|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

13

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-あれから数年-

親也様の治めるこの国に
戦はなく、諸国の戦乱をよそに
穏やかな日々を過ごしていた

まだ幼かった風貴様も今じゃ立派な蔵伊里家の城主
となり、親也様の手足となり
日々を忙しく暮らしている

この穏やかさに年はとりたくねぇなと思いながら
風貴様のそばに仕えていた

暖かな陽気にうつらうつらしてると天守の真下に
一つ気配を感じた


「どーしたんです、風貴様」

「んー…父上が戦をするとおっしゃった。この日の本を平定し、より良い国をお作りになりたいそうだ」

「近いうちに戦ですか…まぁ仕方ない事ですかね」

「うん…」


城下を見ながら風貴様が軽くあくびをした
近頃、西の動きが目聡いと夜影から報告があった
こうも早く来るとは思わなかったが…


「なぁ、弥助。お館様だったらどのようにおっしゃっただろうか」

「…大の戦嫌いでしたから…行かないか、一回親也様に抗議しに行きますね」

「そうか…」


青々と晴れた空を見上げ風貴様は再度欠伸をした


「世の定めかな…父上に返事かかなきゃ」

「…なんと?」

「参戦いたし候」

「りょーかい、いい部隊編成しときます」

「頼りにしてるよ、弥助」


そう笑って風貴様は天守を去った
これから戦が始まる


「さて…仕事しますか」


---------
数ヶ月後…親也様率いる東軍と
敵武将、巳名友 寿光率いる西軍がぶつかる事になった

寿光は親也様の昔からの宿敵らしい
だから、今日はやけにギラついてるのか親也様は…

編成した部隊に指示を渡し
風貴様のいる本陣奥へと向かった


「風貴様…」

「ご苦労、弥助。開戦は明日だ。休めよ」

「諾…」


武装した風貴様は凛としており
数年前までのガキとは
大違いだった
昼寝が出来ると喜んで本陣から出ようとした時
風貴様に呼び止められた


「弥助…これが乱世おそらく日の本を平定する最後の戦だ…この戦が終われば乱世は終わる」

「そうですね…」

「帰ってこいよ、弥助。これは命令だ。戦に染まるな、何があっても帰って来い」

「わかってますよ、間違っても死んだりしませんから」


そう笑ってやった

この命に換えても守り切ります

風貴様、あなたが帰って来いと云ったから
必ず帰ります
上総様と一緒に蓮の宿で昼寝なんて
まだお預けにしときます