|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

「 和 」

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

唱えるものが何であれ
重んじる言葉の通りに進む道で違和感を持つ

この文字一つの質量は
私の規格を遥かに超え思考は止めどなく廻り

それは
空に向かい目を閉じ
大きく息を吸い込む
行為に似ている


「なごみ」

「やわらぎ」

「にこやか」

「のどか」


ほんのりとした印象を持つこの言葉の奥に
どれだけの影が渦巻いているのか

それは
可憐な花を摘み
水を与えても枯れ行く
運命のように色を変える


人と人の和が
大切なものだと気付いた時と

人と人の和が
必要なものだと実感した時と

人と人の和が
大事なものだと
自分の為に口にする人と


唱えるものが何であれ
重んじる言葉の通りに進む道で違和感を持つ

それは
何処かで重なる事を願う
幾つかの別れ道に似ている