|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ユメビト01話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そう、それもまた夢のお話。



成人性夢喪失症候群。

13歳以上の人間は例外なく、夢を見れなくなってしまう病。
現実的な考えばかり優先し、待遇された国家が多くなり、
人はそれに適応するように夢が見れなくなっていった。
生きる上では何ら支障のない病―のはずだった。

夢を見れなくなった人々が行く先は
戦争、内戦など争いは絶えず腐敗した世界。
誰も幸せを願わない、誰も幸福な世界を夢見ない、
そんな人々が腐敗するのは当然だった。
多くの血が流れ放置され、謎の病原菌が繁殖。
いつしか世界は"魔物"と呼ばれる存在を生み出した。

夢を見れない大人達はその現状から抜け出す事が出来なくなり、
大人達は決断を強いられた。

国家の政治をまだ幼い少年、少女に任せる事。
特に、夢の中で自由自在に動き回れる子供達、
脳内でのシミュレーションに長けている子供達に。

その子供達を大人は、『 ユメビト 』と呼んだ。



「しかし、大人たちの罪を償うにはまだまだかかりそうですね。」

その少年は細い指で難しそうな本をめくりながら皮肉をこぼした。
淹れられていく紅茶は、ゆらりゆらりと湯気をおどらせ消えていく。

「申し訳御座いません。」

細身の体の男の人はそう言い、淹れ終わった紅茶に砂糖を溶かす。

「いいえ、何もシオンの事を言っているのではありませんよ。
先代の狂った政治家達に言っているのです。」

そう言って紅茶をすすり、また難しそうな本をめくる。

「ルカ様、お国想いなのは大変分かりますが休まれてはいかがでしょう?」

「私にとって睡眠は政治です。一度の睡眠でさえ無駄には出来ない。
半端な知識のまま眠ってしまったら、ユメビト失格ですよ。」

積み上げられた多くの本が、少年の一日を物語った。

「シオン、騎士団の件はどうなりました?」

読み終えたページの間にしおりを挟み閉じる。

「ええ、魔物の駆除は順調のようです。幸い被害も出ていません。」

「そうですか。しかし、あの小さな村まで襲うとは予想外でしたね。」

中身が無くなったティーカップをあるべき場所まで戻し、溜め息を吐く。

ここ最近、不可解な事ばかり起こり始めた。
そう、あの日以来―。