|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

-14-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「忠秀様、少々席を外します」


そう言い残し吉祥は母家に向かった

パァァンと破壊音を立て、自室の障子を開けた
無残にも大破した障子を見ながら穏は冷や汗を流した


「来い」

「はい…」


いつもより数倍低い吉祥の声に若干ビビりながら
おずおずと後に続き店に向かった


「忠秀様、吉祥と名乗ったのはこの男ではないでしょうか」

「あぁ!そうだ!この男に間違いない」


吉祥に思いっきり抓られしかたなしに再度自己紹介


「…桐生…穏です。…いてっ」

「桐生…諏雅宮上皇の…嫡子か?」

「……えぇ」


若干、目を逸らしてたらまた吉祥に抓られた
あー…忘れてた事言いやがって…


「穏殿…ですな?先は助けて頂いたこと、感謝の次第…」

「あ、いや、その…」

「礼がしたい。是非、江戸城に登城していただたい」

「えーっと…あの…いや…」


お礼だとかそんなのが苦手な俺
焦って吉祥に視線を向けた
すると吉祥は誰もが見とれる綺麗な笑顔をつくり


「忠秀様、穏は礼が欲しく助けたのではないとわたくしに申しておりました。故、忠秀様のお言葉だけで有り難いと…」


吉祥の弁解に必死に頷いた


「そうであったか。無理に云うてすまなかった」


そう言って忠秀は爽やかに笑った


「ところで二人はワシと年近いと思ったのだが…」

「穏も私も17ですが」

「やはりそうか!ならワシの友になってくれぬか?!城には友もおらずつまらぬ。だからなっ!」

「だそうだ。穏」


吉祥に話を振られなんとか落ち着いた俺は大きく息をはき


「いーんじゃねーの?俺は大歓迎」

「俺も異存はないな」

「なら二人は俺の友だな!今度、城に遊びに来い!!歓迎する!」


その言葉に吉祥と二人で笑った
忠秀とも打ち解け、しばらく母家で語り合ったのち忠秀は
城に帰っていった

その夜、いつものように夕餉をすませ
酒を持ち、吉祥の部屋に行こうとすると帳場の平八が
廊下を走って来た


「ご、御前…!!」

「あ?平八、どうした」

「み、み、満松屋で!店のもんがみんな死んでたそうで!」

「なっ…要は…要はどうした!」

「それがっ…満松屋の若旦那だけが見当たらねぇって話でさぁ!!」


その話を聞いて、酒を捨て吉祥の部屋に急いだ

付け替えられた障子を開け部屋に飛び込んだ


「…穏?」

「…吉祥っ!満松屋とっ…要が…!」



【真逆の出来事】