|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

*9

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

書:小久夜


「え?ダル・・・じゃなかった、ダル先輩て寮長だったの?」
その日の夕食の時間、食堂には同じ机を囲むデニス、久遠、めいの3人の姿が
あった。めいはダルについての新情報で驚きに目を見開いた。
 「今まで気付かなかったなんて・・・・我ながら信じられない」デニスがぼやくと
久遠がサバ味噌をつつきながら言った。「でもさ、ダル先輩て寮長の仕事
してなくない?下級生の寝坊叩き起こすのも寮長の仕事なんでしょ?ダル先輩が
仕事してればデニスの遅刻減るんじゃ・・・モガッ!」
 久遠のあまりの言い草に、めいがサバ味噌を半分箸で掴んで久遠の口に
突っ込んだ。 「何すんの!」久遠が抗議する声に、めいは自分の背後を無言で
指さした。 デニス、久遠は、真後ろの机でダル、ショウ、サクの3人が夕食を
食べているのに 気付き、さっと青ざめた。ダルとショウは戦術について、
箸を振り回しながら熱く 討論していて、3人には気付いていないようだった。
 しかし、退屈そうにラーメンをすすっていたサクは、3人に向かって
意味ありげな視線を送ると、にやりと笑った。
 「サク先輩、黙っててくれるかな・・・」久遠はすっかり食欲が失せた様子で
サバ味噌の残りを押しやった。