|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

夕方

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【希望の姫と勇敢なる騎士の純愛の行方とこれから】



日が傾き、月が地平線の端から曲線を出す頃。
空が淡い虹色へと彩られ、世界が最も美しく見える時のことだった。

ある丘の上に、ふたつの人影。
ひとつは少女。
夜に行われる宴のためか、シンプルな白いドレスを着て、黒髪の中に赤いカチューシャを覗かしている。
ひとつは青年。
こちらも宴のためだろうか、いつもの彼とは打って変わって、黒いタキシードを着こなしている。そして、金髪の上にはシルクハットを。
と。
先にしばらく続いた沈黙を破ったのは、少女だった。
「・・・・あの、チェインさん」
「何だ?」
「此処に呼び出した理由のことなんですけど。私に話したいお話って、何ですか?」
「・・・・ああ、まあ・・・・は、話っていっても、直ぐに、終わる・・・・はず」
そしてチェインはアブソーの方へ向き直ると、一度大きく深呼吸をして、
「コアの中でも、言おうとしたことなんだけどよ・・・・お、俺はお前の、こ、ことが――」
そこまで、チェインは言いかけて。

アブソーの顔が赤いことに気付いた。

最初は夕日のせいかと思ったが、確かにそれはアブソーの体温によるものだと気付いたので、チェインは慌てて、
「アブソー、お前もしかして、熱なのか!?」
早口で言いながら、アブソーの頭を掴んで、優しく己の額とアブソーの額をくっつける。
刹那。
「ちぇ、チェインさん、近いです!」
と、すぐ目の前から大きな声。
「・・・・・・・・あ」
アブソーの言葉にチェインも今の状況に気付き、顔をさらに赤らめながらアブソーから離れる。
お互いの間にしばし、気まずい雰囲気が流れ。
唐突にアブソーが口を開いた。
「私も実は、チェインさんにお話したいことがあるんです」
アブソーはそして、チェインの碧眼を真っ直ぐに見つめて、

「これから私は、クルー・G・アブソーと名乗ることにしました」

ちなみにGはガディスのGです、と。
アブソーは微笑みながら付け加えた。
「・・・・おい、アブソー・・・・それってどういう意味だ?」
「此処に――妖精界にずっと居たいという意味です。人間界にも友達がいます、別れてしまうのは悲しいです。だけど、それ以上に、此処にいたいという気持ちが在るんです――

――チェインさん、私は貴方に伝えたい事があります」

そこで、クルーにMr.鈍感と言われていた彼は、やっと、気付いた。
彼女の顔が赤い、その理由に。
「あの、私、実はチェインさんのことが――」
「好きだ」
「・・・・え?」
「好き、だ」
「え、あの、チェインさん」
「お前のことが好きなんだ、アブソー」

俺は、アブソーという人を愛しいと思っているんだ。
いままでも、これからも。
ずっと、そう思ってる。

優しい風邪が、チェインの金髪を揺らす。
暖かい夕日が、アブソーの頬を照らす。

この時、誰の眼から見ても、世界は平和で満ちていると、そう思うだろう。
希望の女神が幸せそうに笑ったのだから。

「チェインさん、私も貴方が好きです」

+++

そして、並んだふたつの人影が一層長くなった時のこと。
「――――あ」
アブソーは、立ち止まり。
家の影に隠れている、黒猫をくいいるように見つめる。

黒猫の眼は、異様に赤かった。

「ん? どうしたアブソー? もうすぐで宴が始まっちまうぞ」
「・・・・いえ、何でもありません」
「何でもない、って・・・・アブソー、何で笑ってんだ?」
「ふふふ。ちゃんと希望があるんだと思って」
「・・・・?」
チェインは首を傾げながらも、アブソーと再び並んで歩き出した。
と。
アブソーは嬉しそうに、呟く。
「ノヴァ叔母さんはもういないけど、それでも、人生を楽しむ希望はありますよね――ビーさん」

二人の背後で黒猫は答えるように、にゃあと鳴いたのだった。


                                        それはひとつの果実から 終 End....