みさと第2部 ゆうき(2) だお ◆oCJZGVXoGI

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


455 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/25(佐賀県職員) 08:56:29.32 4Y0AIQFhO [#uc35502c]

「いらっしゃいませ!!」
くるくるとよく動く大島のお陰で喫茶店は盛り上がっている。
…で、俺もメイド服を着ているわけなのだが…男の自然が痛い。
やはりこの胸があるからだろうか?
「すみませーん、これとこれを…」
「わか…りました」
あまり喋るのが得意じゃない俺にはこの作業は向いていない。
「みさとちゃん写真撮るね~」
「はいはーい」
「パンチラktkr」
「チラ見は一回500円です」
ほんと…よくアドリブが効くやつだ。
しかもちゃっかりチラ見代を貰って自分の財布にいれているし…。
「うははww儲かりまくりんぐww」
…こいつ…ニュータイプか


458 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/25(佐賀県職員) 09:15:46.23 4Y0AIQFhO [#gdeeb145]

「おーい、こっちも注文きてないんだけど」
「は…はーい!」
昼になると流石に500円を貰う時間がないのかバタバタ走り回っている。
その必死そうな姿に男子が面白がって呼びつける。
それが大島の作戦でもあったのだが…。
「はぁ…はぁ…」
「おらおら!休むな!」
「はぃ…わかりましたぁ」
大島の顔がにやりと笑う気がしたが…
「あー!なんで俺こんなに注文してんだ!?」
疲れた姿を見ようと注文しまくった客に大島は笑顔でお礼を言ってる。
おそろしい子……!!


459 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/25(佐賀県職員) 09:31:13.46 4Y0AIQFhO [#m9b10b30]

「あー疲れた」
メイド服姿のまま冷やしたタオルを頭に乗せ溜め息をする。
「お疲れ様、凄い人気ね」
「俺じゃないだろ」
石田に向かって大島は笑いながらいう。
いや、どうみてもさっきのはお前目当てだよ。
俺が呼ばれた回数は5回程度、石田は倍以上か
大島に確かにメイド服がよく似合う、妹のような顔や身長にメイド服…これは結構…。
「足立さんこっちはー?」
「少しは待ちなさいよね!ちゃんと行ってあげるから!」
……足立もあれだな…
黒髪を左右に結んでいてお姉さん的な雰囲気は何かいい。
そこにあの喋り…まぁ俺は別になんでもいいわ。


466 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/25(佐賀県職員) 10:52:12.28 4Y0AIQFhO

「それにしても、気持ち悪い」
「何が?」
「あつー…」
スカートをパタパタさせながら大島は歩き回っている。
とりあえず落ち着いてほしい。
「そのスカートパタパタはやめな」
「いいじゃん」
やはりかなり疲れていたらしい。
流石にあんなにずっと走り回っていたら疲れるだろう…。
この疲れた顔を見たくてみんなが走らせて居たのだが…結局見せなかったな…。
やることだけはしっかりこなすのが大島だ。
「それにしても儲かったぜ」
財布から500円玉が大量に出てくる。
流石大島、しっかり自分の仕事をしてやがる。


476 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/25(佐賀県職員) 13:14:24.92 4Y0AIQFhO

「うー…さむい…」
大島は少し暗くなった空の下を一人で歩いていた。
みんな先に帰るなんて…そんな風に呟きながら石ころを蹴る。
「ぼく…ん?ぼ…ぼ…えーっと…俺!」
なかなか出にくくなった言葉を必死に思い出す。
「ぼくばっか置いてけぼりかぁ!」
……
「ぼく…じゃなくて俺ね、俺」
最近やっぱり進んでる…。
最初は私と言おうとしていたが無理に押さえると僕になっていた。
なんというか…うぅ…さむい…。
はやく帰ろう…。


483 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/25(佐賀県職員) 14:23:20.67 4Y0AIQFhO

「ぼくじゃなくて俺」
鏡に向かって呟きながら大島は悲しそうな顔をする。
元の自分とお別れをする時が近いらしい。
だが自分はまだここにいる、考え方や口調が変わる…それだけだ。
なのに寂しかった。
…あ…そうだ…。
「お父さん」
「うぉ!?裸はやめなさい!」
「パンツはいてるよ」
「シャツ着ろ!」
「…おいクソじじい!…さよなら」
「どういう意味だ?」
ふらついて壁に手をやりながら僕は笑ってみせた。
父親はどういう意味かわからないというように僕を見てる。
「あ…」
自分の中から抵抗しようとする意識が消えた。
それが妙に怖いような気もしたが、すぐに馴染んでくるのがわかる。
「お父さん」
「…そうか…みさと、シャツを着なさい」
「わわっ!?見ないでよっ!?」
隠しながら部屋に戻っていく僕の背中を父親が寂しそうに見ているのがわかった気がした。
ごめんなさい…お父さん…


