志歩(3) ◆ymhvT/YbCE

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

美奈と浴室へ行く。
結構、ガキの頃から一緒に銭湯だの行っていたし一緒に入ることくらい普通だ。

        • と思ってた。普通だと。
「…いや、ちょっと待て」
「うん?」
美奈が脱いで気が付いた。
下着の時は上下別々で着替えたりしていたし、ゴスロリは下着着たままだったけど…
裸…全裸になるのか…

「あー、なるほどー。大丈夫。脱いじゃえ」
「いやいやいやいや…」

まぁ、このままじゃ風呂入れないし…

「仕方ないなぁ」
とか言いつつ、美奈が脱ぎ始めた。
「ぬお、待て。待て」
「私は早くお風呂入りたいからー」

「あー、解った。脱ぐ!脱ぐ!」
ゴスロリ服を脱いできちんと畳む。

下着・下着…あれ、ブラジャーが取れん。
あー、どうやって取るんだ。

「もー、取ってあげる」

…自分で下着も脱げないなんて情けない。

全裸になって凄い恥ずかしい。早く浴槽に漬かりたい。
「先に入る!!」

…脱いでいる美奈を待たずに入ってしまう俺。
まぁ、美奈もすぐに入りに来た訳だけど。

「志歩の方が少し大きいね」
!?何が!?
「え、あ…胸?」
「うん、少しだけ大きいって思う」
確かに…服も少しキツかったし…
「いや、あまり嬉しくないんだけどな」
「毛とかは3日位したら生えると思うから。」
…さりげなく言うけどさ…

パイパンですよ。えぇ…
女体化の時に体毛全部抜けたからだろうけど…

てか、自分の身体に興奮しそうだ。
あぁ、俺ってすげぇ変人。

「身体洗うか」
「股間洗うときは、ゴシゴシしたら駄目だよ」

…あぁ、なるほど。確かに…

自分の身体を洗う。
股間は何故か慎重に洗う。
というか、ゴシゴシしたら痛いというか、変に感じるって言うか…

とりあえず身体は洗い終えた。

「髪の毛なげぇよな。洗うのめんどくせぇ」
「明日、パーマ行く?」
正直、今の俺の髪は腰の近くまである。その割りにすげえさらさら。

「あぁ、肩位まで切った方が良いよな」
「んじゃ洗うの手伝ってあげるよ」

      • 美奈に手伝ってもらい髪も無事に洗えた。

交代して美奈も洗い終えたが1時間以上たっている。
風呂にこんな時間かけたのってあまりないよな。
逆上せそうだし、あがるか。

あがったら、定番のコーヒー牛乳だよなー。
と、着替えもせず下半身にバスタオルをいつものように巻き、リビング。
冷蔵庫のビンコーヒーを取り出して、腰に手を当て、グビグビー。

「プッパー!うめー」


オヤジと母がすげぇ顔してこっちみてやがる。
美奈もバスタオル姿であわてて来ていた。

…あぁ、すっかり忘れてた。
男と同じ感覚で飲んでた…

上半身裸な女…俺…乙…


とさくさ浴室に戻って着替え再開する俺。
ブラジャーはまだ付けにくい。

パジャマも無いのでゴスロリ服を着なおす。
もう、何だか気に入ってしまっていた。

風呂からあがって、部屋に行って予備の布団を取り出す。

「せまいし、一緒に寝ても良いけどね」
…美奈が言い出すが、まだ俺女1日目。
実際、棒があれば立ち上がりますから。

まぁ、こいつ俺が好きになってたくらいだし
今でも一緒に寝たいんだろな…

「なら一緒に寝ようか」
…ある意味危ない台詞だ。

てか、元男同士…
男のままなら間違いなくキモイ。
こうやって一緒に寝れるのは女同士だからだろうな。

キモイと感じない。

なので、俺はゆったりと美奈の隣で寝た。

くーくーくーーーー♪っと。


起きたら…

「うぉっ!!」
思わず声が出るくらいすっげぇ可愛い。やべ、立つ!!

あ、女だったか。俺


寝顔がすげえ可愛い子、美奈がそこにいた。


「あ、うん…あ、おはよう」
俺が出した声で美奈がおきちまった。
てか寝ボケ?声が可愛いぞおめぇ!

「志歩、おはよう。寝顔、可愛かったよ」
…「み、美奈も可愛かったぞ。」

結局、俺らゴスロリのまま寝てしまったな。
やたら寝心地いいからこれでもいいけど…
起きた時のしぐさも凄い可愛い訳で…

はぁ、朝のお通じでもするか。

トイレ行って座便あげて…

あ、立ちションじゃなかったんだ。
座便下ろして…

座らないと。

ってか、ゴスロリ服のスカート邪魔だな。
スカートを思い切りまくりあげて…


今までトイレなんて無かったから少し変な感覚。
上手く狙えずに、尿が垂れる。

トイレットペーパで吹くと
「う・・・」

変な触り方したのか少し変な感触。

やべぇ、俺変態になってきている。




役所に行くにもゴスロリはヤバイって事で昨日の美奈の服を着る。
「印鑑とか持ったし、金は途中で下ろすとして…」

ま、女体化サービス券を役所でもらえるからある程度は安くなるけど。
美奈が言うには当てにならないほどの割引って言うが、
俺は少し当てにしてしまってる。

「ズボンとスカート、どっちにする?店の方角変わっちゃうけど」
買い物計画で言われた質問だが…
さてと…どっちにしようか。

「両方試着出来る所ないか?」
「どうだろう。まだそんな行ってないから私も解らない」
「んじゃ店発掘でもすっか」
「うん!」

と、言う訳で役所後は店巡りになった。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|