Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マリウス・バーゴビク (Marius Vargovic)
ギルガメッシュ・イシス政府の情報員。
チョロクから物体を持ち帰るために派遣され、エウロパへは、手術のためにやってきた金持ちを装う。チョロクから物質を渡された後に彼女を殺し、逃走に入る。しかしチョロクのリークにより退路を断たれ、そこをデニズンに助けられる。しかしチョロクは、バーゴビクをデニズンに届けるレトロ・ウィルスの配達人として利用しており、その回収のためバーゴビクはデニズンに咬み引き裂かれる。
ミシェンカ (Mishenka)
バーゴビクと共にエウロパに派遣された情報員。フリッター船の操縦を行う。
チョロク (Cholok)
冬眠スパイ。バイオテクノロジーの専門家。かつてはフォボスで人体水棲化プロジェクトでチームを率いていたが、エウロパ・カドムス-アリステリウス市へ移籍した。重要な物体を手に入れたとの情報を寄こしたため、その回収にバーゴビクが派遣される。バーゴビクの施術後、ハイパーダイヤモンドの欠片を彼に渡し、殺される。デニズンの人体改造も行っていた。
モーンシプル (Maunciple)
脱出に失敗し、死亡した情報員。マリウス以前にレトロウィルスを届ける筈であった。