|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

史無国 弐

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

史無国 弐


数十分後、三組の親子は、一際大きな広間に通された。
奥には少し高い段が設えてあり、その上には華美な椅子と長机が置いてあった。
六人は机の向かい側に直立した。
間もなく、初老の男性が一人、入ってきた。
六人は、男性に向かって膝を折った。
はずだった。

「ちょ、エルムッド、何やってんだよ?」
「……え? ……ああ、そうか」

どうやらエルムッドはまた呆けていたらしい。
セリックに促され、ようやくエルムッドは膝を折った。
初老の男性はそれを微笑みながら言った。

「いまさらではないか、のう? エルの呆けぶりは」
「……申し訳ありません、公爵様」

エルムッドの父が首を垂れる。

「よいよい。形式的なことが嫌いじゃからのう、そっちの方が気が楽でいいわい、ほっほっほ」

侯爵はひげを揺らしながら笑う。
エルムッドはいまだに何が起こっているかわからない様子で、やり取りを見ていた。

「して、今日はどういう用件か? 大体の見当はついて居るが」
「はい。この度は、私たち三人の息子が19歳になりましたので、ご挨拶に参った所存です」

テレシスの父が言う。

「レイムッド・ヴァンディールが第一子息、これにエルムッドだ」
「クラムディン・フォンベルグが第二子息、これにテレセリノスでございます」
「ティタルニア・エレナーデが第二子息、これにシャムロックです」

三人の父親が次々に言う。
それにならって、エルムッドら三人も礼をした。

「ほっほっほ、今更じゃのう。とっくの昔より知って居るではないか。
エルもテレシスも、セリックもな」
「ですが、一応は形式を……」
「じゃから言ったじゃろう? わしは形式的なことが嫌いじゃと、な」

公爵は、その柔らかい言葉の中に、有無を言わせない威圧を含ませていった。
ようやく諦めたのか、レイムッドは公爵に近づきながら言った。

「本当に久しぶりだ、クォリアス。およそ一年ぶりか。息災だったか?」
「ほっほっほ、以前よりは、年をくった感じはしよるがのう。が、息災じゃて」

エルムッドら子供組は、ぽかんとした表情で見ている。
そんな事はお構いなしに、クラムディンとティタルニアも公爵――クォリアスの傍に歩み寄り、談笑していた。


公爵……だよなぁ?」
「たぶんそうだと思うぜ」
「……侯爵の間違いじゃないのか?」
「……いや、それはないと思うよ?」

三人は訝しげに、それぞれの父を見ているのだった。


数分後、談笑を終えたレイムッド達に、テレシスは尋ねた。

「あの、レイムッドさん?」
「何だ」
「さっきの人って、公爵、ですよね?」
「お前たちもこれまで何回か会っているだろう」

レイムッドは言う。
セリックが今度は聞いた。

「いや、でも、公爵相手に、あんな馴れ馴れしくていいんですかい?
公爵って言えば、一応はリムノール皇室の血を引く人でしょうが」
「ああ、まあ、そうだがな。が、クォリアスはちょっと頭が緩くてな」
「エルとどっちが緩いですかね?」
「……そこで俺を出すか、セリック……」

エルムッドの言葉に、笑いが起きる中、レイムッドは言った。

「エルとはちょっと違う緩さだがな。クォリアスは、公爵じゃない公爵なんだよ」
「どういうこと?」

セリックが身を乗り出して聞く。
彼がこういう態度を取る時は、決まって興味がある話の時だけだった。
他の興味のない話の時は、寝ているか、あるいは逃亡しているかのどっちかだった。

「別の言い方をすれば、公爵らしくない公爵、ってことかね。政務の一切は自分が見るし、巡察もするし、税はあんまり取らんし。正直、20年付き合ってきて、驚かされるばかりだ」

レイムッドが笑う。
それにつられて、クラムディンも笑いだした。

「本当に、ですよ。あの人は、まさに変人です」
「まあ、ともかく、今日公爵に顔を見せに行ったからな。近いうちに任官が有るだろう」

ティタルニアが言った。

「あー、かったるいな。任官、か」
「そういう事を言うもんじゃない、セリック」
「俺は、自由に遊び回ってる方が性に合っているさ」

セリックの言に、ティタルニアは溜め息をついた。

「はっはっは、これは仕方がない、セリック。うちのエルムッドですら受けるんだ。お前も諦めて受けるんだな」
「レイムッドさんに言われちゃあ、仕方がないね」
「おい、なんで父親の言う事は聞かんのに、レイの言う事は聞くんだ?」
「反抗期ってやつさ」
「……おまえなぁ」

ほんわかした空気が、六人の中に流れていた。