488 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/25(佐賀県職員) 15:02:06.54 4Y0AIQFhO

「あれ?今日は結んできたの?」
セミロングの髪を両端で縛りツインにしている大島が前より女になった風に見える。
「おはよぉ!今日はちょっと気分転換だよ」
「そっか…」
その言葉でだいたい理解出来た。
あぁ…前までの大島はもう…。
「暗い顔……何か悲しいことあった?」
「ううん、何でもないよ」
足立が大島の頭を撫でるとまるで子犬のように見上げてる。
尻尾なんかあればぶんぶん振っていそうだ。
「ぁ…そうだ」
ごほんと咳払いをして大島はにっこりと笑ってみせる。
「あんまり暗い顔すんなって!…どう?元気になった?」
消えた訳じゃないんだもんな、……複雑な気分だ。
「ゆーちゃん」
「俺のことか?」
「うん」
今まで見たことのない笑顔に自分の顔が赤くなるのがわかった。
うぅ…俺も体は女なんだが…
「で、みさにみずちゃん」


489 名前: ◆oCJZGVXoGI 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/25(佐賀県職員) 15:03:14.64 4Y0AIQFhO

「あんたもみさじゃない」
「一緒だね」
足立はやれやれといったように大島の頭をぽんぽん叩いて歩き出した。
「みずお姉ちゃんね」
「わかった!」
大島みさとは明るい女の子だ、笑顔が可愛くて……妹みたいな……。
涙が少し流れた気がした。
もう…冬の時期か…


493 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/25(佐賀県職員) 15:27:18.33 4Y0AIQFhO

「あ、ボクのご飯は自信作!」
さて、見ないように食べるかという空気に大島は怒っているようだ。
「今回はすごいからねっ!?」
弁当箱を開けると中には綺麗に盛り付けられた弁当が…。
「まーた嘘ついてる。お母さんでしょ」
「えっ!?ち、ちがうよ…」
弁当箱を抱えるように隠しながら大島はいう。
「嘘つきは…」
「うー…だって…」
しょんぼりと弁当を前に静かになる大島に石田はクスクス笑う。
「俺は大島の弁当は嫌いじゃない」
「ほんと?」
「見た目も匂いも味も悪いが嫌いじゃない」
「…っていうことはみずお姉ちゃんのお弁当より美味しいって事だね」
「なんでそうなる」


501 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/25(佐賀県職員) 15:59:32.17 4Y0AIQFhO

「ぱんちんぐましーん…」
「俺は得意だ」
山根はポニーテールを揺らしながらグローブを付け体重を乗せて機械を殴りつけた。
がごん!! という音が響く。
「鈍ったか」
表示には95と表示されている。
次に立ったのは足立だった。
「いきます」
またもや機械が揺れる。
機械の画面には83と表示されている。
「負けた…」
「次私」
本気で悔しそうにする足立をよそに石田が金を入れる。
「いくね」
グローブをはめて一気に…。
軽い音が響き機械は何事もないように計っている。
56の数字に石田はあらあらと呟きながら大島に交代した。
「……あ…背が届かないかも」
「じゃあ椅子に乗って…はいどうぞ」
「とぅあ!!」
がすんと言う音と同時に機械は威力を測定しはじめ大島は…。
床に落ちて転がっていた。
ちなみに30だった。


528 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/25(佐賀県職員) 17:18:17.61 7ndEh5l30

11月に入ったとあって木々の紅葉がよく進んでいる。
落ち葉がつもる路地を落ち葉を踏む音を聞きながら歩き続けていた。
空は迫ってきそうな程に青く、雲は綿のように流れていく。
大島はそんな空を見上げてはぁっと溜息を付くと落ち葉をまた踏みしめる。
「みーさーと」
「あ、みさ」
足立が長い髪を風に靡かせながら大島の前に出てくる。
いつもの優しそうな顔に大島はほっとしたような笑顔を零した。
「散歩なんて年寄りみたい」
「みさも一緒にする?気持ちいいよ」
「ん~・・・羊羹と緑茶が・・・別に食べたいわけじゃないんだよ?」
「みずお姉ちゃんのとこ、いく?」
「いくいく」
クスクスと笑いあう大島と足立の間を冬を告げる風が吹く。
スカートに黒いストッキング、編んだセーターを着た大島はパタパタと走って足立から少し離れる。
「寒いから早く行きたくなった!」
「まったく・・・」
二人は少しだけ早く歩きながら、秋に染まった街を歩いていった。
昔、二人でよく遊んだように、笑いあって。


