Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メインキャラクター

タナー・ミラベル (Tanner Mirabel)
元兵士で、要人警護の専門家。
南部ヌエバイキケの最下級の貴族の出で、南部軍に入隊した。射撃の才があり、スナイパーとなった。
警護対象の を殺したレイビッチへの復讐のためブリッジに乗り込むが、ブリッジの事故により
ホスピス・アイドルワイルドで記憶喪失で目覚める。その後、記憶を徐々に取り戻すが、オスマン教の洗脳ウィルスを発症する。
その後、眼球の異常や記憶の錯綜に端を発する疑念から、自身がミラベルではなく、カウェアであることを知る。
スカイラー・“スカイ”・オスマン (Schuyler “Sky” Haussmann)
サンティアゴ号保安責任者の息子。後に頭角を現し、保安責任者から船長にまでのし上がる。
タイタス・オスマンの末期の言葉により、自身がモミオの一人であり、不死化されていることを知る。その後、陰謀の数々によりサンティアゴ号船長となる。
影武者が処刑された後、支援者の助けにより冷凍冬眠につく。その際、カウレチョ号の伝説にある、船に付き添うイルカの名に変えようと決心する。

スカイズエッジ星

ミゲル・“スネーク”・ディータリング (Miguel “Snake” Dieterling)
狩猟を趣味とするミラベルの相棒。手配されていたため、ブリッジに乗られずミラベルの帰りを待っていた。しかし車内で射殺されていたところをバスケスの部下に発見される。
“ レッドハンド”・バスケス (“Red Hand” Vasquez)
オスマン教の洗脳ウィルスに感染し、聖痕を現し手から流血するためにレッドハンドの名を付けられた。
アルゼント・レイビッチ (Argent Reivich)
カウェアが売買した兵器により一族が皆殺しにされた貴族の一人。奪った重粒子兵器を使いレプタイル・ハウスに襲撃をかけた。その後、イエローストーン星へ逃亡する。
イエローストーン星では軌道上の、   スキャンに失敗するがそれを隠し、タナーに殺される。
カウェア (Cahuella)
ミラベルの警護対象。兵器の売買を行い、多くの敵を抱えていた。
ジッタ (Gitta)
カウェアの妻。
ロドリゲス (Rodriguez)
ミラベルの部下の一人。レイビッチによって記憶抽出された上で殺され、成り代わりが刺客として送られた。
ルトリエ/オルソノ/シュミット (Letelier/Orsono/Schmidt)
カウェアの屋敷警護に当たっていたミラベルの部下。
ビクーナ (Vicuna)
神経制御のエキスパートで、爬虫類館の獣医。狩ったハマドライアドへのインプラント埋入の為に同行するが、レイビッチが放った刺客により死す。

サンティアゴ号

コンスタンサ (Constanza)
スカイの幼なじみの聡明な少女。スカイの狂気とその陰謀に気付き、殺される。到着後、スカイの悪行の数々を告発する映像を起動させるが、英雄を求める民衆の前に失敗に終わる。
スリーク (Sleek)
船内で飼われているイルカ。狭い水槽内でしか動けないために精神異常を煩っている。太陽系でキメラによって改造されたイルカの子孫。
クラウン (clown)
スカイの保育園の教育プログラム。スカイのコンスタンサに次ぐ友。イスラマバード号の事故により停止された。その後、スカイの脳内にたびたび現れ、助言を行う。
タイタス・オスマン (Titus Haussmann)
スカイの父親。サンティアゴ号の保安責任者。“カウディヨ(強い男)”と呼ばれ尊敬されていた。
船内で目覚めた工作員により負傷し、床に伏せることとなる。そしてスカイに対し、スカイが実の子でないこと、死産のこと取り替えたモミオの赤ん坊であることを告白する。その直後、工作員により殺されたとされるが、これはスカイが仕組んだことであった。
ルクリーシア・オスマン (Lucretia Haussmann)
スカイの母。イスラマバード号の爆発時に船外活動を行っていたために死す。その遺影は未だサンティアゴ号船壁に焼き付けられている。
バルカサル (Balcazar)
船長。長年の責務により痴呆が進行する。スカイにより誤作動を起こした生命維持装置によって心不全を起こし、殺された。
ゴメス/ノルキンコ (Gomez/Norquinco)
スカイの友。後に共犯者として歴史に名を留める。
バルディビア/レンゴ (Valdivia/Rengo)
船内医務員。スカイの陰謀により、バルカサルの死に関する刑で船外投棄された。
ラミレス (Ramirez)
行政評議会議長。バルカサルの死亡後に船長となるが、スカイにより失脚させられる。
キメラ (chimera)
船内で目覚め、タイタスを殺した工作員。その身体はキメラ化してある。スカイにより船内で生かされ続け、脳への直接苦痛と快楽を与えられることにより、スカイを神と見なすよう洗脳される。表情筋の追加により貌を変え、スカイの身代わりとなり処刑される。
オムドゥルマン (Omdurman)
バグダッド号船長。
アルメスト (Armesto)
ブラジリアン号船長。
サムディオ (Zamudio)
パレスチナ号船長。
ラーゴ (Lago)
カウレチョ号にやってきていたブラジリア号の船員。
勇敢な旅人 (Travelling Fearlessly)
移民船団を調査しに来たウジ虫族の一人。他の仲間はイスラマバード号の爆発により失われた。“'空虚な巣穴'”を船団に偽装し追跡していた。その後、物資収集に来ていたスカイに殺される。

