|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

終焉

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

数年後、親也様が
晩年を謳歌し、先日…
静かにその生に幕を下ろした

親也様の後を継ぎ
風貴様がこの国の主となった


「風貴様、就任の折…誠にめでたく。家臣一同、至極の喜びにて」

「うん、みんな有難う」


二十を過ぎた風貴様は立派な城主となり
上座にちょこんと座っていた

一国…日の本の長なんだから
もう少し、構えて座ってもいいと思うのだが

そこが風貴様らしくてまた好いと影で
見守りながら、夜影達と笑った

「挨拶終わった?」

「あ、え、は…はい」

「よしっ!弥助!宴の準備ー!」


その声に笑顔が零れる
宴好きは親父譲りだと笑いながら


「と、殿?!」

「めでたいならみんなで祝う!ほらほら、準備!」

「風貴様、大老衆が焦ってますよ。宴は夜やりますから、とりあえず溜まってる政務片付けてください」


後ろに降り立ち、終始笑顔の風貴様に声をかける


「えー!今からやっても大丈夫だってば!」

「ダメです。さ、いきます「長も書類溜めてるんですから風貴様と一緒にやってください」このっ!水無月!!」


いつの間にやら後ろにいた
水無月に図星をつかれ
風貴様を見ればニヤリとでも笑いそうな顔をしてた


「弥助も仕事溜まってるんでしょ?さ、やるよ!」

「いきなりやる気出さないでください!てめっ、水無月!!あとで覚えてろよ!!」

「頑張ってくださいねー」

「夜影も共犯者かー!」



困惑気味で見ている大老衆を
目尻に風貴様に連れて行かれた

笑顔で手を振る夜影と

何か企んでる水無月

ニコニコと笑顔の風貴様

仕方ないと想ってる自分がいる

「弥助!」

「はい」

「これから改めて宜しくな」

「…はい」


その言葉はくすぐったいほど

嬉しくて思わず笑顔が零れた

それは穏やかな日差しが

優しく降り注ぐ

ある晴れた日の朝の出来事…