※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


子宮収縮抑制剤(しきゅうしゅうしゅくよくせいざい)

  • 出産時期より前に子宮収縮がはじまってしまった場合に流産早産にならないように子宮収縮をおさえる為につかう薬です。
  • 副作用があるため長時間の投与はさけられます。
  • 薬は内服薬(飲み薬)か点滴のどちらかで投与されます。

代表的な薬と副作用について

塩酸チトドリン(商品名:ウテメリン)
  • 内服薬として処方される場合か、点滴として投与される場合があります。
  • 動悸、手の震え、吐き気などが代表的な副作用です。
硫酸マグネシウム(商品名:マグネゾール)
  • 点滴用の薬です。
  • 高マグネシウム血症、のどの渇き、呼吸抑制、筋肉の緊張感の低下などが副作用とされています。


関連サイト



関連用語