エラーが解決できない時は


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

RailSimはプログラミングとは違い、構文ミスで強制終了することはほとんどありません。
大抵のエラーは・・・

  • 記述ミス
    • 文字の大小は?
    • 文字列以外で全角文字が入ってないか?

  • 構文ミス
    • カッコの対応は?
    • セミコロン「;」は忘れていないか?

  • 勘違い
    • C言語等と異なり、If文等は内容が1行でもカッコが必須です
    • ApplySwitchにはbreakは不要です
    • エラーが出ているファイルを本当に編集しているか?(実は別なファイルを編集していた)

エラーを探すには

行数が多くなるとエラーを探すのは大変です。
エラーが出た行付近を見て、原因がいまいち分からない場合はカッコの対応が取れていないのがほとんどです。

このような場合はオブジェクトなどをコメントアウトし、エラーが出なかったら徐々にコメント部分を減らしていきます。

そもそもエラーを減らすには

字下げ エディタを使ってエラーを発見・修正しやすくしましょう。

プログラミングでも何でも、一気に書き上げて一発でうまく動くことはそうそうありません。
構文を少しずつ記述し、その都度テストするのが一番です。

どうしても原因分からないなら、一から書き直すぐらいでもいいと思います。
またキリのいいところでバックアップしておけば、書き直すにしてもゼロからやらずに済みます。

最後に

他の作者の記述をパk・・・参考にするといいかと。
あとリファレンスはよく読みましょう。

.
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|