|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

*19


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

書:めーちゃん11


「……ゼェぜぇ、はー」
デニスが肩で息をしている。朝からラジオ体操顔負けの運動をしたのだ、無理もない。
「あんたが悪いのよデニス。マックは?」
「い、いすみに預けた…」
「よろしい。ったく…」
久遠はもの凄く機嫌が悪い。当たり前田のクラッカーである。
「おかげでメイに羊で送ってもらうぐらい遅刻しちゃったし」げしげし。
今日は運動会をしていたため、遅れそうになり、やむなくメリーに乗って学校まで来たのだ。
「あはは。いいよそんなの」
メイがクロボウとマック叩きあげに参加しながら笑いかける。げしげし。
「悪いねぇ」げしげし。
デニスは戦々恐々としながら、メイの歴史の課題を写していた。昨夜は消灯間際に色々あった為、できなかったのだ(いつもやっていないが)。
「ぐぶっげほっ。デオォやめ」げしげし。
マックの悲痛な叫び。しかし無視。デニスはマックの分も写してやることにした。
きーんこーんかーん…。げしげし。
「うわぁ、予鈴鳴った」
リンチ集団は最後の一発をお見舞いして席に戻った。いすみはサモンで教室に戻った。げしげし。
「ぐふん。キツかった…」
一番窓際の列がデニス達の席の辺りで、デニスは一番前。その後ろの後ろにマックが座る。
ハプがその横で苦笑い。
久遠は誰もが羨むショウの隣で、一番後ろ。
メイとクロボウはデニスのすぐ後ろで、デニスの隣はデオだ。
女に囲まれているので、デニスはもっぱら後ろを向いてマックと話すが。
「あれ、模範生がいる」
メイが呟いた。
「あー。模範はホームルーム抜きだったねぇ」
デオが律儀に答える。視線はグラウンドだ。
「何してるんだろうね……」
クロボウが無表情で言った。
哀れボロボロマックは何も言えず、明日のジョー状態だった。燃え尽きていた。
「うん?模範がどうした…?」
デニスもグラウンド目をやる。