Skip to: Site menu | Main content

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

純粋神経連合

ネビル・クラバイン (Nevil Clavain)
特使の一人として、交渉のため火星に降りた連合の一員。かつて連接脳派の捕虜となり、ガリアナとは面識がある。ウォレンの裏切りによって頭部に損傷を負い、その治療のため脳にインプラントを埋め込まれた。その後の逃避行で、連接脳派に寝返ることを決意する。
ウォレン (Warren Clavain)
クラバインの兄。片眼をタルシス-バルジの戦いで失い、それ以降連接脳派を憎悪するようになった。連接脳派との開戦の口実を作るため、地虫のことを警告せず特使を襲うに任せる。辛くもクラバインは生き延びたが、映像を偽造し、連接脳派が特使を殺したとの誤情報を流し開戦に持ち込んだ。

無政府民主主義者

サンドラ・ボイ (Sandra Voi)
クラバインと共に火星に降り立った特使の女性。ウォレンの計画通り、地虫に襲われ死す。かつて長城やエウロパの都市の建設にも携わっていた。

連接脳派

ガリアナ (Galiana)
連接脳派の指導者格。
フェリカ (Felka)
長城の維持を行う少女。
胎児期から機械をインプラントする実験の最期の被験者で、例に漏れずサバン症候群様の症状を呈している。相貌失認であり、人を認識する能力を欠いている。しかし長城の維持に類い希な能力を発揮し、それにのめり込んでいた。長城からの脱出の際、
ルモントワール (Remontoire)
フォボス問題の専門家。黒い巻き毛の男。