|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

「ぬくもり」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ぬくもり」

僕は今まで 誰かと手を繋いだことがない
親とも 友とも 恋人とも

全部少し 距離を置いてた

なぜだろう 自分以外の誰かのぬくもりを
欲しいのに 認めようとしない
僕が唯一認めるもの それは僕の心臓
今まではそれだけだった きっとこれからも

独りで死んでいくなら 誰かのぬくもりを
誰かと死んでいくなら 自分のぬくもりを

もっと大切にしなきゃならないと思う

分かっちゃいるのに なんで
こんなにも 手を繋ぐのが怖いなんて

「僕は独りで死んでいくから せめて君を幸せにしよう」

そう誓ったのは バクハツしそうな 僕の心臓