680 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/26(佐賀県教育委員会) 14:40:20.29 wWWsxHOy0

「ドラクエ3でみんなの名前つけるよ!」
大島はドラクエ3を付けると勇者に自分の名前をつけた
「戦士はゆうちゃんね」
「・・・」
「魔法使いがみずお姉ちゃん」
「魔法使いねぇ・・・」
「で、みさが・・・」
「私は?」
大島と足立は二人そろって考え込む。
足立って何の職業だろうな・・・?
「武道家」
「じゃあそれで」
「じゃあはじめるね」

書こうと思うと書けなくなるのが人間さ


687 名前:ちょっと息抜き ◆oCJZGVXoGI 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/26(佐賀県教育委員会) 14:55:42.00 wWWsxHOy0

1年前に女になってしまった僕は魔王を倒すために旅に出ることになった。
幼馴染だったミサキも同じ日に女の子になってしまったのだが・・・。
「みさと!起きなさいってば!」
「うー・・・おはよう・・・」
目を擦りながら起きたミサトはあくびをしながらベットから降りた。
背が小さいミサトよりミサキは身長が頭半分くらい高い。
「はい、ひのきのぼう」
「どうもどうも」
腰にひのきのぼうを下げてあくびをしながら部屋を出る。
いつものように母親が笑顔で迎えてくれた。
「おはよう、ミサト」
「おはよう!」
ご飯を食べ、旅に出る前に王様に挨拶に行ってこいという話になった。
ミサキは武道家をやってる。
この街にある道場ではそれなりの腕前をしているらしい。話しか聞いたこと無いのだが・・・。
「いってらっしゃい」
「いってくるお!」
家を出ると朝日がまぶしくミサトは思わず目を細めた。
いつものようなスズメの囀りと風のざわめきを聞きながらミサトは背伸びをする。
「いこっか」
「だね」


690 名前:ちょっと息抜き ◆oCJZGVXoGI 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/26(佐賀県教育委員会) 15:00:39.00 wWWsxHOy0

王様の話は長くてあまり聞いてなかったが、装備とお金はちゃっかりもらっておいた。
仲間がほしいときはルイーダの酒場にいくらしい。
ルイーダの酒場はあまり得意じゃないのだが、それでも勇者である自分がいかないわけにはいかない。
「仲間・・・ですか?」
「はい」
店主はそう言いながら酒場にいる人を見渡す。
「旅人は多いけど、どうだろうね」
説明書と進み方が違うじゃないかと王様に渡された説明書を見る。
名前を入れて職業決めたら出てくるんじゃないのか?
「俺が仲間になってやろう」
「あなたは!?」
「俺はユウキ、戦士だ」
「へーじゃあけってい」
「うはwwwおkwwwwwwwww」
戦士を捕まえた


693 名前:ちょっと息抜き ◆oCJZGVXoGI 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/26(佐賀県教育委員会) 15:07:59.56 wWWsxHOy0

「あなた達、旅に出るの?」
「あ、おねーちゃん」
ミズキはミサトの頭を撫でると微笑んだ。
「魔王を倒すんだってさ」
「あらあら」
ミサキの言葉にミズキは苦笑いをする。
「じゃあ私も観光にいこうかしら」
「あんたが戦えるのか?」
「これでも私、魔法使いなの」
ユウキを見て微笑むとミズキは手に持っていた杖を撫でる。
その姿にユウキはふんっと鼻で笑うとそっぽを向いてしまった。
「いいね!いこう!」
4人は町の中で食料や薬草を買い込むと街の外へと歩き出した。
こうして、旅がはじまったのでした。


695 名前:ちょっと息抜き ◆oCJZGVXoGI 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/26(佐賀県教育委員会) 15:14:49.70 wWWsxHOy0

