※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


低出生体重児(ていしゅっせいたいじゅうじ)

  • 一般的には未熟児と呼ばれいます。
  • 出生時の体重が2,500g未満の新生児のことをいいます。
  • 2,500gより低い体重では、1,500g未満を極低出生体重児、1,000g未満を超低出生体重児と呼びます。
  • 日本では超出生体重児であっても約80%の赤ちゃんは助かるようです。
  • 原因としては早産と胎児の発育が遅れてしまう胎児発育遅延の2つがあげられます。
  • 体の機能が未熟なため合併症を起こしやすくなります。
  • また、免疫力が弱いため感染症にかかりやすくなります。


関連サイト



関連用語



関連商品