|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

もしも


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


もしも僕が人間ではないのなら

僕は君を愛すると同時に

君が脆い物だと思うだろう

もしも僕が死んだとしたら

僕は君の泣く姿を考えて

微笑んでいるだろう

―時がたって

もしも君が生きていて誰かと一緒に幸せに

笑っていたら

僕は大切な君を 

遠い場所から見ているからね

 


…てな感じ

どう?

「感想、聞かせてよ。」

そう言いながら僕は「君だった人」に話しかける

あはは…そうだったね

君は しんだんだ

僕の代わりに…

いないいない

誰も いない

生きている物は 僕以外何もいない

意識が遠のくのを僕は待つばかり

 

…さて 今日はこれでおしまい
聞いてくれてありがとう
僕の話を。