|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

「そして僕は嘘をついた」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「そして僕は嘘をついた」

雨に濡れた君は そうして
僕に抱きついてきた

僕の胸にうずめた顔は 笑っているけど
雨のせいだろうか 泣いてるように見える

今の君には 何が似合うだろう
それをプレゼントしてあげる

雨の後にかかる虹
その虹を照らす太陽
太陽に微笑む綺麗な花

どれも違うな どれも君だから

ごめんね
君を愛してあげたいのに
その術が見つからないんだ

だからこの嘘で許して
愛してる この言葉で

煙草のように中毒的な この言葉で