※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本 配列


1.宣言と確保
型名 配列変数名[];
配列変数名 = new 型名[要素数];
int i[];
i = new int[10];

型名 配列変数名[] = new 型名[要素数];
int i[] = new int[10];

型名 配列変数名[] = {値1,値2・・・};
int i[] = {10,20,30};

int[] i;
i = new int[10];


2.添え字
0始まり。最大数=要素数-1。
i[9] = 9;


3.配列の代入=>別名参照
int i[] = {10,20,30};
int j[];
j = i;
配列jの内容は配列iと同じ。
jに実態がある場合はどうなる?


4.配列の長さ=>配列の要素数
配列変数名.length


5.多次元配列
単配列と同じ。[]が増えるだけ。
int i[][] = {{10,20,30},{11,21,31},{12,42}};
各配列要素の長さは i[添え字].length


6.オブジェクト配列
オブジェクト配列の場合、個々の配列要素のオブジェクト定義が必要。
Ob obs[];
obs = new Ob[10];
for(int i=0;i<obs.length;i++){
 obs[i] = new Ob();
}