Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ターコイズ星

ナキ・オクピク (Naqi Okpik)
ミナの吸収後、モート計画科学プログラム責任者となる。
ミナ・オクピク (Mina Okpik)
ナキの姉。親和指数が高く、遊泳隊には加われなかった。ナキと共にジャグラーで泳ぎ、取り込まれてしまう。
ヨタ・シバラクサ (Jotah Sivaraksa)
モート計画責任者。計画成功のため、政治活動に腐心する。ウィアーの工作を端とするオルマズド教団蜂起の際に、クレーンに殺される。死の間際に、ナキにアービアトが実在することを伝える。
タク・トンブリ (Tak Thonburi)
ウミングマクトク市長、スノーフレーク評議会議長。

ボイス・オブ・イブニング号

ラファエル・ウィアー (Rafael Weir)
イブニング号に乗りターコイズ星に降りてきた十九人の一人。一行の仲で不審な動きがあったため、保安局によりマークされる。反オルマズド派の工作員で、ウルトラ属から入手した黒い玉を使用しジャグラーの多くを破壊した。その後、ナキにより殺される。
アムシャ・クレーン (Amesha Crane)
バヒシュタ財団代表。オルマズドの娘であり、ジャグラーに保存されているオルマズドの脳と共感しようとしている。
モロー (Moreau)
船長。既にオルマズド教団により殺され、遠隔操作の操り人形と化している。
サイモン・マツバラ (Simon Matsubara)

ペリカン・イン・インパイエティ号

オルマズド (Ormazd)
シオン星の元権力者。三度目の遊泳にてターコイズ星のジャグラーに取り込まれた。