でれでれでれでれで~れれん
冒険の書1が消えました

「( ゚д゚( ゚д゚ )゚д゚)゚д゚ )」
ファミコンを蹴っ飛ばした大島はそのままゲームキューブの電源を入れた
「やっぱり時代はスマブラ」
「たしかに」
「それはいえる」
大島と足立と石田はそれぞれコントローラーを持ちキャラを選びだし、山根は溜息を付くとコントローラーを持った。
やはりスマブラでは大島は即死(自滅)してしまうため、3人のバトルになってしまう。
大島はその三人のバトルをつまらなそうにベットに横になり眺めているのだが・・・。
バーローが大島の腹の上で寝転び胸に頭を乗せる。
そしてその格好のまま3人を眺めるのだ・・・。
「バーローの癖に・・・」
何故か負けた気がした。


861 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/27(佐賀県と汚職) 10:07:35.06 by3O9vPVO

書きたい…


864 名前: ◆oCJZGVXoGI 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/27(佐賀県と汚職) 10:45:28.97 by3O9vPVO

山根は自分を鏡に映しながら小さく溜め息をついた。
最近自分の頭の中から何かが抜け落ちるような感覚がなくならない。
毎日毎日何かを忘れてて、何を忘れたのかがハッキリ思い出せなかった。
一階に降り綺麗な仏壇を見る。
…これは誰だった…?おかしいな…前まで覚えてたのに…?
大島に良く似た遺影に山根は首を傾げながら座った。
「…わからない…」
なんなんだこの感覚は?記憶喪失というやつだろうか?頭が痛い…
「ゆうき…?どうしたの?ゆうき!?」
口元を押さえながら山根は床に倒れそのまま意識を無くした…。

『お兄ちゃん、ごめんなさい。お兄ちゃん、忘れて…いいから…。』
ダメだ!このまま忘れたくない。
目を覚ますと自分のベットの上のようで、既に朝になっていた。
…忘れる前に話すんだ。話さないと…。
「ゆうき!?待ちなさい!!」
制服を着て山根は学校へ向かい走り出した。


866 名前: ◆oCJZGVXoGI 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/27(佐賀県と汚職) 11:05:45.30 by3O9vPVO

「話って…どうしたの?」
学校の屋上で大島、足立、石田の三人の前に立つ山根。
山根はフェンスに背中を預けるとハハっと笑う。
その笑いに大島は違和感を覚え顔をしかめた。
「私には妹がいた。私って気持ち悪いな…。妹は大島みたいな顔で、元気で明るくて…大島にそっくりで」
思い出して微笑みながら山根は大島に視線をやる。
「それは初耳でしたわ」
「誰にも言ってないからね」
苦笑いをする山根に足立も「なら知らないわよね」と答えている。
石田は大島の不快そうな顔を見て山根の顔を見る。
「優しい子でさ、いつも付いてくるんだよ。誕生日にはプレゼントを買ってやったりするくらい仲良くて…」
「…その妹さんは…今はどうしてるの?」
石田の声に山根はまた微笑んだ。
笑っていないのに笑ってる…それが恐怖として認識されたのか背筋が寒くなった。
「死んだ。殺された。」
機械みたいな単調な声に大島は耳を塞ぐ。
「やめて!!」
「あの子は私の誕生日プレゼントを買いに行った。その帰りにレイプされた。何度も何度も何度も何度も何度も…」
「…山根さん…、落ち着いて…」
雪がひらひらと落ちて大島の目の前に舞い降りて消えた。
こんな時に初雪なんて…嬉しくないよ…


868 名前: ◆oCJZGVXoGI 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/27(佐賀県と汚職) 11:27:17.55 by3O9vPVO

「それがさ…おかしいんだよ」
山根は笑いながらふらふらと歩き扉の向こうから金属のバットを取り出した。
「この町に来たせいで記憶が消えるんだ。大切な妹の名前が思い出せない」
「まってよ…話がわからないよ…」
「お前等のせいだ。全部」
山根の目が正気にはとても見えなかった。
足立と石田はとにかくバットから離させようとしたいという考えのようだ。
大島は山根を睨みつける。
「バット…やめない?お話しようよ」
「黙れ偽物ぉ!!もう騙されないぞぉぉ!!私は絶対に消えたりしないぃぃ!!」
バットを振り上げた山根はそのまま足立に駆け寄りバットを振り下ろした。
なんとか頭は避けれたが肩にバットが当たり痛みに膝をつく。
「いた…ぃ…」
「バイバーイ」
「やめてぇぇ!!」
大量の血が周りに飛び散り足立の体が抵抗する様子も見せずに地面に倒れた。
痙攣をしているようにも見えたが、意識があるのかはわからない。
何度も振り下ろされるバットと飛び散る血で大島は震えて動けなかった。
「お前ぇ!!なにやってんだよ!!」
「うるせぇ!!」
振り向き様に振ったバットが石田の腕に当たり歯を食いしばるのが見えた。
「計画失敗だな」
「なにを…言ってるの…?」


