|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

実際に発信してみる

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

実際に発信してみる

さて、音量の調節が確認できたら、実際に発信してみましょう。

が、その前に。
一応発信テストとかできます。
画面左側の「Echo/Sound Test Service」をクリックすると、
画面右側に受話器の絵+「発信」と書かれた 緑色 のボタンが出現するので、
ポチッと押して発信してください。
しばらくするとガイド音声が流れるのでその通りに行動すべし。

ガイド音声は適当に終了しますが、
テストを途中で終了したい場合は、受話器の絵が描かれた 赤い ボタンを押してください。
瞬時に通話を終了できます。 普通の会話も、同様の手順で発信、通話終了を行えます。

さて、テストが終わったところで実際に誰かに発信してみましょう。
まず、実際に発信してみる人の「 Skype名 」を登録します。
画面上部の「 コンタクト 」タブの中にある「 新しいコンタクト 」をクリックし、
発信する人のSkype名を入力し、「 検索 」ボタンを押します。
検索結果が下のリストに表示されたところで、追加したい人を選択して、
画面右下の「 Skypeコンタクトを追加 」ボタンを押します。
何か適当にメッセージを入力して、右下の「 OK 」ボタンを押せば
コンタクトの追加が完了します。

ただし、この時点では発信して通話することは 出来ません
相手の許可が必要なわけですな。
相手からの許可が得られていない場合、 灰色に?マーク が描かれている絵が、
許可が得られた場合は 緑色にチェックマーク が描かれている絵が表示されます。

yamada_want_to_chat_with_zola2.png
許可が得られていないとこの状態のまんま。
ちなみに山田さんは結局ゾーラ2さんから許可を得られることが出来なかったそうです。

許可を得られたら、実際に発信してみて通話してみましょう。
初めての通話はドキドキものです。
(⊙∀⊙)素敵な出会いとかあるかもよ☆ ねーよ(゚д゚

相手の声を聞き取れて、なお且つ相手も自分の声を聞き取れたら
無事に通話を行えている証拠。 おめでとうございます!

というわけで、これでスカイプに関する解説は一通り終わりです。
ねとらじでスカイプの通話の模様を配信してみたい、という人は
スカイプ+ねとらじのページをご覧ください。