おにいと理子 AYA ◆zh2yobq4zs

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AYA ◆zh2yobq4zs 本日のレス 投稿日:2006/09/22(金) 02:28:23.75 OXJhBrLo0

今日は、学校も早く終わり、あとは帰宅するだけの土曜日。
運動の為、最近マンションの階段を使っている。家は5階。
3階を過ぎた辺りから、なにやら話し声が聞こえる。
いつもの事だ。いつも辞めろって言ってるのに。

案の定、声の元は家の玄関からで、家に到着した俺はそこで隣のオバサンと
立ち話している妹の理子(りこ)と出会うことになった。
「あっ!おにぃ、お帰り!!」
「あら、お帰りなさい」
「…どうも、こんにちは。…ただいま」
 2人は俺の顔を見ると、話しを中断して声を掛けてきた。
 その後、オバサンは、いつも仲のいい兄弟ねそれじゃ…と言いつつ帰って
いった。
「今日は早かったね、おにぃ」
「それより、何か話し途中じゃなかったのか?」
「えっと、梨もらって、そのままいろいろ話してて…たいした事じゃないから
大丈夫!」
 大丈夫って。まぁ、オバサンも帰っていったんだから問題無いだろう。
 俺と妹は6つ離れている。今は小学生なのに、すでに井戸端話しが大好きだ
なんて、なんだか将来が目に見えるようだ。
「それより、大声で話すな。マンション中に響いてるぞ」
「分かったー。それじゃ、梨剥いて持ってくから、待っててね~」
 注意の言葉を聞き流しつつ、靴を脱ぐ俺に話しながら、理子は台所に向かった
ようだった。
 両親は仕事だけど、梨を剥く位なら理子にも出来る。
 心配はないし…特に返事もしないまま、俺は部屋に入った。


AYA ◆zh2yobq4zs 本日のレス 投稿日:2006/09/22(金) 02:30:09.99 OXJhBrLo0

 ドアを開ければ、部屋の真ん中に布の仕切られている狭い部屋が目に入る。
 狭いマンションなので、しょうがなく俺と理子は同じ部屋だがら、一応2年位前に
区切りが出来た。とは言え、入り口は一つだから、どうしてもドアを開ければ、
双方の部屋が目に入ってしまう。相変わらず理子の部屋は物が散乱しすぎだな。
と思いつつ右の俺の陣地に足を踏み入れる。
 6つも離れていれば、理子のオムツを替えたり、一緒に風呂に入った思い出も
あったりと、一つの部屋で生活をしていても、そうそうエロゲ展開にはならない。
 また、お互いの陣地として、部屋内部には特に口を挟まない。だが、少し前に、
電話がうるさいので文句は言った。
 暫くは静かだったが、最近またうるさくなってきたな、またやったら言ってやろう、
そんな事を漠然と考えながら、窮屈な制服から私服へと着替える。
「おにぃ、入ってもいい?パンツ穿いた?」
「パンツは元から穿いてる。入ってきていいよ」
「はぁ~い」
 一応、お互いの陣地に入る時は、入り口、布の外から声を掛ける事にしてる。
 返答を聞いた理子は、お盆に剥いた梨を乗せ、笑顔で入ってきた。
「この梨、超旨い!」
「もう味見したのか…って、旨いじゃなくて、美味しいって言え」
 俺はベットに座り、理子に椅子を指差した。
 机に置かれた梨にフォークを突き刺し、一つかじる。
「ほんとだ。うめぇ」
「おにぃ、美味しいって言いなさい」
 そう言って、理子も梨をかじる。理子とは、今でもこうして仲良く話が出来る。
歳の離れた兄弟だから可愛がってきた分、それは俺も嬉しい。
 だから、なんとなく、理子がしたい事も分かる。


AYA ◆zh2yobq4zs 本日のレス 投稿日:2006/09/22(金) 02:34:15.68 OXJhBrLo0

「で。なんの話し?何か話したい事があるんだろ?」
 仲がいいからって、こんな風に相手の部屋に入る事は余りない。
「えっと…今日学校で習ったんだけどね」
「うん」
 そういいつつ、俺は梨を食べ続ける。
「おにぃって、童貞?」
 うぐはぁ!
 一瞬、ニュースで『梨を喉に詰まらせて窒息死』とテロップの流れるシーンが
浮かんだ。しかし梨は、無事に食道を通って行った。
「おにぃ、大丈夫??」
「…それよりお前は一体、学校で何を習ったん…」
 生死を乗り越え、やっとの思いでそこまで口に出したが、ふと思い当たった。
同時に、俺の胸に何かが突き刺さる気分に襲われる。
「だって、おにぃの17歳の誕生日もう少しじゃん。それまで童貞だったら女に
なっちゃうんでしょ?」
 そう。女体化現象。そうか。理子もこの事を授業で習う年齢になったのか。
 なんとなく成長を感じて、思わず親父くさくなる。
 ただし。その女体化については、俺自身、うすうすと恐怖を感じずにはいられ
ない状況ではあったが、きっかけが無いので、童貞の現状から抜け出せず、若干
焦りがあったのも確か。改めて他人からその事を問われると胸が痛い。
「おにぃ、童貞なの?」
「…お前、軽々しく言ってるけど、童貞ってなんだか知ってるのか?」
「うん。エッチな事してないって意味でしょ?」
 このませガキめ。でも。
「具体的には知ってるのか?」
 なんとなくからかってみたくなり、そう聞いてみる。
「うー、裸になって…えと…」
 恥ずかしいとかではなくて、案の定、詳しく知らない様子。


