※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


妊娠中の薬について

  • 市販薬も病院で処方された薬も赤ちゃんに影響する薬の種類はごくわずかです。風邪薬・頭痛薬・胃腸薬などは適量を短期間であれば特に問題ないとされています。
  • しかし赤ちゃんの体に影響を及ぼす薬を飲むと赤ちゃんの体に形態異常が起こる可能性があります。
  • 特に注意すべき期間は妊娠2ヶ月から3ヶ月の間です。この期間は赤ちゃんの大事な器官が形成されます。
  • 妊娠1ヶ月目の方でも妊娠以外で診察を受ける際に妊娠していることを医師にきちんと伝えましょう。


関連サイト



関連用語