※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


神経管閉鎖障害(しんけいかんへいさしょうがい)

  • 赤ちゃんの中枢神経のもとである神経管の上手く作られない症状です。
  • 先進諸国で一番発生頻度が高いのは日本といわれています。
  • 神経管の下部に問題があった場合は歩けなくなったり、膀胱や直腸が機能しなくなることがあります。
  • 神経管の上部に問題があった場合は無脳症と呼ばれる脳の形成不全がおきます。無脳症流産早産の可能性が高いといわれています。
  • 葉酸の摂取で70%ちかくのリスク低減ができるとされています。


関連サイト



関連用語



関連商品