AYA ◆zh2yobq4zs 本日のレス 投稿日:2006/09/22(金) 02:35:29.36 OXJhBrLo0

 とりあえず、この話題から抜けようと言葉を捜していたが、
「でも、おにぃは、どんな事するか知ってるんでしょ?」
 反対に問われるとは思ってなくて、ぐっときた。でもガキに負けてられない。
「そりゃ知ってるさ」
 でも、これがきっかけになるとは。

「あのね」
 理子は、フォークをすでに梨の無くなった皿へ置く。そして、俺の手からも。
 ありがとう、そう言おうとした瞬間だった。
「あのね。おにぃが童貞じゃなくなるように、理子とエッチな事していいよ?」
「はぁ?」
「おにぃが女にならないなら、いいの」
 そう言いながら、急に服を脱ぎだした。それを見てムラムラは起こらないが、
突然の出来事に焦ってはしまう。
「何やってるんだよ!」
「だって…」
 色気の無いスポーツブラと子供っぽいパンツ姿になった理子が、俺に寄って来る。
重みでベットに倒れこんでしまう俺達。
「理子は、ずっとおにぃと一緒に居たいの。おにぃは変わっちゃうのは嫌なの」
 だんだんと泣き声になっていく、その理由を聞いて、本質を知る。
 でも、気の利いた言葉が出てこなくて、しばし間が開いてしまう。
 こんなんだから、女の子を落とせないんだな…とか余計な事を考えてると、
再び理子から言葉が飛び出した。
「おにぃは、理子が嫌いなの?」
「嫌いなわけ無いじゃないか」
 これはすんなりと口から飛び出る。嘘じゃない。


AYA ◆zh2yobq4zs 本日のレス 投稿日:2006/09/22(金) 02:37:12.34 OXJhBrLo0

「じゃぁ、理子じゃダメなの?おにぃ、女になりたいの?」
「ちょっと落ち着け」
 突拍子も無い言葉の連続に、まだまだ子供な発想の理子の言葉を聞いて、我に
かえる。
 とりあえず体勢が辛いので、理子に椅子に戻るよう伝えた。体に自由が戻る。
「いいか。エッチな事って、そんなに簡単に考えてるものじゃないんだぞ」
 脱ぎ捨てていた上着を拾い上げ、俺は理子にかけてやる。涙目のまま、俺を
見つめる理子。
「女の子にとってそれって、とても大切な事なんだ。もちろん男にとっても
同じだ。だから、簡単にするものじゃなくて」
「でも、好きな人ならいいんでしょ?理子、おにぃ好きだもん」
「好きって、家族の好きとは違うんだ。理子だって、家族以外の好きな人、いる
じゃないか」
「真くん?」
「そう。今は片思いだって言ってたけど、そういう好きな人としていい事なんだ。
だからと言って、今すぐ真くんとするんじゃないぞ。もっと大人になってから
じゃないと、俺は怒るからな」
「うん…。でも、おにぃはどうするの?」
 自分でも、何を言ってるのか分からなくなってきたが、なんとか俺とはダメだと
言うのは解ってもらえたようだ。
 しかし。どうするの、と問われても…。
「う…。そ、それはなんとかする。もちろん俺は、理子の兄貴でいたいからな」
「約束だよ!おにぃ、女になったら許さないよぉ!」
「分かった。とりあえず服着ろ、な」
 うんと頷くと、まだ涙目のままで上着のボタンをはめ始めた。
 ふと、まだ理子が幼稚園の頃、服が着れないと泣いてた事を思い出す。
 いつまでも、理子の兄貴でいたいよな、そんな考えが改めて脳内に起こる。


AYA ◆zh2yobq4zs 本日のレス 投稿日:2006/09/22(金) 02:38:01.49 OXJhBrLo0

「…あ。携帯鳴ってる!」
 リビングから聞こえる着信音。理子はスカートを手にすると、慌ててドアに
向っかっていた。
「おい!どうせメールだろ!スカート穿いていけ!」
 そんな声も届かず。勢いよく開いたドアは、すぐに音を立てて閉まった。
 それにしても。
 本当にどうしようか。いくらなんでも最終最悪でも、理子にお願いする事なんて
出来ない。
 改めて気分が重くなり、俺はベットに倒れこんだ。

FIN
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|