※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妊娠10ヶ月(36〜39週)妊娠後期


赤ちゃんの大きさ

  • 身長:約50cm
  • 体重:約3.1kg

子宮の大きさ

  • 子宮底長:約32〜35cm

お母さんのからだの変化

  • みぞおちまで上がってきた子宮がだんだん下がってきます。
  • 子宮が下がることで胃、心臓、肺への圧迫がなくなりすっきりします。動悸や息切れも軽くなります。
  • 逆に膀胱への圧迫が強くなり、頻繁に尿意を催すようになります。
  • 胃への圧迫がなくなったおかげで食欲がでてきますが、食べ過ぎには注意しましょう。
  • お産が近くなるとホルモンの影響で産道がやわらかくなり、骨盤の骨の結合が緩んできます。

赤ちゃんのからだの変化

  • 4頭身になり、お母さんのお腹から出ても適応できるようになります。
  • 赤ちゃんが出産の準備としてお母さんの骨盤に頭を固定するため胎動が少なくなります。
  • 生まれる体勢になります。(あごを胸につけ、膝をお腹に引きつける)
  • 陣痛がはじまると、今まで隙間が空いていた頭蓋骨のつなぎ目を重ね合わせ頭のサイズを小さくします。

その他

  • 妊娠10ヶ月に入ると、妊婦検診が1週間に1回になります。赤ちゃんの健康状態や出産の兆候を調べるために1回の検診に1時間以上かかることもあります。
  • 外出するときは健康保険証と母子手帳を必ず携帯するようにしてください。
  • この時期にお母さんが食べ過ぎると赤ちゃんが一気に太る可能性があります。赤ちゃんが大きくなりすぎることで難産になってしますので、食べ過ぎには注意しましょう。
  • へその緒がからまっていることがありますが、超音波検査(カラードップラー)で血液の流れが確認できれば問題ありません。
  • 呼吸法の確認や練習をしておきましょう。
  • 退院後の赤ちゃんの部屋の準備や洋服の準備をしておきましょう。


関連項目



関連Q&A



お産の兆候へ




おしりふき



おむつ



ベビートイ



チャイルドシート



バウンサー



ベビーカー



粉ミルク



おしゃぶり



哺乳瓶



ベビーベッド



スリング