|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

口癖は、口先を選んだ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

貴方の言葉、濁る口癖

「心など無ければいい」と



その意味をまだ理解もせずに

手を伸ばし、貴方の奥へ



その痛みすら僕は笑った

都合よく貴方を抱いた



それを貴方は拒みもせずに

また笑う、その先に僕



その泣きそうな笑顔の中に

僕はまだ綺麗に映る



貴方が居ないこの世界にも

まだ僕は呼吸を失くす



それでも僕は酸素を望み

酸化させ吐く機械にも

成れはしなくて、濁る口癖

「心など無ければいい」と



吐いたのは僕の口先