869 名前: ◆oCJZGVXoGI 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/27(佐賀県と汚職) 11:45:01.96 by3O9vPVO

「お前等、俺の記憶を消そうとしてただろ!?私の妹の名前…返せよ!」
「意味がわからないよ…」
腹に一撃入れられ石田は苦しそうに呻きながらしゃがみ込んだ。
次の一発は頭、次は背中…足…腕…。
苦しそうに咳き込みながら石田は大島を見て小さく口を動かす。
『はやく、にげて』
だが大島は頭を振るだけで怯えて動けないようだった。
「げほ…っげほ…っ!何か…勘違い…してるけど…私達は…」
「黙れ」
「アナタが望んだこと…記憶を消したかったんじゃないの…?」
「うるさい!」
山根の振り下ろしたバットで石田は血を流して倒れ、しばらくすると完全に動かなくなった。
「やだ…やだ…っ!やだ…」
大島は尻餅をつくとじわりとコンクリートを湿らせ、水たまりの中でふるえている。
「最後」
「…アナタは…間違ってる…」
涙を流しながら大島は言う。
「…っ!…っ!…っ!」
痛みに耐えるように涙を流し歯を食いしばる大島を楽しそうに殴る山根。
空からはひらひらと雪が振り、とても寒く感じた。
俺が間違ってた。
山根はバットを振り下ろし大島の血が辺りに飛び散る。
…あはは…終わった…。
山根は屋上から飛び降りて死んだ。


870 名前: ◆oCJZGVXoGI 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/27(佐賀県と汚職) 11:46:05.42 by3O9vPVO

ひぐらし見て書きたくなった。
次は普通に考えてたやつ。



873 名前: ◆oCJZGVXoGI 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/27(佐賀県と汚職) 12:11:53.69 by3O9vPVO

「話って…?」
「あのさ…えっと…俺…記憶が…」
大島と足立と石田は山根の話を聞いて悲しそうな顔をする。
「妹さん…それで…」
足立は冷たい風に髪を揺らしながらつぶやく。
「俺がもっと…ちゃんとしてたら…」
「ゆうちゃんは悪くないよ」
ずっと黙っていた大島はにっこりと微笑み山根の手を握った。
「ゆうちゃんが忘れても、妹さんのこと、私達は忘れないから…」
その手は小さく、寒さで少し震えていた。
紅くなった頬をマフラーに埋めるようにしながら「寒いね」と笑う。
なんで忘れていったのか、なんで話したいと思ったのかやっとわかった気がした。
「ゆうちゃん」
「石田さん…」
「友達なんだからさ、名字で呼ばないでよ」
「そうそう」
石田に続いて口を尖らせながら足立が呟くように言う。
「べ、べつに!名前で呼んでほしいとか!そんなんじゃないわよ?その…名前で呼んでもいいって許可してるの」
「…はい」
微笑む山根に足立はほっとした顔をした。
「わらった方が可愛いよ」
「ありがとう…」
石田が肩を叩くと山根は苦笑いをしているように見えた。
「ゆうちゃん、一人は寂しいよ。私も一人は嫌い。だから…たまには…相談とかしてね」



874 名前: ◆oCJZGVXoGI 投稿日:佐賀暦2006年,2006/10/27(佐賀県と汚職) 12:22:24.40 by3O9vPVO

「私にもね!」
「頼りになりません」
「何だって!?」
足立は石田に向かって勢いよく振り返るとギャーギャー騒ぎ出した。
騒ぐ二人に苦笑いする山根を見て大島はクスクス笑う。
「おーっし、学校やめてお昼ご飯いこぉ!!」
「みさと…それはちょっと…」
止めても意味ないのは知ってる。
山根は少し嬉しそうに笑いながら大島の頭を撫でる。
「シチュー食べたいー!!」
「カレー」
…まったく…本当に飽きないメンバーだな…と山根は溜め息をついた。
ひらひらと空から白いものが舞い降りる。
「お」
大島はそれが雪だとわかったのか素早く口に入れた。
「初雪うめぇ」
「流石にそれな引くわ」
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|