|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

悲しみ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

泣いているあなたを

初めて見た日から

一目惚れだった

幼いあなたが

どこか可愛かったから

そんなあなたに笑っていてほしくて

そばにいてほしくて

でもかなわないと思っていた

だから

『好きだ』

って抱き締められたときはびっくりした

けど

嬉しくなかった

あなたの失った大切な人の代わりとしてでしか

私を見てないって気付いてたから

ならあなたのために精一杯大切な人を演じよう

そう決めた

それからしばらくして

あなたの心の傷も癒えた頃

私はあなたに捨てられた

涙だけが溢れてきてとまらなかった

覚悟してたはずなのに