メニュー
トップページ
メニュー
サブイベント類
小ネタ
きのみ
ポフィン
してんのう
出現情報
やくだつ人の場所
とくせい
性格ボーナス
稼ぎ
わざマシンリスト





today: -
yesterday: -
total: -




※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ポフィン

かっこよさ・たくましさなど、ポケモンのコンディションを上げるためのアイテム。
ヨスガシティでポフィンケースをもらった後に、「ポフィンりょうりハウス」で木の実を材料として作ることが出来る。
コンディションを上げておくとポケモンコンテストのビジュアル審査で有利になる。
ノーマル・グレートランクくらいなら適当にポフィンを与えるだけでもビジュアル審査でかなりハートをもらえるので、
他の二つでよほどの失敗をしない限り優勝できます。
かっこよさなどの項目が極めて高いポケモンをノモセシティのバンダナにいさんに見せると
各項目に対応したバンダナをもらえ、これらをポケモンに持たせることでコンテストでより有利になる。

ポフィンの種類

名称 効果 作成元の木の実・入手法
からいポフィン 基本味。ポケモンのかっこよさが上昇 クラボの実 ヒメリの実 フィラの実
しぶいポフィン 基本味。ポケモンのうつくしさが上昇 カゴの実 オレンの実 ウイの実
あまいポフィン 基本味。ポケモンのかわいさが上昇 モモンの実 キーの実
にがいポフィン 基本味。ポケモンのかしこさが上昇 チーゴの実
すっぱいポフィン 基本味。ポケモンのたくましさが上昇 ナナシの実 オボンの実
○○△△ポフィン 2つの基本味が混じったポフィン。混じった味と同じステータスが上昇 シーヤの実(しぶあま)
まずいポフィン LVが低く効果が薄いポフィン 複数時に木の実が被るか、調理が下手クソすぎると発生
こってりポフィン 3項目が上昇 複数人で作った際にできることがある
くどいポフィン 4項目が上昇 複数人で作った際にできることがある
まろやかポフィン 全項目が上昇 ヨスガシティでもらう(LV50以上)

作成時の注意

出来るポフィンは木の実によって違う。
タグを見れば大体どのポフィンが出来るか予想できるので作りたいポフィンに合った木の実を選ぶと良い。
完成したポフィンにはLVとなめらかさがあり、LVの高いものほど食べさせたときの効果が大きい。
ポフィン作成時に焦がしたりこぼしたりすると完成時のポフィンのLVが下がる。
ポケモンに食べさせることが出来るポフィンの数はある程度決まっているので、伸ばしたいものを考えて計画的に与えるようにしよう。
なめらかさの数値が低いポフィンほど、大量に食べさせることができる。

LVの高いポフィンを作るには

木の実のタグを見て作りたいポフィンの要素の値が大きいものを選ぶ。
調理時間が早ければ早いほどLVの高いポフィンが出来るので、上手くかき混ぜて出来るだけ早く作る。
始めはゆっくり、とアドバイスされるが早く固めるには最初の方でもやっぱり早く回す必要がある。
複数人で作ると木の実を大量に使えるためにLVが高く、かつなめらかさの低いポフィンができやすい。
はじめチョロチョロ中パッパ、最後はガーッと行くが良し。
LVの高いポフィンを作るコツはポフィンの色が変化する時の回し方。
回していないとポフィンの色が変化しないので、色変化の最中に回す方向が変わると悲惨だが
ここを上手く切り抜けれることができれば調理時間が短くなるはず。
調理の状態により火の色が赤→橙→青に変化。回すときの音でポフィンの状態が確認できる。
火の色が赤:スープ状態でかなりこぼれやすい。回しすぎに注意を
火の色が橙:半分くらい固まっている状態。この状態でもまだこぼれるので回しすぎは禁物
火の色が青:ほぼ固まり始めている状態。ここまでくればもうこぼれないので全力で回してOK

メモ

  • 食べさせることの出来るポフィンの数はなめらかさに依存(けづやの*の数がMAXになるまでは与えられる)
  • 木の実によっては複数の項目が上昇するポフィンが出来ることもある
  • 好きな味のものを与えると効果が増え(1.1倍)、なつき度が上がる
  • 嫌いな味のものを与えると効果が落ち(0.9倍)、なつき度が下がる
  • しぶあま等、味の混ざったポフィンは基本的に先に書いてある味が強い
  • 一番強い味が好き嫌いの判定に使われる
  • 回す方向を指示する矢印を無視して回していても一応ポフィンは出来る。ただしなかなか固まらないので必然的に調理時間は長くなる

ヒンバスのミロカロスへの進化

ヒンバス→ミロカロスの進化にはうつくしさを上げる必要があるので、しぶい系ポフィンを食べさせる必要がある。
ただLV10程度のポフィンでは限界まで食べさせたとしてもとても条件は満たせないので、
出来るだけ渋さの値が高い木の実を選んでポフィンを作らなければならない。
ウイの実ならLv15~Lv20程度のしぶいポフィン、シーヤの実ならLv20~のしぶあまポフィンが出来るので
これらを増やしてミロカロス用ポフィンの材料にするのが良いだろう。

※参考
「しぶいものが好き」なヒンバスにLV20前後、なめらかさ24のしぶいポフィンを限界まで食べさせた時
うつくしさがほぼMAXに。この状態でLvを1上げたらミロカロスに進化した。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー