Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Contents

[close]
  1. 概要
  2. 用語
  3. 登場人物

概要

[Edit]

用語

ベントリング虫 (ventlings)
エウロパ生物群の一つ。体内に共生している化学合成菌に硫化水素を供与することにより、栄養を得ている。
下層民(デニズン) (Denizens)
人体にベントリング虫と同様の系を構築することにより、熱水噴出口の周囲で生活できるように改造された人間。ただしヘモグロビンと糖タンパクの発現が抑えられているため、熱水噴出口周囲でしか生活できない。しかし、施術に当たったチョロクにより、それらの形質を取り戻すレトロウィルスを手に入れる。
ギルガメッシュ・イシス政府 (Gilgamesh Isis)
ガニメデとカリストを支配する、木星衛星群における二大勢力の一つ。エウロパとイオを支配する無政府民主主義者とは対立状態にある。
カドムス-アリステリウス市 (Cadmus-Asterius)
エウロパ懸垂都市の一つ。無政府民主主義者の支配下にある。
第二マウンダー極小期 ( the second Maunder minimum)
十七世紀のマウンダー極小期の再来。太陽活動の低下により太陽系内惑星の経済は混乱し、木星・土星衛星群へと思考流失も起きた。
帳啓蒙意識における機械倫理 ('Machine Ethics in the Transenlightenment)
シリキット (Sirikit) 著
[Edit]

登場人物

マリウス・バーゴビク (Marius Vargovic)
ギルガメッシュ・イシス政府の情報員。
チョロクから物体を持ち帰るために派遣され、エウロパへは、手術のためにやってきた金持ちを装う。チョロクから物質を渡された後に彼女を殺し、逃走に入る。しかしチョロクのリークにより退路を断たれ、そこをデニズンに助けられる。しかしチョロクは、バーゴビクをデニズンに届けるレトロ・ウィルスの配達人として利用しており、その回収のためバーゴビクはデニズンに咬み引き裂かれる。
ミシェンカ (Mishenka)
バーゴビクと共にエウロパに派遣された情報員。フリッター船の操縦を行う。
チョロク (Cholok)
冬眠スパイ。バイオテクノロジーの専門家。かつてはフォボスで人体水棲化プロジェクトでチームを率いていたが、エウロパ・カドムス-アリステリウス市へ移籍した。重要な物体を手に入れたとの情報を寄こしたため、その回収にバーゴビクが派遣される。バーゴビクの施術後、ハイパーダイヤモンドの欠片を彼に渡し、殺される。デニズンの人体改造も行っていた。
モーンシプル (Maunciple)
脱出に失敗し、死亡した情報員。マリウス以前にレトロウィルスを届ける筈であった。