|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

カゲリとカガリの遅いバレンタインデー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「カゲリ」
「ん、どうしたカガリ?」
「その……これ」

カガリはそう呟くようにカゲリに言うと、小さな絹の袋を拙者に手渡してきた。これは……何だ?袋を開けて覗くと、中には小さな、それでいて日光をよく反射する石が入っていた。

「これは?」
「そ……その、ばれんたいんという日だから」
「ばれんたいん?」
「うむ、西洋の行事で異性に『ちょこれいと』というものを送るのだ。」
「詳しいな、カガリは。流石、とでもいうべきか」
「当たり前じゃ。これでも姫だったのじゃぞ?」
「確かに。でも……何で石?」
「う……」

カガリは濁った声を小さくあげると、急に俯いた。顔を覗き込むとその顔は真っ赤で、すぐに背けられてしまった。

「こ、これはだな……この辺りに『ちょこれいと』など売っておらぬし、金も……ないからじゃ」

納得。……やはり何かお返ししたほうがいいよな?

「カガリ、ありがとうな。ところで、これのお返しをする日はあるのか?」
「ん……、三月十四日にあるが」
「そうか、だったらその日に何かお返しをやるよ」
「な、べべべべ別にいらんっっ」
「いや、期待しておきな」

強引にそう言い切ると、拙者はもらった袋を首にかけ、先に進みだした。

「あっ、待て、待つのじゃー」