|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

露の小人(はむ)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

落つる花弁は 清流に
露の小人 一人乗せ
ああ何処へ 向かうのか

井の中の小人 大海で
飲まれるのではと 怯えだし
ああ誰に 飲まれるか

結局小人 飲まれたが
いつしか大海に 馴染んでき
ああ何時 離れるか

悲しきや 悔みしされど
別れは遂に 訪れて
嗚呼さようなら また今度