ホスピス・アイドルワイルド

シスター・アミーリア (Sister Amelia)
修道女。アレクセイに付きまとわれていたため、ミラベルに護身術を習う。
シスター・ドゥーシャ (Sister Duscha)
無愛想な神経科医。
ブラザー・アレクセイ (Brother Alexei)
修道士。アミーリアにちょっかいをかけていた。

カズムシティ

バディム (Vadim)
ドリームフュエル売買人。実はレイビッチに雇われキーレンバッハと組み、追跡者を捜していた。
キーレンバッハ (Quirrenbach)
音楽家。作曲のためにイエローストーン星にやってきた。レイビッチに雇われた追跡者の一人。後に捕らえられ、ミラベルをギデオンまで案内する。
マダム・ドミニカ (Madame Dominika)
インプラントの除去を行う脳神経科医。本物のタナー・ミラベルに殺される。
トム (Tom)
ストリートチルドレン。ドミニカの客引きをやっていたため、彼女の殺害者を目撃する。
ファン (Juan)
ストリートチルドレン。輪タクの運転手。
ローラント (Lorant)
ハイパー豚。ミラベルがケーブルカーにより突っ込んだ厨房で雇われていた。ミラベルに頼まれ、トムを匿う。
ラトコ (Ratko)
ドリームフュエル製造組織の末端。
マルコ・フェリス (""Marco Ferris"')
イエローストーン星開拓時代の人間。カズムの発見者として知られる。
天上界
ボロノフ (Voronoff)
最初期の不死人の一人。危険なゲームに興じている。後にミラベルの興した“影遊び”に参加する。
ウェイバリー (Waverly)
ミラベルを追うゲーム参加者の一人。サボタージュ組織の一員でもあったが、ミラベルの反撃により死す。
シビリーン/フィスケッティ/スカメルソン (Sybilline/Fischetti/Skamelson)
ゲーム参加者の一人。
タリン (Taryn)
サボタージュ組織の一人で、ゼブラ (Zebra) とも呼ばれている。ゲームの追跡からミラベルを匿った。実はレイビッチの手下の一人であったが、後に裏切りミラベルと行動を共にする。
マブラ (Mavra)
タリンの姉。ドリームフュエルについて嗅ぎ回っていたために殺された。
ギデオン (Gideon)
ドリームフュエル市内流通の総元締め、とされていた。実際には、ドリームフュエルを分泌する異星人であった。
シャトレル・サルマティーニ (Chanterelle Sammartini)
ミラベルが襲撃したゲーム参加者四人の内の一人。ミラベルに捕らえられ、脅迫されて天上界を案内した。その折りミラベルに興味を持ち、後に協力する。
プランスキー (Pransky)
ゼブラの雇った専門家。

オルビエト号

オルカーニャ (Orcagna)
船長。
ペレグリーノ (Pellegrino)
船員。