」「メルトショック」とも言われたほど。
2009年7月13日にバンダイナムコゲームス(旧ナムコ)にて稼動した 太鼓の達人12 増量版 でボーカロイドの楽曲として唯一収録された。業務用(アーケード)の音楽ゲームでボーカロイド曲が採用されたのはこのメルトが初めてであり、今後他社の音楽ゲームでの収録にも期待される。
余談であるが、動画内で使われている絵はsupercellの元メンバーである119氏の描いた物を借りたもので、本来はメルトに対して作られたものではない。
DIVAf2ndにて一新されたPVを手に、再び収録曲に返り咲いた。フリープレイの第一曲目に設定されており、ryo氏の楽曲がフリープレイのトップバッターを飾るのは初代DIVA以来の2回目である。

太鼓の達人12 増量版でのプレイ動画

モジュール【もじゅーる】

ProjectDIVAにおいて、ミクの外見を決定しているもの。一般には衣装とかコスチュームとか呼ばれる類のものであるが、「バーチャルアイドル初音ミク」という「システム」を構成している交換可能な一要素、という意味合いを込めてモジュールと呼ばれているのであろう。ProjectDIVAのやりこみ要素の一つであり、中にはミク以外のキャラクターもモジュールとして収録されている。
最初のうちはデフォルト以外選択できず、フリープレイで条件を満たしていくことで各曲ごとに決められたモジュールが使用可能となってゆく。解禁条件は多くの場合、特定の難易度で規定のコンボ数・クリアランク・プレイ回数などを達成すること。難易度が高い曲だと、初心者にはかなり敷居が高い場合もある。
余談だが、他所から入手したエディットデータに自分がまだ解禁していないモジュールが使用されていても、そのエディットデータを鑑賞する時に限り解禁前の該当モジュールを見ることが可能である。

2nd以降は入手方法が特定楽曲をクリア(一部の例外を除き基本的にnormalで可。使用モジュールは問わない)してショップに解禁し、ポイントを用いて購入する形式に変更されたため、敷居は下がったといえる。


もっとおかわり【もっとおかわり】

正式名称は「初音ミク -Peoject DIVA- 追加楽曲集デラックスパック2 もっとおかわり、リン・レン ルカ」
「ミクうた、おかわり」と同様に初音ミク -Peoject DIVA-用の追加楽曲集だが、こちらはタイトル通り鏡音リン・レン及び巡音ルカの歌う楽曲にトエトのゲームが付いた追加DLC。PS Storeのみの販売となっている。
なお、追加楽曲の中で、「Palette」「那由他の彼方まで」「ルカルカ★ナイトフィーバー」に関してはextendに、「紅一葉」はDIVA Xに、若干音源のアレンジ・変更などはあるが、新たにPVを加えて収録されている。
その他、AC版DIVAでは、「No Logic」が、ニンテンドー3DSソフト「初音ミク and Future Stars Project mirai」からの移植という形で収録されている。

モノクロ∞ブルースカイ【ものくろぶるーすかい】

のぼる↑氏が作詞・作曲した初音ミクオリジナル曲。
「人生に行き詰った時はいつも青空を見て元気を出してました。」と作者コメントにあるように、聴くと前向きになれるような歌詞が特徴。
DIVAfに収録され、PVは学校を舞台としつつ幻想的なものとなっている。
カラーのミクとモノクロのミクが登場するなど、これまでになかった新たな表現が用いられている。
対応モジュールは、原曲PVを手掛けたNidy-2D-氏による「ディープスカイ」。


| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|