|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

青春?(はむ)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

君はいつも 一人ぼっち
窓辺の席で ただ静かに本を読む
僕の周りは とてもうるさくて
でも君の所だけ とても静かで

寂しくないの? と僕は君に聞いた
日の暮れかけた 紅い教室の中
僕と君の 二人きりだった

そして 君は泣き出した
君の何かが 音を立てて崩れた瞬間
僕は 君の涙を見て
後悔と愛おしさが 同時に胸に押し寄せて
わからず君を ぎゅっと抱きしめた
君は一瞬 驚いた顔をしてた
でも そのまま泣き続けた
僕は そのまま抱きしめてた

これが僕と君の 青春の1ページ
これが僕と君の 付き合うきっかけ