|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

*4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

書:めーちゃん



「お前は補習なかったよな」
デニスは目の前の女子生徒に話かける。
「うん。デニスがカブキタウンに行ってる間、きちんと復習してたからね」
「…お前さ、時々グサッてくるこというよな、めい」
めい、というのはデニスの寮の隣部屋の住人で、デニスの友人だ。惚けたところもあるが、はんなりしている。
「そんなこといわれても。この子も見てたみたいだから。……サモン」
めいが小さく呟くと、腰のフラスコの中の液体が反応する。と、
「デニスか。つまんねーな。俺はむしろ美人のねーちゃ」「黙れ」「はい」
羊が飛び出してきた。手乗りサイズだ。
「おい、メリー…そのいいぐさあるかよ…」
メリー、めいのサモンにデニスは脱力して言った。
「だってデニスは万年補習生だろ。つまり馬鹿。笑え」「黙れ」「はい」
「…デニス、今日はどの模範生がきてたの?」
模範生、というのはアクアリウムの中で、文字通り模範となる生徒のことだ。大概、3年から選ばれ、補習を手伝ってくれたり、見本を見せたりする。
「んー。なんていったっけな。ほらあのも、?」
「も?」
「お前生徒会だろ。知らんのか」
「うちの生徒会は機能してないよ。名誉だけで、実権は模範生徒団のものだから」
そこまでめいがいうと、目の前に自分達と同じ腰フラスコの生徒が現れた。
「デニスにめい?今帰り?」
その生徒は寮まで行こうと誘った。デニス達もそれに賛成し、一緒に帰路を辿ることにした。