|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

人物紹介

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

園芝組若頭 宮左御 権一(みやさご けんいち)

主人公

朝鮮の侵攻が激しくなり、シマを守る為に婚約を迫られる。

20代にも満たない18歳で園芝組の若頭の一人を務めている。

基本的に仕事は完璧にこなす性格だが、昔は失敗ばかりで泣き虫で子供ながら借金も背負わされたりしたが、ある恩人に出会い手取り足取り教えてもらった過去がある。

性格はあまり物事は気にはしないが、自分の事は結構気を使う。

 

瀬戸組若頭 潺 輪廻 (せせらぎ りんね)

主人公

朝鮮の侵攻を直接受けていた西側が危うくなり、シマにこれ以上被害を与えないように力を大きくするために、東側の園芝組との婚約を決める。

宮左御 権一より1歳上で19歳になる。

仕事は本人はちゃんとしているつもりだが、実は親の潺 白夜が心配性の為に比較的簡単な仕事を回されている。

性格は比較的温厚で、組員に慕われている。

ファッション誌や音楽にも興味を示し、甘いフルーツが好き等な一面もある。

 

園芝組十八代目組長 宮左御 極陽 (みやさご ごくよう)

歴代組長の中でも一番の大物で、この一代だけで組員の増員やシマを大幅に拡大させた。

嫌いなものは自分よりも権力がある奴で、好きな物が権力であるが故に息子の名前を権一となずける。

朝鮮はまだ勢力が低いものではあるが、いづれ脅威になるものだと思い、瀬戸組と提携を考える。

 

瀬戸組十六代目組長 潺 白夜(せせらぎ びゃくや)

あまり姿を表沙汰に出すのを極端に嫌う人物。

娘の輪廻に溺愛している為、重度の心配症でいつも御付きをつけている。

見た目は痩せ細っているが、頭は相当切れる人物である。

朝鮮の勢力が脅威になってきたため、園芝組に提携を持ち出した。